P・J・カーリシモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
P・J・カーリシモ
P. J. Carlesimo
P. J. Carlesimo 2015 cropped.jpg
2015年のカーリシモ
引退
身長(現役時) 185cm  (6 ft 1 in)
体重(現役時) 84kg (185 lb)
基本情報
本名 Peter John Carlesimo
ラテン文字 P. J. Carlesimo
誕生日 1949年3月30日(66歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルバニア州スクラントン
出身 フォーダム大学
ドラフト  
指導者経歴
1971-1975
1975-1994
1994-1997
1997-1999
2002-2007
2007-2008
2010-2011
2011-2013
フォーダム大学(アシスタント)
ニューハンプシャー大学など
ポートランド・トレイルブレイザーズ
ゴールデンステイト・ウォーリアーズ
サンアントニオ・スパーズ(アシスタント)
シアトル・スーパーソニックス
トロント・ラプターズ(アシスタント)
ブルックリン・ネッツ(アシスタント)
受賞歴
NBAチャンピオン : 2003, 2005, 2007

P・J・カーリシモ(Peter John "P. J." Carlesimo、1949年3月30日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボールの指導者。ペンシルベニア州出身。 アメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAポートランド・トレイルブレイザーズゴールデンステイト・ウォーリアーズシアトル・スーパーソニックスオクラホマシティ・サンダーのヘッドコーチを務めた。アシスタントコーチの経験も豊富で、1992年バルセロナオリンピックドリームチームで、チャック・デイリーヘッドコーチのもと、マイク・シャシェフスキーレニー・ウィルケンズらとアシスタントコーチを勤め、金メダルを獲得している。NBAではサンアントニオ・スパーズで、グレッグ・ポポヴィッチヘッドコーチのもと、2002年から2007年の間に、3度の優勝に貢献した。現在はNBA中継でコメンテーターを務めている。

経歴[編集]

フォーダム大学を1971年に卒業の後[1]、コーチングのキャリアをフォーダム大学のアシスタントコーチとしてスタートし、 1971年から 1975年の間務めた後、カレッジバスケットボールのヘッドコーチを数校で務め、1992年バルセロナオリンピックバスケットボール男子アメリカ合衆国代表チーム(ドリームチーム)で、チャック・デイリーヘッドコーチのもとで、マイク・シャシェフスキーレニー・ウィルケンズらとアシスタントコーチを勤め、金メダルを獲得した。1994年にNBAポートランド・トレイルブレイザーズでヘッドコーチとしての職を得て、3年間務め、1997年にゴールデンステート・ウォーリアーズのヘッドコーチを務めた。

その後サンアントニオ・スパーズの第一アシスタントコーチに就任し、グレッグ・ポポビッチの下で、2002年から2007年の間で、3度の優勝に貢献した。その後、2007年シアトル・スーパーソニックス(後にオクラホマシティ・サンダー)のヘッドコーチとして1シーズン指揮を執った[2]。2010年に再びアシスタントコーチに戻り、トロント・ラプターズニュージャージー・ネッツ(後にブルックリン・ネッツ)で活動した。

ヘッドコーチ成績[編集]

NBAヘッドコーチ実績表略号説明
レギュラーシーズン G 試合数 W 勝利数 L 敗戦数 W–L % レギュラーシーズン勝率
ポストシーズン PG 試合数 PW 勝利数 PL 敗戦数 PW–L % プレイオフ勝率
チーム シーズン G W L W–L% シーズン結果 PG PW PL PW–L% 最終結果
ポートランド・トレイルブレイザーズ 1994–95 82 44 38 .537 4th in Pacific 3 0 3 .000 1st.ラウンド敗退
ポートランド・トレイルブレイザーズ 1995–96 82 44 38 .537 3rd in Pacific 5 2 3 .400 1st.ラウンド敗退
ポートランド・トレイルブレイザーズ 1996–97 82 49 33 .598 3rd in Pacific 4 1 3 .250 1st.ラウンド敗退
ゴールデンステート・ウォリアーズ 1997–98 82 19 63 .232 6th in Pacific 不出場
ゴールデンステート・ウォリアーズ 1998–99 50 21 29 .420 6th in Pacific 不出場
ゴールデンステート・ウォリアーズ 1999–00 27 6 21 .222 (fired)
シアトル・スーパーソニックス 2007–08 82 20 62 .244 5th in Northwest 不出場
オクラホマシティ・サンダー 2008–09 13 1 12 .077 (fired)
ブルックリン・ネッツ 2012–13 54 35 19 .648 2nd in Atlantic 7 3 4 .429 1st.ラウンド敗退
Career 554 239 315 .431 19 6 13 .316

その他[編集]

ウォリアーズのヘッドコーチに就任した1年目、チームは開幕から14試合で1勝13敗とどん底にあった。1997年12月、そうした中で行われたミネソタ・ティンバーウルブズ戦でラトレル・スプリーウェルに首を絞められた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Allen, Percy (2007年10月28日). “Even in brief, Sonics’ Carlesimo has plenty to talk about”. Seattle Times. 2015年10月5日閲覧。
  2. ^ Report: Thunder fire Carlesimo”. NBA.com (2008年11月22日). 2010年3月8日閲覧。
  3. ^ Kelly Dwyer (2013年3月18日). “P.J. Carlesimo reflects on his altercation with Latrell Sprewell, 15 years later”. Yahoo! Sports. 2015年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]