ジョージ・ガービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・ガービン
George Gervin
George Gervin ABA.jpeg
1970年代のガービン
基本情報
愛称 Iceman
生年月日 (1952-04-27) 1952年4月27日(70歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州デトロイト
身長 201cm (6 ft 7 in)
体重 81kg (179 lb)
キャリア情報
高校 マーティン・ルーサー・キング高等学校英語版
大学 東ミシガン大学
NBAドラフト 1974年 (英語版) / 3巡目 / 全体40位[1]
プロ選手期間 1972年–1990年
ポジション SG / SF
背番号歴 44, 8
永久欠番 スパーズ  44 
指導者期間 1992年–1994年
経歴
選手時代:
1972–1973ポンティアック・シャパラル英語版
1973–1974バージニア・スクワイアーズ
1974–1985サンアントニオ・スパーズ
1985–1986シカゴ・ブルズ
1986–1987バンコ・ディ・ローマ
1989クワッドシティ・サンダー英語版
1989–1990TDKマンレサ
コーチ時代:
19921994サンアントニオ・スパーズ (AC)
受賞歴

  • ABAオールスター (1974-1976)
  • 2× オールABAファーストチーム (1975, 1976)
  • ABAオールルーキー・ファーストチーム (1973)
  • ABAオールタイムチーム (1997)

NBA・ABA通算成績
得点数 26,595 (25.1 ppg)
リバウンド数 5,602 (5.3 rpg)
アシスト数 2,798 (2.6 apg)
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
バスケットボール殿堂入り選手 (詳細)
カレッジバスケットボール殿堂入り (2006年)

ジョージ・ガービン (George Gervin, 1952年4月27日 - ) は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身の元プロバスケットボール選手である。ABANBAで活躍した往年の名選手である[1]フィンガーロールを武器に1970年代後半から1980年代前半のサンアントニオ・スパーズの黄金期を支え、スパーズの5回のディヴィジョン優勝の原動力となった。1996年バスケットボール殿堂入りした。愛称は「アイスマン」。

経歴[編集]

カレッジ時代[編集]

ガービンは地元のマーティン・ルーサー・キング高校を1969年に卒業すると、ロングビーチ州大学に2年、東ミシガン大学に2年在籍した。高校時代はアメリカ高校代表メンバーにも選ばれた彼は、大学でも1972年にアメリカ学生代表に選ばれる。イースタンミシガン大学在籍の2年間で12,044ポイント、ゲーム平均26.8ポイント、14.4リバウンドをマークし、彼の背番号24番は1986年1月22日に永久欠番になる。

ABA時代[編集]

大学卒業後の1972年ABAバージニア・スクワイアーズに入団する。スクワイアーズではあまり出場時間はなかったが、ABAルーキーオールチームに選出される。その後、1974年に当時ABAに所属していたサンアントニオ・スパーズに移籍した。

スパーズ移籍後はチームの中心選手となり、ゲーム平均20ポイント以上を獲得し2年連続でオールスター出場、オールセカンドチーム選出された。ABAは1976年に解体されるが、スパーズはそのままNBAに編入され、以後ガービンはNBA所属の選手となる。

NBA時代[編集]

ABA解散時に解体することなくそのままNBAへ編入したスパーズであったが、ガービンを中心に最初の黄金期を築きつつあった。スパーズは5回に渡って地区優勝しプレーオフの常連となり、強豪と呼ばれるチームになった。ガービン自身も4回得点王に輝き、1980年NBAオールスターゲームのMVPを獲得するなどチームの「顔」となっていった。NBA史上で4回以上得点王を受賞したのはウィルト・チェンバレンマイケル・ジョーダンアレン・アイバーソン、ガービンの4人だけである。

ガービンは引退前の1年をシカゴ・ブルズで過ごしたが、10年以上にわたってスパーズを牽引した。

スパーズ時代の1978年4月9日に行われたニューオーリンズ・ジャズ(現在のユタ・ジャズ)戦の第2クオーターで叩き出した1クオーター間のみで33得点という驚異的な当時のNBA記録は、2015年に37得点を記録したクレイ・トンプソンに更新されるまで37年もの間破られる事が無かった。更にこの大記録は奇しくも記録した翌年の1979年に改定される事になるスリーポイントライン制度の導入前であった事から、どこから得点してもツーポイントしか加算されない当時のNBAルール下で生み出された記録であり、9本のスリーポイントを含んだトンプソンの新記録が誕生した際には、トンプソンへの賛辞の言葉と共に「私の記録が破られたとは感じないよ。彼は"新しいNBA"に"新しい記録"を作ったんだ」とコメントしている。(2008年にカーメロ・アンソニーがタイ記録となる1クオーター間33得点を記録しているが、こちらもスリーポイント制度導入後であり、ガービンが記録した30年後の話である。)

キャリア平均26.2ポイントというNBA歴代8位の記録を残して1986年にガービンは引退したが、その後はヨーロッパに渡りイタリアスペインでプレーをした。

1996年にNBA史上最も偉大な50選手に選出され、同年に殿堂入りした。

人物[編集]

2004年のジョージ・ガービン

ガービンはコート上では動揺を顔に出さず、表情を変えない選手だった。闘志を内面に秘めて黙々とプレーをするため、「アイスマン」のあだ名で呼ばれ、相手チームに恐れられた。逆にチームからは頼りにされチームの精神的支柱ともなり、また、スパーズを代表する選手として多くのスパーズファンに愛された。強いスパーズを象徴する選手として"提督"デビッド・ロビンソンとともに今でもファンに愛されている。ガービンもサンアントニオを愛し、引退後はサンアントニオに居を構え、「ジョージ・ガービン・ユースセンター (George Gervin Youth Center) 」を設立して若者を数多の危険や誘惑から救おうという活動を続けるなど、コミュニティに貢献している。

弟のデリック・ガービン英語版もNBA選手で1989年から1991年までニュージャージー・ネッツで72試合に出場した[1]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ
  リーグリーダー

レギュラーシーズン[編集]

シーズン リーグ チーム GP GS MIN FG% 3P% FT% OFF DEF REB AST STL BLK TOV PF PPG
1972–73 ABA VIR 30 ... 23.0 .472 .231 .814 1.1 3.1 4.3 1.1 ... ... 1.8 2.4 14.1
1973–74 ABA VIR 49 ... 35.3 .472 .160 .799 2.2 6.3 8.5 2.0 1.5 1.8 3.8 3.4 25.4
1973–74 ABA SAS 25 ... 31.3 .468 .000 .853 2.5 5.8 8.2 1.8 1.0 1.4 2.6 3.9 19.4
1974–75 ABA SAS 84* ... 37.1 .474 .309 .830 2.9 5.4 8.3 2.5 1.6 1.6 3.0 3.5 23.4
1975–76 ABA SAS 81 ... 33.9 .499 .255 .857 2.2 4.5 6.7 2.5 1.4 1.5 2.7 3.6 21.8
1976–77 NBA SAS 82 ... 33.0 .544 ... .833 1.6 3.9 5.5 2.9 1.3 1.3 ... 3.5 23.1
1977–78 NBA SAS 82 ... 34.8 .536 ... .830 1.4 3.7 5.1 3.7 1.7 1.3 3.7 3.1 27.2*
1978–79 NBA SAS 80 ... 36.1 .541 ... .826 1.8 3.2 5.0 2.7 1.7 1.1 3.6 3.4 29.6*
1979–80 NBA SAS 78 ... 37.6 .528 .314 .852 2.0 3.2 5.2 2.6 1.4 1.0 3.3 2.7 33.1*
1980–81 NBA SAS 82 ... 33.7 .492 .257 .826 1.5 3.6 5.1 3.2 1.1 0.7 3.1 2.6 27.1
1981–82 NBA SAS 79 79 35.7 .500 .278 .864 1.7 3.2 5.0 2.4 1.0 0.6 2.7 2.7 32.3*
1982–83 NBA SAS 78 78 36.3 .487 .364 .853 1.4 3.2 4.6 3.4 1.1 0.9 3.2 3.1 26.2
1983–84 NBA SAS 76 76 34.0 .490 .417 .842 1.4 2.7 4.1 2.9 1.0 0.6 2.9 2.9 25.9
1984–85 NBA SAS 72 69 29.0 .508 .000 .844 1.1 2.2 3.3 2.5 0.9 0.7 2.8 2.9 21.2
1985–86 NBA CHI 82 75 25.2 .472 .211 .879 1.0 1.7 2.6 1.8 0.6 0.3 2.0 2.6 16.2
NBA通算 791 377 33.5 .511 .297 .844 1.5 3.1 4.6 2.8 1.2 0.8 3.0 2.9 26.2
ABA通算 269 ... 33.7 .480 .234 .831 2.3 5.1 7.4 2.2 1.4 1.6 2.9 3.4 21.9
合計 1,060 377 33.6 .504 .271 .841 1.7 3.6 5.3 2.6 1.2 1.0 3.0 3.1 25.1

プレーオフ[編集]

年度 リーグ チーム GP GS MIN FG% 3P% FT% OFF DEF REB AST STL BLK TOV PF PTS
1973 ABA VIR 5 ... 40.0 .442 .200 .706 3.2 4.4 7.6 1.6 ... ... 3.6 3.0 18.6
1974 ABA SAS 7 ... 32.3 .496 1.000 .935 3.0 4.4 7.4 2.7 0.7 1.1 2.3 4.0 20.6
1975 ABA SAS 6 ... 46.0 .462 .250 .827 5.7 8.3 14.0 1.3 1.0 1.3 2.3 3.7 34.0
1976 ABA SAS 7 ... 41.1 .499 .000 .812 3.3 5.9 9.1 2.7 0.6 2.0 2.4 3.1 27.1
1977 NBA SAS 2 ... 31.0 .432 ... .800 2.5 3.0 5.5 1.5 0.5 1.0 ... 4.5 25.0
1978 NBA SAS 6 ... 37.8 .549 ... .768 1.8 3.8 5.7 3.2 1.0 2.7 3.2 3.8 33.2
1979 NBA SAS 14 ... 36.6 .536 ... .808 2.4 3.5 5.9 2.5 1.9 1.0 2.9 3.6 28.6
1980 NBA SAS 3 ... 40.7 .500 .000 .867 3.0 3.7 6.7 4.0 1.7 1.0 3.0 2.7 33.3
1981 NBA SAS 7 ... 39.1 .500 .000 .800 1.3 3.7 5.0 3.4 0.7 0.7 2.9 2.7 27.1
1982 NBA SAS 9 ... 41.4 .452 .000 .831 2.1 5.2 7.3 4.6 1.1 0.4 3.4 4.0 29.4
1983 NBA SAS 11 ... 39.7 .487 .000 .884 1.9 4.8 6.7 3.4 1.1 0.4 4.2 3.5 25.2
1985 NBA SAS 5 5 36.6 .532 .000 .794 0.6 3.0 3.6 2.8 0.6 0.6 4.0 3.8 22.2
1986 NBA CHI 2 0 5.5 .000 ... ... 0.0 0.5 0.5 0.5 0.0 0.0 1.0 1.5 0.0
通算 84 5 38.0 .501 .147 .820 2.4 4.5 6.9 2.9 1.1 1.0 3.1 3.5 26.5

参照:[2]

成績および受賞歴[編集]

通算成績[編集]

得点、リバウンド、アシストの成績は下記の通りである。[3]

レギュラーシーズン (14シーズン) プレーオフ (13シーズン)
1,060試合総計 ゲーム平均 40分平均 84試合総計 ゲーム平均
ポイント数 26,595 25.1 29.9 2,218 26.4
リバウンド数 5,602 5.3 6.3 579 6.9
アシスト数 2,798 2.6 3.1 240 2.9
ブロック数 1,047 1.0 1.2 81 1.0
スティール数 1,283 1.2 1.5 84 1.1

主な受賞トピックス[編集]

  1. オールスターゲーム出場:12回 (1974 - 1985)
  2. NBAオールスターMVP:1回 (1980)
  3. ABAオールルーキー1stチーム:1973
  4. ABAオール2ndチーム:2回 (1975, 1976)
  5. NBAオール1stチーム:5回 (1978 - 1982)
  6. NBAオール2ndチーム:2回 (1977, 1983))
  7. NBA得点王:4回 (1978, 1979, 1980, 1982)
  8. NBAベスト50選手:1996

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars”. bleacherreport.com (2010年9月7日). 2012年3月25日閲覧。
  2. ^ George Gervin”. Basketball-Reference. 2020年2月25日閲覧。
  3. ^ Basketball-reference.com George Gervin Statistics より引用。March 2, 2007

関連項目[編集]

外部リンク[編集]