デカン・クック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デカン・クック
Daequan Cook
Daequan Cook Thunder.jpg
FA
ポジション シューティングガード
背番号 14
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 95kg (209 lb)
基本情報
本名 Daequan Cook
愛称 Pooh
ラテン文字 Daequan Cook
誕生日 (1987-04-28) 1987年4月28日(30歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州デイトン
出身 オハイオ州立大学
ドラフト 2007年 21位 
選手経歴
2007-2010
2010-2012
2012
2012-2013
2013-2014
2014-2015
2015-2016
マイアミ・ヒート
オクラホマシティ・サンダー
ヒューストン・ロケッツ
シカゴ・ブルズ
ドイツなど
フランスの旗 SPO・ルーアン・バスケット
ポルトガルの旗 SLベンフィカ
受賞歴

デカン・クックDaequan Cook , 1987年4月28日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州デイトン出身のバスケットボール選手。ポジションはシューティングガードディカーン・クックデイクワン・クックとも。

経歴[編集]

学生時代[編集]

クックはオハイオ州デイトンのポール・ローレンス・ダンバー高校に通い、ノリス・コールと共にチームをオハイオ州2部の準決勝に導いた。最終学年では平均24.5ポイント、6.0リバウンド、5.0アシストを記録して、チームを州2部の決勝に導いた。クックは2006年のマクドナルド・オール・アメリカン・チームに選出され、ゲームでは17ポイントを稼ぐ活躍をした。

また、クックはスパイス・インディー・ヒート高校のアマチュア運動連合チームでグレッグ・オデンマイク・コンリーと共にプレーした。

オハイオ州立大学でプレーしたクックは平均10.7ポイント、4.5リバウンド、1.1アシスト、0.7スティールを記録した。 大学で1年間プレーしたクックは、2007年のNBAドラフトアーリーエントリーした。

NBAキャリア[編集]

クックは全体21位でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに指名されたが、アレン・アイバーソンを含むトレードの一環でジェイソン・スミスと引き換えにマイアミ・ヒートに放出された。このシーズンのヒートはそれまでエースのドウェイン・ウェイドと共にチームを優勝に導いたシャキール・オニールがチームを去るなど、優勝以来の過渡期にあった。ウェイドが怪我を完治させるためシーズンの大半を欠場したためクックの出場機会は増える事となる。2月に一度NBADLに送られるが、3月にチームに戻ってからはロサンゼルス・クリッパーズ戦でキャリアハイの23ポイントを記録するなど、来シーズンにつながる活躍を見せた。しかし、最終的にチームは15勝67敗というチーム創設時にならぶ過去最低勝率でシーズンを終える事となった。

2008-09シーズン、ヒートはウェイドの完全復活に加え、ドラフトでマイケル・ビーズリーマリオ・チャルマーズを指名したことによりプレイオフ出場圏内で戦えるチームに変貌した。その中でクックはチームの中継ぎとして、そして3ポイントシューターとしてまとまった出場時間を得ることになる。このシーズン、クックはスリーポイントシュート成功率0.387%を記録し、NBAスリーポイント・シュートアウトに出場、当時2連覇していたジェイソン・カポノを破り優勝した。その年、チームはプレイオフに出場し、ファースト・ラウンドでアトランタ・ホークスと第7戦までもつれる接戦を演じたが結局3勝4敗で敗れた。クック自身は第2戦において20ポイントを稼ぐ活躍をしている。

2010年夏、オクラホマシティ・サンダーに移籍。2012年NBAファイナルでは、古巣ヒートとの対決となったが、1勝4敗で敗退した。

2012年10月、ヒューストン・ロケッツに移籍。

2013年1月、シカゴ・ブルズに移籍したが、解雇された。

その後はヨーロッパ諸国でプレーしている。

プレースタイル[編集]

NBAスリーポイント・シュートアウトで優勝したことが示すとおり、精確なシュート・フォームから放たれる3ポイントシュートが最大の武器である。ビック・ショットを沈めチームを敗北から救う事から、クックは自らを「保釈保証人」と称している。

外部リンク[編集]