1984年のNBAドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1984年のNBAドラフト
概要
開催日 June 19, 1984
会場 マディソン・スクエア・ガーデン
ニューヨーク市
中継(米) USA Network
1位指名選手 アキーム・オラジュワン1[›], Houston Rockets
NBAドラフト
 < 1983 1985 > 

1984年のNBAドラフトは、1984年度のNBAドラフト。1984年6月19日アメリカ合衆国で開催された。10巡まで228人が指名された。現在でも "史上最高のNBAドラフト" の呼び名の高いドラフト会議である。

概観[編集]

1984年のNBAドラフト史上最高の当たり年と呼ばれており、この年のドラフトで指名されたアキーム・オラジュワン[1]マイケル・ジョーダンチャールズ・バークレージョン・ストックトン[2]の4人が、その後NBAの偉大な50人に選ばれている[3]。前述の4人合計で7回MVPに、また延べ23人がオールNBAファーストチームに、延べ45人がNBAオールスターゲームに選出された。

オーティス・ソープケビン・ウィリスマイケル・ケイジサム・パーキンスアルヴィン・ロバートソンなど、多くのスタープレイヤーもこの年に指名されている。また、陸上競技のスーパースターであるカール・ルイスシカゴ・ブルズが全体208位で指名されたのもこの年である。(ルイスは、NFLのドラフトでも指名されたが、どちらのチームにも加入はしなかった。)

ドラフト指名[編集]

PG ポイントガード SG シューティングガード SF スモールフォワード PF パワーフォワード C センター
^ バスケットボール殿堂入り
* 現役プレーヤー
+ NBAオールスター
x オールNBAチーム
r NBAオールルーキーチーム
d NBAオールディフェンシブチーム
C NBAチャンピオン
F ファイナルMVP
# NBAでのプレー経験なし
M MVP

1巡目[編集]

指名順 選手名 経歴 国籍 指名チーム 出身校など
1 アキーム・オラジュワン (C)  ^  +  x  r  d  C  F  M  ナイジェリアの旗 ナイジェリア ヒューストン・ロケッツ ヒューストン
2 サム・ブーイ (C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ ケンタッキー
3 マイケル・ジョーダン (SF/SG)  ^  +  x  r  d  C  F  M  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シカゴ・ブルズ ノースカロライナ
4 サム・パーキンス (PF/C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ダラス・マーベリックス ノースカロライナ
5 チャールズ・バークリー (PF)  ^  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ オーバーン
6 メルビン・ターピン (C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン・ブレッツ ケンタッキー
7 アルヴィン・ロバートソン (SG)  +  x  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンアントニオ・スパーズ アーカンソー
8 ランカスター・ゴードン (SG) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス・クリッパーズ ルイビル
9 オーティス・ソープ (PF) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザスシティ・キングス プロヴィデンス
10 レオン・ウッド (SG) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ カリフォルニア州立
11 ケビン・ウィリス (PF/C)  +  x  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトランタ・ホークス ミシガン州立
12 ティム・マコーミック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 クリーブランド・キャバリアーズ (*) ミシガン
13 ジェイ・ハンフリーズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フェニックス・サンズ コロラド
14 マイケル・ケイジ (PF) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス・クリッパーズ サンディエゴ州立
15 テレンス・スタンズベリー (SG) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ダラス・マーベリックス テンプル
16 ジョン・ストックトン (PG)  ^  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユタ・ジャズ ゴンザガ
17 ジェフ・ターナー (PF) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー・ネッツ ヴァンダービルト
18 バーン・フレミング (SF/SG) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ・ペイサーズ ジョージア
19 バーナード・トンプソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ カリフォルニア州立
20 トニー・キャンベル| アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デトロイト・ピストンズ オハイオ州立
21 ケニー・フィールズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミルウォーキー・バックス UCLA
22 トム・セウェル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ ラマー
23 アール・ジョーンズ (C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス・レイカーズ コロンビア特別区
24 マイケル・ヤング (PF) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス ヒューストン

(*) compensation for draft choices traded away by テッド・ステピエン

1巡目指名以外の主な選手[編集]

指名順 選手名 経歴 国籍 指名チーム 出身校など
27 ロン・アンダーソン (SG/SF) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 クリーブランド・キャバリアーズ フレズノ州立
46 ジェローム・カーシー (SF) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ポートランド・トレイルブレイザーズ ロングウッド
70 リック・カーライル (PG) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボストン・セルティックス ヴァージニア
131 オスカー・シュミット (SF/PF)  ^  ブラジルの旗 ブラジル ニュージャージー・ネッツ カゼルタ(セリエA)
208 カール・ルイス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シカゴ・ブルズ ヒューストン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Goldaper, Sam (1984年6月20日). “Olajuwon Is No.1 Pick in College Draft”. The New York Times. The New York Times Company. 2010年2月22日閲覧。
  2. ^ Naismith Memorial Basketball Hall of Fame Inductees”. basketball-reference.com. Sports Reference LLC. 2010年2月23日閲覧。
  3. ^ The NBA's 50 Greatest Players”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2010年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]