クリス・ミドルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリス・ミドルトン
Khris Middleton
Khris Middleton (39684853532).jpg
ミルウォーキー・バックスでのミドルトン(2018年)
ミルウォーキー・バックス  No.22
ポジション SF/SG
背番号 22
身長 203cm (6 ft 8 in)
体重 98㎏ (20 lb)
ウィングスパン 209.5cm  (6 ft 11 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 James Khristian Middleton
ラテン文字 Khris Middleton
誕生日 (1991-08-12) 1991年8月12日(28歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスカロライナ州チャールストン
出身 テキサスA&M大学
ドラフト 2012年 39位 
選手経歴
2012-2013
2013-
デトロイト・ピストンズ
ミルウォーキー・バックス
受賞歴

クリス・ミドルトン (James Khristian Middleton 1991年8月12日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州チャールストン出身のプロバスケットボール選手。NBAミルウォーキー・バックスに所属している。ポジションはスモールフォワード。身長203cm 体重98㎏。

経歴[編集]

高校・大学[編集]

高校時代、サウスカロライナ州の最優秀選手に選出された。サウスカロライナ州の高校時代から名の馳せたミドルトンは、全米代表クラスの選手として知られていた。そんなミドルトンにNCAA1部校も注目し、大学進学の際、セントジョセフ大学バージニア工科大学サウスカロライナ大学ミシガン大学テキサスA&M大学などの関係者がスカウトに訪れる中、ミドルトンはテキサスA&M大学に進学。1年生から主力として活躍し、NCAAトーナメントにも出場した。

デトロイト・ピストンズ[編集]

そして3年生を終えた2012年に2012年のNBAドラフトにエントリーを表明し、デトロイト・ピストンズから2巡目39位で指名され、NBA入りした。しかし、1年目の2012–13 シーズン は27試合しか出場機会を与えられなかった。

ミルウォーキー・バックス[編集]

2013年オフに、ブランドン・ジェニングスサイン・アンド・トレードによる大型トレードで、ブランドン・ナイトと共にミルウォーキー・バックスに移籍した。この移籍がミドルトンにはステップアップのいい機会となり、バックスに加入した2013-14シーズンは、全82試合に出場し、前シーズンの6.1点から12.1点と数字を伸ばした。

2014年12月15日のフェニックス・サンズ戦では、試合中盤にジャバリ・パーカーが左膝の重傷を負い、チーム内に動揺が走る中、93対94で迎えた第4Qの残りわずかの場面から、起死回生の逆転ブザービーター3ポイントシュートを決め[2]、2015年3月24日のマイアミ・ヒート戦でも、86対88で迎えた第4Qの残り数秒の場面から、6連敗中だったチームを救う逆転ブザービーター3ポイントシュートを決めた[3]

2015年7月1日、バックスと5年7000万ドルで再契約した[4]。このシーズンは出場時間が2852分でリーグ6位、平均36.1分で7位、フリースロー成功率88.8%で8位だった。

2016年9月、バックスはミドルトンが自主トレ中に右足ハムストリングを負傷し、全治6ヶ月の重傷を負ったと発表。2016-17シーズンの大半を欠場することになると発表[5]。2017年2月8日のマイアミ・ヒート戦で2016-17シーズン初出場を果たした。

2018年4月5日に行われたブルックリン・ネッツ戦で31得点を記録、試合はネッツに119-111で敗れた[6]。このシーズンは出場時間が2982分でレブロン・ジェームズに次ぐリーグ2位、平均36.4分で7位、フリースロー成功率88.4%で9位[7]、自身初めて20得点を超えた。2018年のプレーオフ1回戦、対ボストン・セルティックスの初戦で31得点、8リバウンド、6アシストを記録、試合はオーバータイムの末、113-107で敗れた[8]。第7戦で32得点を記録、試合は112-96で敗れバックスは3勝4敗で1回戦敗退となった[9]。7試合で3Pシュートを25本決め(成功率61%)、平均24.7得点5.1リバウンド3.1アシストを記録するなどエースヤニス・アデトクンボと共にチームを牽引した[10]

プレースタイル[編集]

インサイドでも得点ができるが、アウトサイドからのシュートを得意としており、3ポイントシュートの成功率は4割を越える。一方でディフェンスの方が課題とされてきたが、バックス移籍後にジェイソン・キッドHCの指導の下、ディフェンス力も向上している。選手層が決して充実しているとはいえないバックスでは、攻守共に重宝されている。

2015年2月、コラムニストのMichael Pinaによって、NBAで最も過小評価されている選手であると報じられた[11]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2012–13 DET 27 0 17.6 .440 .311 .844 1.9 1.0 .6 .1 .4 6.1
2013–14 MIL 82 64 30.0 .440 .414 .861 3.8 2.1 1.0 .2 1.5 12.1
2014–15 79 58 30.1 .467 .407 .859 4.4 2.3 1.5 .1 1.4 13.4
2015–16 79 79 36.1 .444 .396 .888 3.8 4.2 1.7 .2 2.3 18.2
2016–17 29 23 30.7 .450 .433 .880 4.2 3.4 1.4 .2 2.2 14.7
2017–18 82 82 36.4 .466 .359 .884 5.2 4.0 1.5 .3 2.3 20.1
通算:6年 378 306 31.8 .454 .391 .877 4.1 3.0 1.4 .2 1.8 15.1

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2015 MIL 6 6 38.7 .380 .324 .933 3.7 2.0 2.3 .5 1.7 15.8
2017 6 6 38.5 .397 .368 .818 4.7 5.3 2.0 .0 1.8 14.5
2018 7 7 39.3 .598 .610 .737 5.1 3.1 .9 .7 2.3 24.7
出場:3回 19 19 38.8 .472 .457 .821 4.5 3.5 1.7 .4 1.9 18.7

背番号[編集]

  • 32(2012 - 2013年、ピストンズ時代)
  • 22(2013 - 、バックス時代)

脚注[編集]

  1. ^ Khris-Middleton”. draftexpress.com (2012年). 2017年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  2. ^ JOSE M. ROMERO: “Middleton's late shot helps Bucks beat Suns 96-94”. nba.com (2014年12月16日). 2015年6月7日閲覧。
  3. ^ Khris Middleton's buzzer-beater for Bucks halts Heat”. ESPN (2015年3月24日). 2015年6月7日閲覧。
  4. ^ BUCKS RE-SIGN KHRIS MIDDLETON
  5. ^ Bucks: Middleton out six months with hamstring injury
  6. ^ Nothing but Nets: Brooklyn's 3-point barrage beats Bucks” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月5日). 2018年4月7日閲覧。
  7. ^ 2017-18 NBA Leaders” (英語). basketball-reference.com. 2018年5月1日閲覧。
  8. ^ Celtics survive wild finish, hold off Bucks 113-107 in OT” (英語). ESPN.com (2018年4月14日). 2018年4月18日閲覧。
  9. ^ Celtics beat Bucks 112-96 in Game 7, advance to play 76ers” (英語). ESPN.com (2018年4月28日). 2018年4月30日閲覧。
  10. ^ 2018 NBA Eastern Conference First Round Bucks vs. Celtics” (英語). basketball-reference.com. 2018年5月1日閲覧。
  11. ^ Michael Pina (2015年2月20日). “Meet Khris Middleton, the Most Underrated Player in the NBA”. bleacherreport.com. 2015年6月7日閲覧。

関連項目[編集]

アメリカ合衆国のバスケットボール選手一覧

外部リンク[編集]