ブランドン・ナイト (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブランドン・ナイト
Brandon Knight
Brandon Knight (46678686345) (cropped).jpg
2019年4月キャバリアーズでのナイト
クリーブランド・キャバリアーズ  No.20
ポジション G
背番号 20
身長 191cm (6 ft 3 in)
体重 86㎏ (18 lb)
ウィングスパン 200cm  (6 ft 7 in)[1]
シューズ アディダス
基本情報
本名 Brandon Emmanuel Knight
ラテン文字 Brandon Knight
誕生日 (1991-12-02) 1991年12月2日(27歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
出身 ケンタッキー大学
ドラフト 2011年 8位 
選手経歴
2011-2013
2013-2015
2015-2018
2018
2019-
デトロイト・ピストンズ
ミルウォーキー・バックス
フェニックス・サンズ
ヒューストン・ロケッツ
クリーブランド・キャバリアーズ
受賞歴

ブランドン・ナイト (Brandon Emmanuel Knight 1991年12月2日-)は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身のプロバスケットボール選手。NBAクリーブランド・キャバリアーズに所属している。ポジションはポイントガード。身長191㎝、体重86㎏。

来歴[編集]

フロリダ州フォート・ローダーデールの高校で中心選手として活躍し、全米代表にも選出。ジョーダン・ブランド・クラシックゲームにも出場した。大学進学にあたり、コネティカット大学カンザス大学シラキュース大学といった有力校がリクルートに来る中、ナイトはケンタッキー大学に進学。主力選手として活躍した。

2011年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明し、全体8位でデトロイト・ピストンズから指名を受け、そこで2年間プレーした。

2013年夏、ブランドン・ジェニングスサイン・アンド・トレードに伴う大型トレードで、ミルウォーキー・バックスに移籍した。

2015年2月19日、マイアミ・ヒートなど複数のチームが絡んだ大型トレードで、フェニックス・サンズに移籍。同年7月1日に5年7000万ドルで再契約[2]。11月16日のロサンゼルス・レイカーズ戦では、自己最高の30得点、10リバウンド、15アシストを記録し、自身初のトリプル・ダブルを達成した[3]

2017年7月、左膝の前十字靭帯を断裂した影響で2017-18シーズンを全休となると報じられた[4][5][6]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

NBA[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2011–12 DET 66 60 32.3 .415 .380 .759 3.2 3.8 .7 .2 12.8
2012–13 DET 75 75 31.5 .407 .367 .733 3.3 4.0 .8 .1 13.3
2013–14 MIL 72 69 33.3 .422 .325 .802 3.5 4.9 1.0 .2 17.9
2014–15 MIL 52 52 32.5 .435 .409 .881 4.3 5.4 1.6 .2 17.8
2014–15 PHX 11 9 31.5 .357 .313 .828 2.1 4.5 .5 .1 13.4
2015–16 PHX 52 50 36.0 .415 .342 .852 3.9 5.1 1.2 .4 19.6
2016–17 PHX 54 5 21.1 .398 .324 .857 2.2 2.4 .5 .1 11.0
2018–19 HOU 12 0 9.8 .234 .156 .818 .8 .8 .2 .0 3.0
2018–19 CLE 27 26 22.9 .413 .371 .783 1.9 2.3 .7 .1 8.5
Career 421 346 30.1 .413 .354 .812 3.2 4.0 .9 .2 14.5

大学[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010–11 ケンタッキー大学 38 38 35.9 .423 .377 .795 4.0 4.2 .7 .2 17.3

プレースタイル[編集]

ピストンズ時代からコンボガードという見解をされており、「シュート優先型のガード」というイメージを持たれているが、バックス時代は名PGだったジェイソン・キッドHCの下、ゲームメイクも向上しており、また試合の重要な場面でシュートを任されることもある。またシュート力と3ポイントシュートにも磨きがかかっている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

アメリカ合衆国のバスケットボール選手一覧

外部リンク[編集]