クレイ・トンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレイ・トンプソン
Klay Thompson
ゴールデンステート・ウォリアーズ  No.11
Klay Thompson in 2015.jpg
名前
本名 Klay Alexander Thompson
ラテン文字 Klay Thompson
基本情報
誕生日 1990年2月8日(25歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
出身 ワシントン州立大学
身長 201cm  (6 ft 7 in)
体重 93kg (205 lb)
ウィングスパン 208cm  (6 ft 10 in)
選手情報
ポジション SG
背番号 11
シューズ ナイキ
ドラフト 2011年 11位
選手経歴
2011- ゴールデンステート・ウォリアーズ
受賞歴
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 2014-

クレイ・トンプソンKlay Alexander Thompson 1990年2月8日- )は、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のバスケットボール選手である。NBAゴールデンステート・ウォーリアーズに所属している。

経歴[編集]

ワシントン州立大学に入学し、1年次には全33試合に先発出場し、パシフィック・テン・カンファレンスのオールフレッシュマンチームに選ばれた。

2年次にチームは、アラスカ州アンカレッジで行われたグレートアラスカシュートアウトで43点をあげて最優秀選手に選ばれた。この年彼はカンファレンス2位の平均19.6得点をあげて、カンファレンスファーストチームに選ばれた[1]

3年次にも平均21.6得点をあげてカンファレンスファーストチームに選ばれた。またPAC10トーナメントでは、8本の3ポイントシュートを含む43得点をあげた。この年あげた733得点は大学記録となっている[2]

2011年ゴールデンステート・ウォリアーズに1巡11位で指名された[3]12-13シーズンライジングスターズ・チャレンジに選出された。

2014-15シーズン開幕直後に、4年7000万ドルの延長契約を結んだ。2015年1月23日のサクラメント・キングス戦では、第3クォーターに37点を記録し、一選手が1つのクォーターに記録したNBA最多得点を樹立するなど、スコアラーとして大きく成長し、個人成績としては平均21.7得点2.9アシスト3.2リバウンド3P成功率43.9%を記録した。このシーズンは、同僚のステフィン・カリーと共にチームを牽引し、14-15NBA最高勝率となる67勝15敗へとチームを導くと共に、自身初となるオールNBAチーム3rdチームに選出された。その勢いはプレーオフに入っても止まることを知らず、随所に効果的なビッグショットを決めまくり、ウォリアーズの1975年以来のNBAチャンピオンに大きく貢献した。

プレイスタイル[編集]

チームメイトのステフィン・カリーと共に「スプラッシュ・ブラザーズ」として名を馳せているNBA屈指のピュアシューターである。
また、上述のキングス戦のように、一度波に乗ると次々と3ポイントを成功させる爆発力を秘めている選手である。
近年ではオフェンスにバリエーションを見せ、エースのカリーを抑えてチームのスコアリーダーとなることも多く、スコアラーとしての才能も開花させ始めている。 また、オフェンス面だけでなく、ディフェンス面でも評価が高い。

人物[編集]

父親は、1978年のNBAドラフト全体1位指名を受けたマイカル・トンプソンである[1]。兄のマイケル・トンプソンもNBAでプレーしている。弟のトレイスは、2009年のMLBドラフトシカゴ・ホワイトソックスに指名され、2015年シーズンにメジャーデビューした。

タイトル・受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Profile”. WASHINGTON STATE COUGARS. 2013年3月3日閲覧。
  2. ^ Klay Thompson staying in draft”. ESPN (2011年5月9日). 2013年3月3日閲覧。
  3. ^ Rusty Simmons (2011年6月24日). “Warriors pick a 2-guard: Klay Thompson”. サンフランシスコ・クロニクル. 2013年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]