ダニー・マニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニー・マニング
Danny Manning
名前
本名 Danny Manning
ラテン文字 Danny Manning
英語 Daniel Ricardo Manning
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1966年5月17日(47歳)
出身地 アメリカ合衆国ミシシッピ州ハッティズバーグ
身長 208cm
体重 104kg
選手情報
ポジション パワーフォワード
ドラフト 1988年 1位
経歴
1988-1994
1994
1994-1999
1999-2000
2000-2001
2001-2002
2003
ロサンゼルス・クリッパーズ
アトランタ・ホークス
フェニックス・サンズ
ミルウォーキー・バックス
ユタ・ジャズ
ダラス・マーベリックス
デトロイト・ピストンズ

ダニエル・リカルド・マニングDaniel Ricardo Manning1966年5月17日 - )は、アメリカ合衆国の元プロバスケットボール選手。現在は出身校でもあるカンザス大学のバスケットボールチームのアシスタントコーチを務める。選手として1988年に全国大会優勝を果たしたマニングは2008年にもコーチスタッフの一員としても優勝に献上している。父親は元NBA選手のエド・マニング。

大学時代[編集]

大学時代からスター選手だったマニングはカンザス大の通算ポイントと通算リバウンド数トップの記録保持者として1986年にNCAA男子バスケットボールトーナメント準決勝進出、1988年には優勝を果たした。大学通算2,951ポイントはビッグエイトカンファレンス記録となり、1988年には様々な団体から賞を受賞。1988年のNCAAトーナメントのオクラホマ大学との決勝戦では31ポイント、18リバウンド、5スチール、2ブロックを記録する大活躍で圧倒的不利と見られていたカンザス大を奇跡的な優勝へと導いた。オールアメリカンチームにも二度選抜されている。さらに全アマチュア構成最後のアメリカ合衆国代表チームメンバーにも選ばれ、1988年のソウルオリンピックで銅メダルを獲得している。

NBA時代[編集]

1988年のNBAドラフトロサンゼルス・クリッパーズに全体1位指名を受けたマニングは同リーグで15シーズンに渡って活躍した。NBA通算12,367ポイントを記録し、1試合平均14ポイントをマークした。1年目は膝のケガにより僅か26試合の出場に留まったものの、1992-1993年のシーズンには1試合平均22.8ポイントの自己最高成績を残し、NBAオールスターゲームに出場。翌シーズン二度目のオールスターゲーム出場を果たした。

度重なる膝のケガで二度の手術を受けたマニングは1996年以降ベンチでのスタートを余儀なくされた。1997-1998年のシーズンには1試合平均26分間の出場時間中13.5ポイントをマークする活躍でリーグ最高のリザーブ選手の送られるNBAシックスマン賞を受賞。当時のNBAで両膝に手術を受けてから復帰した選手はマニングだけだった(後にアマーレ・スタウダマイアーもこれを達成している)。1999年にはミルウォーキー・バックスにトレードされ、プロ最後の4シーズンは様々なチームを点々として過ごした後2003年に引退を表明した。

引退後[編集]

引退後は4年間カンザス大バスケットボールチームのスタッフを務め、2006-2007年のシーズン終了後はアシスタントコーチへと昇格している。

外部リンク[編集]