ポール・ミルサップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ミルサップ
Paul Millsap
Paul Millsap (34136384782).jpg
アトランタ・ホークスでのミルサップ
(2017年プレイオフにて)
デンバー・ナゲッツ  No.4
ポジション PF
背番号 4
身長 203cm (6 ft 8 in)
体重 117kg (258 lb)
ウィングスパン 209cm  (6 ft 10 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Paul Millsap
ラテン文字 Paul Millsap
誕生日 (1985-02-10) 1985年2月10日(32歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州モンロー
出身 ルイジアナ工科大学
ドラフト 2006年 47位 
選手経歴
2006-2013
2013-2017
2017-
ユタ・ジャズ
アトランタ・ホークス
デンバー・ナゲッツ
受賞歴

ポール・ミルサップPaul Millsap, 1985年2月10日 - )はアメリカ合衆国バスケットボール選手。ルイジアナ州モンロー出身。アメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAデンバー・ナゲッツに所属している。ポジションはパワーフォワード。203cm、117kg。

経歴[編集]

学生時代[編集]

大学はルイジアナ工科大学でプレイ。1年目となる2003-04シーズンから15.6得点12.5リバウンドのダブルダブルのアベレージを残し、ウェスタン・アスレチック・カンファレンス(WAC)の新人王に選ばれた。翌04-05シーズンにいは20.4得点12.6リバウンド、最後のシーズンとなった05-06シーズンには19.6得点13.3リバウンドと3年連続でダブルダブルのアベレージを残し、ブロックショットスティールでも高い数字を残した。また在学中の3年間、NCAA1部リーグのリバウンド王に君臨した。

NBA時代[編集]

2006年のNBAドラフトユタ・ジャズから2巡目の全体47位指名を受けてNBA入りを果たす。ルーキーイヤーとなった06-07シーズンはドラフト下位指名者ながら期待以上の働きをみせ、大黒柱のカルロス・ブーザーが怪我で1ヶ月欠場した際にはその穴を見事に埋めるなど、ジャズの4年ぶりプレイオフ進出の影の立役者となり、オールルーキーセカンドチームに選ばれた。

2008-09シーズンには再びブーザーが長期欠場したが、ブーザーの故障は即ちミルサップの好機であり、ミルサップはブーザー不在の間に20試合連続でダブル・ダブルを記録するなどの大活躍を見せ、多くの故障者に悩まされたこのシーズンのジャズを支えた。オフに制限付FAとなったミルサップはポートランド・トレイルブレイザーズから4年3,600万ドルの高額オファーを受けたが、チームオプションを持つジャズがこれにマッチし、ミルサップを引き留めた。ジャズにとっては決して安くない額だったが、それでも契約に踏み切ったことはミルサップへの期待の高さが窺える。

2013年7月10日、アトランタ・ホークスに移籍。2014年のNBAオールスターゲームに出場。2015年のオールスターゲームにも出場した。

2017年7月13日、デンバー・ナゲッツと3年9000万ドルの契約を結んだ[1]

プレイスタイル[編集]

身長203cmとPFとしては小柄ながら、パワーと俊敏さ、そして長い手でリバウンドとブロック、スティールで力を発揮する。また、横幅のある体格を武器にポストプレーやピック&ロールで得点を量産する。かつてのエース、カルロス・ブーザーが故障する度に見事にその穴を埋める働きを見せたため、古巣ジャズファンのお気に入り選手となった。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2006–07 UTA 82 1 18.0 .525 .333 .673 5.2 .8 .8 .9 6.8
2007–08 UTA 82 2 20.8 .504 .000 .677 5.6 1.0 .9 .9 8.1
2008–09 UTA 76 38 30.1 .538 .000 .699 8.6 1.8 1.0 1.0 13.5
2009–10 UTA 82 8 27.8 .538 .111 .693 6.8 1.6 .8 1.2 11.6
2010–11 UTA 76 76 34.3 .531 .391 .757 7.6 2.5 1.4 .9 17.3
2011–12 UTA 64 62 32.8 .495 .226 .792 8.8 2.3 1.8 .8 16.6
2012–13 UTA 78 78 30.4 .490 .333 .742 7.1 2.6 1.3 1.0 14.6
2013–14 ATL 74 73 33.5 .461 .358 .731 8.5 3.1 1.7 1.1 17.9
2014–15 ATL 73 73 32.7 .476 .356 .757 7.8 3.1 1.8 .9 16.7
2015–16 ATL 81 81 32.7 .470 .319 .757 9.0 3.3 1.8 1.7 17.1
2016–17 ATL 69 67 34.0 .442 .311 .768 7.7 3.7 1.3 .9 18.1
Career 837 559 29.5 .493 .328 .736 7.5 2.3 1.3 1.0 14.2
All-Star 3 0 16.7 .353 .286 .000 4.0 1.7 .7 .0 4.7

プレイオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2007 UTA 17 0 15.5 .525 .000 .667 4.4 .5 .6 .5 5.9
2008 UTA 12 0 17.5 .516 .000 .520 3.9 .3 .6 1.3 6.4
2009 UTA 5 0 31.0 .510 .000 .500 8.0 1.6 .8 1.0 11.8
2010 UTA 10 0 32.3 .574 .000 .690 8.8 2.2 1.1 1.4 18.0
2012 UTA 4 4 34.8 .370 .000 .500 11.0 .5 .3 2.5 12.0
2014 ATL 7 7 38.1 .398 .333 .804 10.9 2.9 1.4 1.9 19.4
2015 ATL 16 15 35.4 .407 .306 .744 8.7 3.4 1.6 .9 15.2
2016 ATL 10 10 36.5 .431 .242 .745 9.4 2.7 1.3 2.3 16.7
2017 ATL 6 6 36.6 .505 .176 .811 9.3 4.3 1.7 .7 24.3
Career 87 42 28.8 .463 .263 .713 7.6 2.0 1.1 1.2 13.3

タイトル・受賞[編集]

その他[編集]

兄のジョンもプロバスケットボール選手で、現在はベネズエラでプレーしており、弟のエリヤは、自身の古巣であるユタ・ジャズに所属したこともある。

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]