アンソニー・ベネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンソニー・ベネット
Anthony Bennett
Anthony Bennett by Jeremy Rincon.jpg
2013年のべネット
ブルックリン・ネッツ  No.13
ポジション PF/SF
背番号 13
身長 203cm  (6 ft 8 in)
体重 116kg (256 lb)
ウィングスパン 216cm  (7 ft 1 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Anthony Harris Bennett
愛称 AB、The Beast
ラテン文字 Anthony Bennett
誕生日 1993年3月14日(23歳)
カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州の旗 オンタリオ州トロント
ドラフト 2013年1位 
選手経歴
2013-2014
2014-2015
2015-2016
2015-2016
2016-
クリーブランド・キャバリアーズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ
トロント・ラプターズ
ラプターズ・905 (Dリーグ)
ブルックリン・ネッツ
代表歴
キャップ 2009カナダの旗 カナダU-16
2010カナダの旗 カナダU-17
 
獲得メダル
カナダの旗 カナダ
U-16アメリカ選手権
2009 メンドーサ バスケットボール
U-17世界選手権
2010 ハンブルグ バスケットボール

アンソニー・ベネット(英表記Anthony Harris Bennett1993年3月14日‐)は、カナダ出身のプロバスケットボール選手。北米プロバスケットボールリーグNBAブルックリン・ネッツに所属している。ポジションはPFSF。身長203cm、体重116kg。

高校時代[編集]

カナダオンタリオ州Harold M. Brathwaite Secondary Schoolに入学した。その後アメリカネバダ州The Henderson International Schoolに編入してプレーした[1]

大学時代[編集]

UNLVに入学した。一年目のシーズンは35試合に出場し、1試合平均16.1得点、8.1リバウンド、1.2ブロックの活躍を見せチームをNCAAトーナメントに導くもチームは2回戦で敗退した[2][3]

NBA[編集]

2013年6月に行われたNBAドラフトクリーブランド・キャバリアーズから1位指名を受けた。カナダ人選手が1位指名を受けるのは初めてのことである[4]

クリーブランド・キャバリアーズ (2013–2014)[編集]
クリーブランド・キャバリアーズ時代のべネット (2013年)

2013年8月20日、ルーキースケール契約をクリーブランド・キャバリアーズと結びNBAプレーヤーとなった[5]。ルーキーシーズンは凡庸なパフォーマンスに終始し、近年で最悪のドラフト1位指名選手との評判も立った[6]

2014年1月28日、ニューオーリンズ・ペリカンズ戦で、15得点、8リバウンド、1アシスト、1ブロックを記録したが[7]、33試合目で、これが初めての二桁得点の記録であった。1位指名選手の中では、3倍以上の試合数を要した。1位指名選手の3分の2は、初戦で2桁得点を記録している[8]。2014年2月11日、初めてのダブルダブル(19得点10リバウンド)を記録した[9]。2013–14シーズンは結局、52試合出場で平均4.2得点、3.0リバウンドの成績に終わった [10]

2014年7月のサマーリーグに参加し、平均13.3得点を記録した[11]

ミネソタ・ティンバーウルブズ (2014–2015)[編集]

On August 23, 2014年8月23日、ミネソタ・ティンバーウルブズフィラデルフィア・セブンティシクサーズクリーブランド・キャバリアーズの3チーム間のトレードで、キャバリアーズはケビン・ラブ獲得のために、アンドリュー・ウィギンスと共にベネットをミネソタ・ティンバーウルブズへトレードし、シクサーズはルック・バ・ア・ムーティアレクシー・シェヴドをミネソタから獲得し、ドラフト1順目指名権をクリーブランドから獲得した。[12]

2014年10月19日、ルーキースケール3年目のオプションを行使し、2015-2016シーズンの延長契約を結んだ[13]。 2014年11月21日、サンアントニオ・スパーズ戦でキャリア最高の20得点を記録した[14]

2015年2月21日、右足首の負傷により、2週間ロースターを外れた[15]

2015年9月23日、ミネソタ・ティンバーウルブズが、バイアウトすることが報じられた[16]

トロント・ラプターズ (2015-2016)[編集]

ウェイバーが明けて、フリーエージェントとなると、地元カナダトロント・ラプターズと契約を結んだ[17]。しかし、地元チームでのチャンスを生かすことが出来ず、2016年2月29日に解雇された。

ブルックリン・ネッツ (2016-)[編集]

2016年7月14日、ブルックリン・ネッツと契約した。

ナショナルチーム[編集]

2009年のU-16アメリカ選手権[18]、2010年のU-17世界選手権で銅メダルを獲得した[19]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

大学[編集]

レギュラー・シーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2012–13シーズン UNLV 35 31 24.1 .533 .375 .701 8.1 1.0 0.7 1.2 16.1
キャリア通算 35 31 24.1 .533 .375 .701 8.1 1.0 0.7 1.2 16.1

タイトル[編集]

高校[編集]

  • McDonald's All-American

大学[編集]

  • Naismith Player of the Year Finalist
  • NCAA Freshman of the Year Finalist
  • Mountain West Freshman of the Year
  • All-Mountain West First Team
  • All-NCAA First Team
  • Mountain West Player of the Year Finalist

脚注[編集]

  1. ^ Canadian Anthony Bennett welcomed by Cavaliers
  2. ^ Create custom leaderboards and custom reports.
  3. ^ Nevada-Las Vegas Rebels
  4. ^ 2013ドラフト、ベネットがカナダ人初の全体1位!注目のノエルは6位に
  5. ^ Cavaliers Sign 2013 Draft Picks to Contracts”. NBA.com (2013年8月20日). 2015年9月23日閲覧。
  6. ^ Ford: Anthony Bennett Looking Like Worst No. 1 Overall Pick In 20 Years”. RealGM.com (2013年12月22日). 2015年9月23日閲覧。
  7. ^ Notebook: Pelicans 100, Cavaliers 89”. NBA.com (2014年1月28日). 2015年9月23日閲覧。
  8. ^ Feldman, Dan (2014年1月29日). “Anthony Bennett took a really long time to score double-digits”. NBCSports.com. http://probasketballtalk.nbcsports.com/2014/01/29/anthony-bennett-took-a-really-long-time-to-score-double-digits/ 2014年2月5日閲覧。 
  9. ^ Notebook: Cavaliers 109, Kings 99”. NBA.com (2014年2月11日). 2015年9月23日閲覧。
  10. ^ Anthony Bennett NBA & ABA Stats”. basketball-reference.com. 2015年9月23日閲覧。
  11. ^ 2014 Summer League Player Profile – Anthony Bennett”. NBA.com. 2015年9月23日閲覧。
  12. ^ Timberwolves Acquire Andrew Wiggins, Anthony Bennett and Thaddeus Young in Three-Team Trade”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. (2014年8月23日). 2014年8月23日閲覧。
  13. ^ “Timberwolves Exercise Team Options on Bennett, Dieng and Muhammad”. NBA.com. (2014年10月19日). http://www.nba.com/timberwolves/timberwolves-exercise-team-options-bennett-dieng-and-muhammad 2014年10月19日閲覧。 
  14. ^ “Parker's 28 helps Spurs carve up Wolves 121-92”. NBA.com. (2014年11月21日). http://www.nba.com/games/20141121/SASMIN/gameinfo.html 2014年11月21日閲覧。 
  15. ^ Shabazz Muhammad out for season”. ESPN.com (2015年2月21日). 2015年9月23日閲覧。
  16. ^ Timberwolves Waive Forward Anthony Bennett”. NBA.com (2015年9月23日). 2015年9月23日閲覧。
  17. ^ Raptors Sign Anthony Bennett”. NBA.com (2015年9月29日). 2015年9月30日閲覧。
  18. ^ FIBA AMERICAS
  19. ^ Hamburg2010.FIBA.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]