アンドレア・バルニャーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレア・バルニャーニ
Andrea Bargnani
Andrea Bargnani Knicks.jpg
ニューヨーク・ニックスでのバルニャーニ
引退
ポジション(現役時) PF/C
身長(現役時) 213cm (7 ft 0 in)
体重(現役時) 114kg (251 lb)
ウィングスパン(現役時) 221cm  (7 ft 3 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Andrea Bargnani
愛称 イル・マゴ(マジシャンの意)
ラテン文字 Andrea Bargnani
イタリア語 Andrea Bargnani
誕生日 (1985-10-26) 1985年10月26日(35歳)
イタリアの旗 イタリア
出身地 ラツィオ州の旗ラツィオ州ローマ県ローマ
出身 イタリアの旗 ステラ・アスーラ・ローマ
ドラフト 2006年 1位 
選手経歴
2002-2003
2003-2006
2006-2013
2013-2015
2015-2016
2016-2017
ステラ・アズーラ・ローマ ステラ・アズーラ・ローマ
パッラカネストロ・トレヴィーゾ トレヴィーゾ
トロント・ラプターズ トロント・ラプターズ
ニューヨーク・ニックス
ブルックリン・ネッツ
スペインの旗 サスキ・バスコニア
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 NBA.com
代表歴
キャップ イタリアの旗 2007年-現在

アンドレア・バルニャーニAndrea Bargnani, 1985年10月26日 - )は、イタリアの元バスケットボール選手NBAトロント・ラプターズなどに所属していた。ローマ出身。ポジションはパワーフォワードセンター。身長213cm、体重114kg。




来歴[編集]

ローマトレヴィーゾでプレー後、2006年のNBAドラフトで全体1位指名でトロント・ラプターズ入団。チームのエースであるクリス・ボッシュと同じパワー・フォワードであることから、シーズン当初はなかなかプレイ時間を与えてもらえなかったが、3ポイントシュートなどロングシュート成功率が高く、本来のパワー・フォワードの他に、スモール・フォワードとしての出場機会を増やす。

2007年1月2月と連続で月間最優秀新人に選ばれる。ラプターズで同賞を連続受賞したのはヴィンス・カーター1999年3月4月)以来2人目、2度受賞したのは、カーター、デイモン・スタウダマイアー1995年11月1996年1月)に次いで3人目の快挙だった。3月21日盲腸炎の手術のため緊急入院した。また、同年の新人王投票ではポートランド・トレイルブレイザーズブランドン・ロイに次いで2位の得票を集めた。また、オールルーキー・ファーストチームにも選出された。

2013年オフ、トレードでニューヨーク・ニックスに移籍した。

2015年7月12日、ブルックリン・ネッツと契約した[1]が、2016年3月に解雇された。

2016年7月26日、リーガACBサスキ・バスコニアと契約した[2]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2006–07 TOR 65 2 25.1 .427 .373 .824 3.9 .8 .5 .8 11.6
2007–08 78 53 23.9 .386 .345 .840 3.7 1.1 .3 .5 10.2
2008–09 78 59 31.4 .450 .409 .831 5.3 1.2 .4 1.2 15.4
2009–10 80 80 35.0 .470 .372 .774 6.3 1.2 .3 1.4 17.2
2010–11 66 66 35.7 .448 .345 .820 5.2 1.8 .5 1.7 21.4
2011–12 31 31 33.3 .432 .296 .873 5.5 2.0 .6 .5 19.5
2012–13 35 25 28.7 .400 .311 .844 3.7 1.1 .6 .7 12.7
2013–14 NYK 42 39 29.9 .442 .278 .825 5.3 1.1 .3 1.2 13.3
2014–15 29 22 27.1 .454 .366 .813 4.4 1.6 .1 .9 14.8
2015–16 BKN 46 0 13.8 .455 .188 .825 2.1 .4 .1 .2 6.6
Career 550 377 28.7 .439 .354 .824 4.6 1.2 .4 .9 14.3

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2008 TOR 6 3 30.2 .478 .412 .789 4.0 1.0 .8 .5 11.0
2009 5 5 20.8 .333 .250 1.000 1.4 .4 .8 .6 6.4
Career 11 8 25.9 .412 .333 .810 2.8 .7 .8 .5 8.9

プレースタイル[編集]

前述のように、長身ながらスリーポイントシュートも打てる欧州出身選手の典型であり、ダーク・ノビツキーと比較されることもしばしば。ジャンプシュートではなくセットシュートで放つ弾道の低い長距離シュートが特徴的。長身ながらインサイドのプレーに弱く、課題としてはディフェンスやリバウンド、フィジカル面の向上などがある。ちなみに、ノビツキーもこれらが課題とされ、徐々に克服していった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]