サム・パーキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サム・パーキンス
Sam Perkins
Sam Perkins (cropped).jpg
2012年のパーキンス
インディアナ・ペイサーズ
役職 球団副社長
ポジション(現役時) PF/C
身長(現役時) 206cm (6 ft 9 in)
体重(現役時) 107kg (236 lb)
シュート
基本情報
本名 Samuel Perkins
愛称 "Big Smooth" , "Sleepy Sam"
ラテン文字 Sam Perkins
誕生日 (1961-06-14) 1961年6月14日(56歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州ニューヨーク市
ブルックリン区
出身 ノースカロライナ大学
ドラフト 1984年 4位 
選手経歴
1984-1990
1990-1993
1993-1998
1998-2001
ダラス・マーベリックス
ロサンゼルス・レイカーズ
シアトル・スーパーソニックス
インディアナ・ペイサーズ
受賞歴
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1984
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
1984 ロサンゼルス 男子バスケットボール

サム・パーキンス (Samuel Perkins 1961年6月14日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区出身の元バスケットボール選手。NBAシアトル・スーパーソニックスなどで活躍し、現在はインディアナ・ペイサーズの副社長を務めている。

来歴[編集]

ニューヨーク州の高校から1980年にノースカロライナ大学に進学。マイケル・ジョーダンジェームズ・ウォージーらと共にプレーし、1982年にNCAAトーナメントで優勝を経験。更に1984年のロサンゼルスオリンピックの出場メンバーにも選出され、金メダルも獲得した。

現在でも "黄金ドラフト" として名高い1984年のNBAドラフトでは、ダラス・マーベリックスから全体4位という高評価を受けNBA入り[1]。1990年までマーベリックスの主力として活躍した。

1990年オフにロサンゼルス・レイカーズに移籍。ノースカロライナ大学時代のチームメイトだったジェームズ・ウォージーと再びプレーすることになる。移籍1年目の1990-91シーズンにレイカーズはカンファレンス優勝を果たし、NBAファイナルは同じく大学時代のチームメイトだったマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズとの対戦。しかし、全盛期を迎えつつあったブルズにレイカーズはなすすべなく1勝4敗で敗退。

1992-93シーズン途中に、シアトル・スーパーソニックスに移籍。1993-94シーズンはウェスタンカンファレンス1位で終えたものの、プレーオフ1回戦ではディケンベ・ムトンボ率いるデンバー・ナゲッツにまさかの敗戦。1995-96シーズンこそウェスタンカンファレンスを制してパーキンスは二度目のNBAファイナル出場となったが、前人未到の"72勝10敗"を記録したシカゴ・ブルズに、ソニックスは食い下がったものの2勝4敗で力尽きた。

1998-99シーズン、インディアナ・ペイサーズに移籍。翌1999-2000シーズン、ペイサーズはイースタンカンファレンスを制して、パーキンスは自身三度目のNBAファイナル出場になる。相手はパーキンスの古巣のロサンゼルス・レイカーズシャキール・オニールコービー・ブライアントのコンビが噛み合ったレイカーズに、パーキンスもオニール相手に奮闘したものの、パーキンスにリック・スミッツデイル・デイヴィスのペテラン陣をもってしてもオニールの猛攻を食い止めることは出来ず、勝負が決した第6戦はスミッツがファウルアウトを喫するという幕切れで力尽きた。

翌2000-01シーズンは、スミッツが引退しデイヴィスが移籍した為に65試合出場で41試合に先発で起用されたが、2001年オフにペイサーズからの契約は更新されずに引退。パーキンスはNBAファイナル出場3回を誇りながらも、遂にNBAチャンピオンを経験することは出来なかった。

引退後[編集]

2008年にインディアナ・ペイサーズの選手人事部関連の副社長に就任[2]、同年にはニューヨーク市のバスケットボール殿堂入りも果たした[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]