グレッグ・オデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレッグ・オデン
Greg Oden
Greg Oden Heat 2.jpg
フリーエージェント
ポジション センター
身長 213cm  (7 ft 0 in)
体重 129kg (284 lb)
基本情報
本名 Gregory Wayne Oden, Jr.
ラテン文字 Greg Oden
誕生日 1988年1月22日(27歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州バッファロー
ドラフト 2007年 全体1位
選手経歴
2007-2012
2013-2014
ポートランド・トレイルブレイザーズ
マイアミ・ヒート

グレゴリー・ウェイン・オデンJr.Gregory Wayne Oden Jr., 1988年1月22日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー出身のバスケットボール選手。ポジションはセンター

経歴[編集]

生い立ち[編集]

ニューヨーク州バッファロー生まれのインディアナ州テレホートで育ちで、5歳からバスケットを始めた。その後インディアナポリスに転居するが、そこで後に高校と大学をともに過ごすマイク・コンリーと出会った。

高校はローレンスノース高校に進学。オデンとコンリー擁するローレンスノース高校はインディアナ州を代表する強豪校となり、2004年から3年連続で同州のタイトルを獲得、彼らが在学中の4年間の戦績は103勝7敗で2006年にはインディアナ州のチームとしては初めてUSAトゥデイ紙のランキング1位にランクされた。オデン個人は最終学年には22.1得点10.5リバウンド3.5ブロックのアベレージを残し、ネイスミス賞を獲得、マクドナルドアメリカンチームに選出され、ゲータレード選出の年間最優秀選手には2年連続で選ばれた[1]。同賞を2年連続で獲得したのはオデンとレブロン・ジェームスだけであった。全国区となったオデンの名前はNBAのスカウトらの目にもとまり、彼が高校を卒業する2006年のNBAドラフトの目玉となるはずだったが、この年より高校生によるアーリーエントリーが不可能となったため、オデンはコンリーとともにオハイオ州立大学に進学した。

大学でのシーズン序盤は右手首の手術のため6試合を欠場し、復帰後も左手でフリースローを打つなど万全の状態とは言えなかったが、15.7得点9.6リバウンド3.3ブロックのアベレージを残し、ビッグ・テン・カンファレンスの新人王と年間最優秀守備選手賞を獲得、AP通信選出のオールアメリカンファーストチームにケビン・デュラントらとともに選ばれた。オデンとデュラントは同ファーストチームに選ばれた初の1年生となった。NCAAトーナメントでは16.1得点9.3リバウンド3.5ブロックのアベレージでチームを牽引し、決勝まで進出したがフロリダ大学に敗れた。2年生には進級せず2007年のNBAドラフトにアーリーエントリーした。

NBA時代[編集]

2007年のNBAドラフトは前年のドラフトで高校から即アーリーエントリーすることが禁じられたこともあり、2003年のNBAドラフト以来の豊作の年となった。その中でオデンは前評判どおり全体1位指名でポートランド・トレイルブレイザーズに入団した。ジェイル(監獄)ブレイザーズと呼ばれるほど荒んだ状況だったブレイザーズは、このオフに問題の多かったエースザック・ランドルフをトレードに出し、前シーズン新人王ブランドン・ロイら若手選手を中心に再建を計ろうとしていた。オデンも中心選手として再建の柱となるはずだったが、開幕前の9月に行った検査手術で右膝の軟骨損傷が見つかり、回復に多くの時間を要するマイクロフラクチャー手術英語版を行ったため、2007-08シーズンは全休した[2]

術後の経過は順調と報じられ、そして2008-09シーズンは開幕から先発出場を果たし、いよいよNBAキャリアをスタートさせた。11月19日のシカゴ・ブルズ戦はブレイザーズのホーム、ローズ・ガーデン・アリーナでの初めての試合だったため、客席からは喝采が送られ、地元ファンのオデンに対する期待の高さが窺い知れたが、しかしオデンはこのシーズンも膝の故障に苦しみ、21試合を欠場。時にダブルダブルを叩き出すなどその才能の片鱗を見せることはあったが、明らかな調整不足でスタミナがなく、さらにすぐにファウルトラブルに陥ってしまうため多くの出場時間を得られず、もう一人のセンター、ジョエル・プリジビラの活躍もあってシーズンが進んでいく毎に次第にフェードアウトしてしまい、ルーキーイヤーは平均21.5分の出場で8.9得点7.0リバウンドの成績となった。2007-08シーズンは丸々休んだため、このシーズンのオデンにも新人王の受賞資格があったが、新人王どころかオールルーキーチームの選考にも漏れ、全体1位指名のデビューとしては完全な期待外れに終わった。 2009-10シーズンでは平均23.9分11.1得点8.5リバウンド2.3ブロックと成長が見られたが、またしても膝を故障してしまい21試合の出場に留まった。

2010-11シーズンも怪我のため全休することとなった[3]

2012年3月15日、度重なる膝の負傷によりトレイルブレイザーズから解雇された[4]

2013年8月2日、マイアミ・ヒートとの2年のミニマム(最低保障額)契約に合意したが、コンディション不良に苦しみ、出場機会に恵まずシーズン終了後に解雇された。

プレイスタイル[編集]

近年NBAで希少化しつつあるサイズとパワーを併せ持った本格派のセンターで、ディフェンスで特に存在感を発揮する7フッター。恵まれた肉体と瞬発力で大学時代にはリバウンドとブロックを量産した。ドラフト指名時は「10年に一人の逸材」「ティム・ダンカン以来の本格派ビッグマン」「ビル・ラッセル2世」など絶賛されていたが、相次いで故障に見舞われ、才能を発揮するに至らなかった。2007年ドラフト全体2位で史上最年少でシーズン得点王を獲得し、シーズンMVPも獲得したケビン・デュラントを獲得していればという声も多かった[5][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Greg Oden: NBA Draft Profile”. collegehoopsnet.com. 2012年3月19日閲覧。
  2. ^ Oden's recovery from surgery likely in range of 6-12 months”. ESPN (2007年9月14日). 2012年3月19日閲覧。
  3. ^ Is Greg Oden The Biggest #1 Draft Pick Bust In NBA History?”. live.drjays.com (2011年11月18日). 2012年3月19日閲覧。
  4. ^ Blazers waive center Greg Oden”. ESPN (2012年3月15日). 2012年3月19日閲覧。
  5. ^ NBA Draft History: Greg Oden and Other "Big" Time Draft Busts”. bleacherreport.com (2010年11月13日). 2012年3月19日閲覧。
  6. ^ Greg Oden: Portland Trail Blazer 2007-2012”. blazersedge.com (2012年3月19日). 2012年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]