グレッグ・モンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレッグ・モンロー
Greg Monroe
Greg Monroe vs Wizards 2014.jpg
ボストン・セルティックス  No.55
ポジション PF/C
背番号 55
身長 211cm (6 ft 11 in)
体重 113kg (249 lb)
ウィングスパン 218cm  (7 ft 2 in)[1]
シュート
シューズ エア・ジョーダン
基本情報
本名 Gergorey Keith Monroe, Jr.
愛称 Moose
ラテン文字 Greg Monroe
誕生日 (1990-06-04) 1990年6月4日(27歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州の旗 ルイジアナ州ニューオーリンズ
出身 ジョージタウン大学
ドラフト 2010年 7位 
選手経歴
2010-2015
2015-2017
2017-2018
2018-
デトロイト・ピストンズ
ミルウォーキー・バックス
フェニックス・サンズ
ボストン・セルティックス
受賞歴

グレゴリー・キース・モンロー・ジュニアGregorey Keith Monroe, Jr., 1990年6月4日 - )はアメリカ合衆国出身のプロバスケットボール選手。NBAボストン・セルティックスに所属している。ポジションはパワーフォワードセンター

学生時代[編集]

ルイジアナ州ハーベイの高校を卒業後、ジョージタウン大学に進学。1年生時に、ビッグイーストの新人王を受賞。2年生終了後、2010年のNBAドラフトにアーリーエントリーした。

NBAキャリア[編集]

デトロイト・ピストンズ[編集]

2010年のNBAドラフトにおいて、デトロイト・ピストンズから全体7位指名を受けた[2]

ミルウォーキー・バックス[編集]

2015年7月2日、ミルウォーキー・バックスと3年5000万ドルの契約を締結[3]。2015年12月12日のゴールデンステート・ウォリアーズでは、チーム最多の28得点11リバウンドを記録し、開幕24連勝中だったウォリアーズの快進撃を止める原動力となった[4]

フェニックス・サンズ[編集]

2017年11月7日、エリック・ブレッドソーとのトレードでフェニックス・サンズに移籍した[5]。2018年2月1日、サンズからウェイブされた[6]

ボストン・セルティックス[編集]

2018年2月8日、ボストン・セルティックスと契約した[7]。2018年4月6日に行われたシカゴ・ブルズ戦でキャリア2度目のトリプル・ダブルとなる19得点、11リバウンド、10アシストを記録、試合はセルティックスが111-104で勝利した[8]

ドラフト時の評価[編集]

211cmの長身ながらパス能力が高いビッグマン。現役選手ではラマー・オドムに例えられる。

プレドラフトキャンプ時の身体データ

ウイングスパン ジャンプ力 スプリント ベンチプレス
219cm 63.5cm 3.35秒 15回

※スプリントはコート3/4(約21m)走。ベンチプレスは約84kg。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Greg-Monroe”. draftexpress.com (2009年). 2017年閲覧。...
  2. ^ Pistons sign rookie Greg Monroe”. InsideHoops.com (2010年7月6日). 2014年8月13日閲覧。
  3. ^ Greg Monroe agrees to contract with Bucks”. USA Today (2015年7月2日). 2015年7月3日閲覧。
  4. ^ Bucks snap weary Warriors' record streak to start season at 24 games
  5. ^ Suns trading Eric Bledsoe to Bucks for Greg Monroe and a 1st rounder
  6. ^ Phoenix Suns waive Greg Monroe” (英語). NBA.com (2018年2月1日). 2018年2月2日閲覧。
  7. ^ Celtics Sign Veteran Big Man Greg Monroe” (英語). NBA.com (2018年2月8日). 2018年2月9日閲覧。
  8. ^ Celtics' Greg Monroe: Triple-doubles in Friday's victory” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年4月7日). 2018年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]