クリスチャン・レイトナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスチャン・レイトナー
Christian Laettner
Christian Laettner at Yahoo event.jpg
2014年のレイトナー
名前
本名 Christian Donald Laettner
ラテン文字 Christian Laettner
基本情報
誕生日 1969年8月17日(45歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州アンゴラ
出身 デューク大学
身長 211cm  (6 ft 11 in)
体重 111kg (245 lb)
選手情報
ポジション F/C
背番号 4, 32, 44
ドラフト 1992年 3位
選手経歴
1992-1996
1996-1998
1999-2000
2000-2001
2001-2004
2004-2005
ミネソタ・ティンバーウルブズ
アトランタ・ホークス
デトロイト・ピストンズ
ダラス・マーベリックス
ワシントン・ウィザーズ
マイアミ・ヒート
指導者経歴
2012 フォートウェイン・マッドアンツ (NBADL) (AC)
受賞歴
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 1992
オリンピック
男子 バスケットボール
1992 バスケットボール

クリスチャン・レイトナー(Christian Donald Laettner 1969年8月17日- )はアメリカ合衆国ニューヨーク州アンゴラ出身の元バスケットボール選手。NBAで13年間、6チームに所属、プレイした。1991年、1992年、名将マイク・シャシェフスキーのもとデューク大学で2年連続NCAAチャンピオンになった[1]。またNBA選手が初めて出場可能となったバルセロナオリンピックで唯一アマチュア選手として出場を果たした。

大学時代[編集]

レイトナーは1992年のNCAAトーナメントにおけるケンタッキー大学との試合で終了間際にバンクショットを決めて104-103で劇的に勝利したことで特に知られている[2]。このゲームで彼は、10本のフィールドゴールを決めて、フリースローも10本全て成功した[3]

1992年のケンタッキー大学との別の試合ではファウルを受けて倒れている相手選手を故意に踏みつけてテクニカルファウルを取られ出場停止処分も課された[4]

1992年に卒業した彼の背番号32番はデューク大学の永久欠番となった。彼は1試合平均16.6得点、7.7リバウンドの成績を残し3ポイントシュート成功率48.5%は大学記録となった。

レイトナーは4年連続NCAAトーナメントのファイナル4に進んだことのある4人のうちの1人であり、史上唯一の4年間とも先発出場した選手である。彼はトーナメント記録をいくつも作り、その後当分破られることはないと思われる。

NCAAトーナメント記録[編集]

  • 最多得点 - 408
  • 最多フリースロー成功 - 142
  • 最多フリースロー試投 - 167
  • 最多試合出場 - 23

ドリームチーム[編集]

プロ選手以外で唯一初代ドリームチームに選ばれてバルセロナオリンピックに出場、金メダルを獲得した[5]

プロ生活[編集]

1992年のNBAドラフトで、シャキール・オニールアロンゾ・モーニングに次いで全体3位でミネソタ・ティンバーウルブズに指名された。13年間のキャリアでウルブズ、アトランタ・ホークスデトロイト・ピストンズダラス・マーベリックスワシントン・ウィザーズゴールデンステート・ウォリアーズ(ウォリアーズではプレイしなかった。)、マイアミ・ヒートでプレイした。NBAではセンターやフォワードとしてプレイした。1993年にはオールルーキーチームに選ばれて1997年にはオールスターに選ばれた。しかし彼は1992年に彼の前に指名された2人ほどの期待されたスーパースターにはならなかった。1998-99シーズンの大部分をアキレス腱を断裂する怪我で欠場した後、出場時間は減少した。最後のシーズンとなった2004-05シーズンはシャキール・オニールの控えとなった。

  • バルセロナオリンピック金メダル
  • Naismith Award Winners Men 1992年
  • Wooden Award Winners Men 1992年
  • NCAA Tournament MOP Men 1991年

現役引退後[編集]

現役引退後、彼は大学時代のチームメート、ブライアン・デービスノースカロライナ州ダーラムに会社を設立した。彼らの会社は一時メジャーリーグサッカーDCユナイテッドの経営権を獲得した[6]

2001年には母校の高校に対して金銭的に恵まれない子供のための奨学金や体育館の新設費用として100万ドルの寄付を行った[7]

またジェイソン・キッドらと共にアリゾナ州フェニックスマイナーリーグAAAに所属するチームのオーナーとなった[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Duke star had perfect timing on the postseason stage”. CNN (2005年3月31日). 2011年4月29日閲覧。
  2. ^ Best ever: UK-Duke game of '92”. ENQUIRER.com (1998年3月22日). 2011年4月29日閲覧。
  3. ^ Kentucky vs. Duke - Saturday, March 28 1992 -”. bigbluehistory.net. 2011年4月29日閲覧。
  4. ^ To Ban Laettner, or Not”. ニューヨーク・タイムズ (1992年3月30日). 2011年4月29日閲覧。
  5. ^ The Original Dream Team”. nba.com. 2011年4月29日閲覧。
  6. ^ DCU Ownership, Olsen, USA Friendlies”. ワシントン・ポスト (2009年10月21日). 2011年4月29日閲覧。
  7. ^ a b Christian Laettner Bio”. nba.com. 2011年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]