ザザ・パチュリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザザ・パチュリア
Zaur Pachulia
Zaza Pachulia driving to basket (cropped).jpg
デトロイト・ピストンズ
ポジション C/PF
身長 211cm (6 ft 11 in)
体重 125kg (276 lb)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 ザウル・パチュリア
愛称 "バルボア(Balboa)","ザザ(Zaza)"
ラテン文字 Zaur Pachulia
ジョージア語 ზაზა ფაჩულია
誕生日 (1984-02-10) 1984年2月10日(34歳)
ジョージア (国)の旗 ジョージア
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 グルジア
トビリシ
出身 トルコの旗 スリムパス・カレッジ
ドラフト 2003年 42位 
選手経歴
2000-2003
2003-2004
2004-2005
2005-2013
2013-2015
2015-2016
2016-2018
2018-
アルペッラBK アルペッラBK
オーランド・マジック オーランド・マジック
ミルウォーキー・バックス ミルウォーキー・バックス
アトランタ・ホークス アトランタ・ホークス
ミルウォーキー・バックス ミルウォーキー・バックス
ダラス・マーベリックス
ゴールデンステート・ウォリアーズ
デトロイト・ピストンズ
受賞歴
代表歴
キャップ ジョージア (国)の旗 ジョージア 2002年

ザザ・パチューリア英語: Zaza Pachulia,グルジア語: ზაზა ფაჩულია)ことザウル・パチュリアZaur Pachulia1984年2月10日 - )はソビエト連邦グルジア共和国(現国名:ジョージア) トビリシ出身のプロバスケットボール選手NBAデトロイト・ピストンズに所属している。ポジションはセンターパワーフォワード。身長211cm、体重125kg。

経歴[編集]

欧州時代[編集]

パチュリアは若い年齢からグルジア (現 : ジョージア) では非常に優れたバスケットボール選手として知られていた。13歳の時、既に204cmという長身だったことからも伺える。トルコのプロチームが偵察に訪れることもあったという。また若くしてジョージア代表としてプレイし、東ヨーロッパ諸国のライバル国を打ち負かすことがしばしばあった。そして、パチュリアは国民の注目を集める存在になったのである。そしてトルコリーグのフェネルバフチェ・ユルケルでプレイした後、NBAの指名を受けることになった。

NBA[編集]

オーランド・マジック

2003年のNBAドラフトで、オーランド・マジックから2巡目(全体42位)指名を受けてNBA入りした。1年目の03-04シーズンは59試合の出場だったが、平均11分間の出場に留まった。シーズンオフになるとシャーロット・ボブキャッツの新加入によるエクスパンション・ドラフトが開催され、マジックはパチュリアをプロテクト(保持)することなく、ボブキャッツはパチュリアを指名した。しかし、そのまま入団することなく、ボブキャッツは指名権と引き換えにパチュリアをミルウォーキー・バックスに放出した。

ミルウォーキー・バックス

2年目となる04-05シーズンは、シーズンを通して出場したが、なかなかヨーロッパでの前評判を決定付けるようなインパクトは残せなかった。しかし、堅実な働きでチームに貢献。オフにFAになると、かねてから有能な若手選手に注目していたアトランタ・ホークスと契約した。

アトランタ・ホークス

パチュリアが才能を開花させ、インサイドの要として、チームにとって欠かせない存在になったのが3年目となる05-06シーズンである。出場した78試合全てで先発出場を果たした。ダブル・ダブルも多く記録。

近年はベンチからの出場が多く。07-08シーズンは、わずか5試合の先発出場に止まり十分なプレイタイムが与えられなかった。自身初のプレーオフでは、ボストン・セルティックスケビン・ガーネット相手に睨み合いをするなどした。

ミルウォーキー・バックス

アトランタ・ホークスに8年間在籍した後、2013年7月17日に、04-05シーズンに在籍したミルウォーキー・バックスに移籍した。

ダラス・マーベリックス

2015年7月9日、将来のドラフト指名権との交換トレードでダラス・マーベリックスに移籍した。

ゴールデンステート・ウォリアーズ

2016年7月4日、初優勝とリングを求め1年290万ドルという破格の金額でゴールデンステート・ウォリアーズと契約した[1]。プレーオフカンファレンスファイナルではサンアントニオ・スパーズ戦の第1戦で、カワイ・レナードと接触した際にレナードの左足首の負傷が悪化するというアクシデントが発生(後述)。レナードは以降試合出場が不可となったことも影響し、ウォリアーズはシリーズをスイープで勝ち抜いた。パチュリアはジョージア(旧国名 : グルジア)出身のNBA選手として初のNBAファイナルに出場することになり、見事にNBAチャンピオンを勝ち取った。

その他[編集]

  • 母親のマリナも70年代に活躍したグルジアの元バスケットボール選手である。
  • 2017年プレーオフでカワイ・レナードを負傷させてしまったことについて、サンアントニオ市民から”プレーオフの価値を下げた”として訴訟を起こされるもこの訴えは裁判所によって即却下された。その後パチュリアの家族に殺害予告がされるなど緊迫した状況にまで発展した。なお付け加えておくと、レナードはパチュリアとの接触プレーの直前にベンチの味方の足を踏んでしまっており、その際足首を痛めたそぶりはしていたが出場を続行した。結果パチュリアのプレーによって怪我はしてしまったが、それ以前にも間接的な原因はあった可能性は否めない。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2003–04 ORL 59 2 11.3 .389 --- .644 2.9 .2 .4 .2 .6 3.3
2004–05 MIL 74 4 18.9 .452 .000 .746 5.1 .8 .6 .5 .9 6.2
2005–06 ATL 78 78 31.4 .451 .000 .735 7.9 1.7 1.1 .5 2.3 11.7
2006–07 72 47 28.1 .474 .000 .786 6.9 1.5 1.1 .5 2.3 12.2
2007–08 62 5 15.2 .437 .000 .706 4.0 .6 .4 .2 1.1 5.2
2008–09 77 26 19.1 .497 .000 .709 5.7 .7 .5 .3 1.2 6.2
2009–10 78 1 14.0 .488 .000 .650 3.8 .5 .5 .4 .7 4.3
2010–11 79 7 15.7 .461 --- .754 4.2 .7 .4 .3 .9 4.4
2011–12 58 44 28.3 .499 --- .741 7.9 1.4 .9 .5 1.4 7.8
2012–13 52 15 21.8 .473 .000 .757 6.5 1.5 .7 .2 1.3 5.9
2013–14 MIL 53 43 25.0 .427 .000 .846 6.3 2.6 .8 .3 1.7 7.7
2014–15 73 45 23.7 .454 .000 .788 6.8 2.4 1.1 .3 1.8 8.3
2015–16 DAL 76 69 26.4 .466 .000 .768 9.4 1.7 .8 .3 1.6 8.6
2016–17 GSW 70 70 18.1 .534 .000 .778 5.9 1.9 .8 .5 1.2 6.1
2017–18 69 57 14.1 .564 .000 .806 4.7 1.6 .6 .2 1.0 5.4
通算:15年 1030 513 20.7 .470 .000 .750 5.9 1.3 .7 .4 1.3 6.9

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2008 ATL 7 0 15.0 .280 .000 .714 2.9 .3 .3 .0 1.3 4.1
2009 11 1 23.6 .415 --- .762 6.9 .3 .5 .3 1.3 6.9
2010 11 0 14.6 .514 --- .625 3.5 .3 .2 .6 .8 4.6
2011 11 0 17.7 .478 --- .773 4.9 1.2 .2 .1 .8 3.5
2015 MIL 6 6 21.5 .400 --- .615 6.7 1.5 1.7 .5 .8 6.7
2016 DAL 5 4 22.4 .375 --- .882 5.4 3.2 .6 .2 .4 6.6
2017 GSW 15 15 14.1 .533 .000 .765 3.8 .8 .5 .3 .9 5.1
2018 7 0 3.7 .571 --- .750 1.7 .1 .4 .1 .4 2.4
出場:8回 73 26 16.4 .446 .000 .738 4.4 .8 .5 .3 .9 5.0

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]