アンソニー・メイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・メイソン
Anthony Mason
名前
本名 Anthony George Douglas Mason
ラテン文字 Anthony Mason
基本情報
誕生日 1966年12月14日
没年月日 2015年2月28日(満48歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
身長 201cm  (6 ft 7 in)
体重 113kg (249 lb)
選手情報
ポジション SFPF
背番号 42,34,14,17
ドラフト 1988年 53位
選手経歴
1988-1989
1988-1989
1989-1990
1990
1990-1991
1991
1991-1996
1996-2000
2000-2001
2001-2003
マリノス・デ・オリエンテ
エフェス・ピルゼン S.K.
ニュージャージー・ネッツ
デンバー・ナゲッツ
テュルサ・ファストブレークス
ロングアイランド・サーフ
ニューヨーク・ニックス
シャーロット・ホーネッツ
マイアミ・ヒート
ミルウォーキー・バックス

アンソニー・メイソン(Anthony George Douglas Mason、1966年12月14日 -2015年2月28日)はフロリダ州マイアミ出身の元バスケットボール選手。NBAニュージャージー・ネッツデンバー・ナゲッツニューヨーク・ニックスシャーロット・ホーネッツマイアミ・ヒートミルウォーキー・バックスに所属し、2003年に引退した。

身長は201cmと決して高くはなかったが、プロレスラーの様な屈強な体格を武器に、主にパワーフォワードとしてプレイし、リーグでも有数のタフなディフェンダーとして恐れられた。またその風貌からは想像し難い程の有能なパサーでもあり、ボールハンドリングも巧みなポイントフォーワードとしても活躍した。坊主頭にロゴや模様などの当時としては奇抜な剃り込みがトレードマークであった。

2015年2月28日、重度の心臓発作からの心不全により急逝した[1]

来歴[編集]

テネシー州立大学から1988年のNBAドラフトにエントリーし、ポートランド・トレイルブレイザーズに3巡目53位で指名を受けていたが、入団を前に解雇された。その後トルコベネズエラ、さらにCBAUSBLのクラブチームを転々しながらNBA入を目指していた。1989年、どうにかニュージャージー・ネッツと契約したものの出場時間は短く、翌年移籍したデンバー・ナゲッツではわずか3試合の出場しか与えられなかった。その後1991年オフにニューヨーク・ニックスと契約した。

新天地ニックスでメイソンは頭角を現わし始めた。当時の指揮官であったパット・ライリーに見出されたメイソンは、パトリック・ユーイングチャールズ・オークリーチャールズ・スミスといった面々と共に強固なフロントコートを形成する。プレーオフでは黄金期のシカゴ・ブルズと激闘を繰り広げ、彼らはバッドボーイズⅡと呼ばれるまでになった。そして1994年、ニックスにとっては1973年以来となるNBAファイナル進出を果たしたが、第7戦までもつれた末にアキーム・オラジュワン率いるヒューストン・ロケッツに敗れ優勝には届かなかった。多くの出場機会を得た彼は、1995年にNBAシックスマン賞を受賞している。

1996年ラリー・ジョンソンとのトレードでシャーロット・ホーネッツへと移籍。1年目の96-97シーズンは、平均16.2得点、11.4リバウンド、さらには5.7アシストと軒並みキャリアハイの成績で、また4度のトリプルダブルも記録している。98-99シーズンには上腕筋の断裂により調子を落としてしまっている。

2000年、9人が絡む大型トレードによりマイアミ・ヒートへと移籍し、再びパット・ライリーの指揮下に入ることとなった。当初はロールプレーヤーとして起用が見込まれていたが、大黒柱であるアロンゾ・モーニングが腎臓の疾患により離脱すると、メイソンはチームの中心メンバーとして活躍するようになり、16.1得点、9.6リバウンドの好成績で、故障者の多かったヒートが50勝を上げプレイオフに進出する原動力となった。またこの年、モーニングやオーランド・マジック所属のグラント・ヒルが故障欠場する中、2001年NBAオールスターゲームに初選出されている。

2001-2002シーズンにミルウォーキー・バックスとFA契約。しかしバックスでは思うような働きができずチームケミストリーの崩壊を誘発してしまう事となった。ESPNによれば開幕前のトレーニングキャンプに30ポンド(約17kg)オーバーの体重で現れたり、コート内外でチームメイトを批判するなどしたためメディアから批判を受け、ヘッドコーチのジョージ・カールを悩ませた。結局、勝率を落とす原因となったメイソンは2シーズンでチームを追われる形となり、そのまま現役を引退する運びとなった。

受賞歴[編集]

  • 1995年 シックスマン賞受賞
  • 1997年 オールNBA3rdチーム選出
  • 1997年 オールNBAディフェンシブ2ndチーム選出
  • 2001年 オールスターゲーム出場

その他[編集]

  • New York Undercover”(ニューヨーク・アンダーカバー・コップ)という刑事モノのTVドラマに2度出演。また1996年公開のコメディ映画”Eddie”、ウディ・アレン監督のセレブリティにも出演している。
  • ニューヨーク・ニックスのファンであったビースティ・ボーイズは、”B-Boys Makin' With The Freak Freak”という曲で"I Got My Hair Cut Correct Like Anthony Mason"と歌っている。
  • 左利きであるが、右手での豪快なダンク等も多く器用な選手であった反面、フリースローは苦手としていた。シュートフォームも試行錯誤していた様で、片手で放っていた時期もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Former NBA standout Anthony Mason dies at 48”. yahoo.com (2015年2月28日). 2015年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]