ニール・ジョンストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニール・ジョンストン
Neil Johnston
殿堂  No.6
名前
本名 Donald Neil Johnston
愛称 "Gabby"
ラテン文字 Neil Johnston
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1929年2月4日
出身地 オハイオ州チリコシー
身長 203cm
体重 95kg
選手情報
ポジション センター
背番号 6
選手経歴
1951-1959 フィラデルフィア・ウォリアーズ

ニール・ジョンストンDonald Neil Johnston,1929年2月4日 - 1978年9月28日)はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。出生地はオハイオ州チリコシー、出身大学はオハイオ州立大学。1950年代のアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAフィラデルフィア・ウォリアーズで活躍したビル・ラッセル登場以前のリーグトップセンターであり、1956年には同チームを優勝に導いた。1990年には殿堂入りを果たしている。

経歴[編集]

ニール・ジョンストンことドナルド・ニール・ジョンストンは、オハイオ州立大学入学当初は無名の選手で、1年目は7試合の出場で1.9得点と寂しい成績に終わった。2年目のシーズンには成長が見られ、20試合の出場で9.0得点の成績を残した。

大学時代のジョンストンは野球選手の面で先に頭角を現し、在学中にはMLBフィラデルフィア・フィリーズと契約を結び、下部リーグのテレホート・フィリーズで2年半、投手としてプレイし、その間カレッジバスケは休業状態となった。結局プロ野球選手としては芽が出ず、最後のシーズンを3勝9敗という成績で終えた後、プロバスケットボール選手になることを決意した。彼のマネージャー、ジム・ワードの支援のもと、NBAフィラデルフィア・ウォリアーズのチームキャンプに参加。見事1951-52シーズンのロスター入りを果たし、ジョンストンのNBAでの生活がスタートした。

バスケット選手としては目だった実績のないジョンストンだが、1年目のシーズンはエド・マイカンの控えセンターとしてプレイし、6.0得点5.3リバウンドとまずまずの成績を残した。当時のウォリアーズはジョー・ファルクスポール・アリジンアンディ・フィリップら好選手を揃えたリーグ屈指の強豪チームだったが、ジョンストンが加入したこのシーズンは33勝33敗と成績が落ち込み、さらにはオフにアライジンがチームを離脱するという事態に見舞われ、翌1952-53シーズンは12勝57敗という大不振に陥る。このチームの窮地に立ち上がったのがジョンストンであり、ジョンストンがリーグのトップセンターに上り詰める契機となった。ジョンストンはこのシーズンにリーグ史上稀に見る大成長を遂げ、前季の6.0得点から22.3得点13.9リバウンドと一気に数字を伸ばし、得点王を獲得。さらにオールNBA1stチームにも名を連ね、名実共にリーグトップセンターに君臨する。ウォリアーズはジョンストンのあまりの変貌振りと、チームのあまりの不振ぶりにチームの大改造を決意し、主力選手だったフィリップとマイカンを放出することで、ジョンストン中心のチームとして再出発を図ることにした。

1953-54シーズンにはジョー・グラボウスキージャック・ジョージらが加入したことでウォリアーズの新しい核が出来上がると、さらに続く1954-55シーズンには一時NBAを離れていたアライジンがウォリアーズに復帰し、ウォリアーズの陣容は充実さを増した。そしてジョンストンはトップセンターとしてますます成長し、3シーズン連続で得点王に輝き、1954-55シーズンには1631得点(平均22.7得点)1085リバウンド(平均15.1リバウンド)を記録して得点王とリバウンド王の二冠を達成したリーグ最初の選手となった。

そして1955-56シーズン、ウォリアーズは45勝27敗の好成績を記録して4シーズぶりにプレーオフに進出すると、プレーオフを勝ち抜いてファイナルに進出し、フォートウェイン・ピストンズを4勝1敗で破って優勝を果たした。

以後もジョンストンは毎晩20得点10リバウンド以上を稼ぎ出す優秀なセンターとして活躍するが、ウォリアーズは1956年の優勝を頂点に停滞する。そしてウォリアーズでの8シーズン目を迎えた1958-59シーズンにジョンストンを膝の故障が襲い、28試合に出場した後、現役から退いた。

NBA通算成績は516試合の出場で10023得点(平均19.4得点)5856リバウンド(平均11.3リバウンド)だった。

引退後の翌1959-60シーズンからウォリアーズのヘッドコーチに就き、2シーズンに渡って采配を振った。通算成績は95勝59敗、勝率.617だった。

プレースタイルと業績[編集]

ジョンストンの最大の武器は何処からでも決められるフックシュートだった。彼のシュートは高い決定力を誇り、フィールドゴール成功率1位には3度輝いている。

外部リンク[編集]

先代:
アル・セルヴィ
フィラデルフィア・ウォリアーズ ヘッドコーチ
1959–1961
次代:
フランク・マクガイア