バーナード・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーナード・キング
Bernard King
名前
本名 Bernard King
ラテン文字 Bernard King
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1956年12月4日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区
身長 201cm
体重 93kg
選手情報
ポジション スモール・フォワード
背番号 22, 30, 55
ドラフト 1977年 7位
経歴
1977-1979
1979-1980
1980-1982
1982-1987
1987-1991
1992-1993
ニュージャージー・ネッツ
ユタ・ジャズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ニューヨーク・ニックス
ワシントン・ブレッツ
ニュージャージー・ネッツ

バーナード・キングBernard King1956年12月4日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区出身のNBAで活躍したプロバスケットボール選手。

1980年代を代表するスモール・フォワード。長い腕とクイックリリース、ファーストブレークの際のスピードを武器に高い得点力を誇った。1984-1985シーズンには得点王となっている。弟のアルバート・キングも1981年から1992年までNBAでプレーした。

キャリア[編集]

テネシー大学出身。1977年のNBAドラフト全体7位でニューヨーク・ネッツに指名されて入団した。チームはその数ヵ月後ニュージャージー州に移転してニュージャージー・ネッツとなった。1年目の1977-1978シーズン、彼はチーム記録となる1909得点(1試合平均24.2得点)をあげた。その後1983-1984シーズンには自己の記録を更新する2027得点をあげて2年連続でオールNBAファーストチームに選ばれた。

1984年1月31日の試合で彼はNBAでは1964年以来の記録となる2試合連続で50得点以上をあげる快挙を達成した。1月30日のサンアントニオ・スパーズ戦で23本中20本のシュートを決めフリースロー10本を成功し50得点をあげていた彼は31日の試合では28本中20本のシュートを決めフリースロー10本を成功し50得点をあげチームはロードで連勝した。1984年12月25日の試合では60得点をあげて史上10人目となる1試合60得点以上をあげた選手の仲間入りを果たした。キャリアのピークを迎えていた[1]彼は1985年3月23日にカンザスシティで行われたカンザスシティ・キングスとの試合で右ひざの前十字靭帯を損傷し翌1985-1986シーズンも全休した。復帰後6試合で平均22.6得点をあげたものの爆発的な得点力を失った彼は1987年シーズン終了と共にニックスから放出されワシントン・ブレッツに移った。ブレッツに移ってから彼は年ごとに平均得点を回復させ1991年にはNBAオールスターゲームに6年ぶり4度目となる出場を果たした。その後ネッツに復帰した彼は1993シーズン終了と共に現役を引退した。通算874試合に出場、19665得点(1試合平均22.5得点)で現役引退時点では歴代16位の得点であった。彼よりも少ない出場試合数で通算得点が多いのはジョージ・ガービンボブ・ペティットエルジン・ベイラーのみであった。

2004年に彼はバスケットボール殿堂入り候補にノミネートされたが現在までに選出はされていない。出場試合数が少なかったことも影響していると言われている。

2006年のNBAオールスターゲームの際にTNTマーブ・アルバートによって10年前の1996年に選出されたNBA50周年記念オールタイムチームに次ぐ10人の1人にあげられた[2]

2007年2月13日、テネシー州ノックスビルトンプソン=ボーリング・アリーナ(テネシー大学の本拠地)で行われたケンタッキー大学NCAAの強豪だが彼の在学中チームは対戦成績で史上2位の5連勝を果たしている。)との試合の際に彼の背番号53番が大学初の永久欠番となるセレモニーが行われた(後に彼のチームメートのアーニー・グランフェルドの背番号も永久欠番となった。)[3]

個人成績[編集]

  • NBAファーストチーム(1984、1985)
  • NBAセカンドチーム(1983)
  • NBAサードチーム(1991)
  • NBAオールルーキーファーストチーム(1978)
  • 得点王(1985
  • オールスター出場(1982, 1984, 1985, 1991)
  • 50得点以上をあげた試合が8回
  • 19655得点
  • 5060リバウンド
  • 2863アシスト

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1984-1985シーズン彼は1試合平均32.9得点(NBA歴代21位の記録)をあげていた。
  2. ^ TNT showcases the NBA's "Next 10" greatest players
  3. ^ UNIVERSITY OF TENNESSEE RETIRES BERNARD KING'S NUMBER @ UTsports.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]