ルイス・スコラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はスコラ第二姓(母方の)はバルボアです。
ルイス・スコラ
Luis Scola
Luis Scola Italy (cropped).jpg
2019年のスコラ
パラカネストロ・ヴァレーゼ CEO
ポジション PF
役職 球団社長
シュート 右手
基本情報
愛称 "Luifa"
スペイン語 Luis Alberto Scola Balvoa
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1980-04-30) 1980年4月30日(42歳)
出身地 ブエノスアイレスの旗ブエノスアイレス
身長(現役時) 206cm (6 ft 9 in)
体重(現役時) 111kg (245 lb)
ウィングスパン(現役時) 216cm  (7 ft 1 in)
キャリア情報
出身 アルゼンチンの旗 フェロカリル・オエステ
ドラフト 2002年 55位
選手経歴
1995–1998
1998–2000
2000–2007
2007-2012
2012-2013
2013-2015
2015-2016
2016-2017
2017-2018
2018-2019
2019-2020
2020-2021
ホベントゥット・バダローナ フェロカリル・オエステ
ホベントゥット・バダローナ ヒホン・バロンセスト
サスキ・バスコニア タウ・セラミカ
ヒューストン・ロケッツ ヒューストン・ロケッツ
フェニックス・サンズ
インディアナ・ペイサーズ
トロント・ラプターズ
ブルックリン・ネッツ
中華人民共和国の旗 山西汾酒猛龍籃球倶楽部
中華人民共和国の旗 上海久事大鯊魚籃球俱樂部
イタリアの旗 オリンピア・ミラノ
イタリアの旗 パラカネストロ・ヴァレーゼ
経歴
エグゼクティブ時代:
2021-イタリアの旗 パラカネストロ・ヴァレーゼ (CEO)
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1999-
獲得メダル
男子バスケットボール
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
オリンピック
2004 アテネ
2008 北京
ワールドカップ
2002 インディアナポリス
2019 中国
FIBAアメリカ選手権
1999
2001 ネウケン
2003 サンフアン
2007 ラスベガス 大会MVP

ルイス・スコラLuis Scola)ことルイス・アルベルト・スコラ・バルボアLuis Alberto Scola Balvoa1980年4月30日 - )は、アルゼンチンの元バスケットボール選手イタリアパラカネストロ・ヴァレーゼの球団社長。リーガACBで活躍し、NBAヒューストン・ロケッツなどでも活躍した。首都ブエノスアイレス出身。ポジションはパワーフォワード


来歴[編集]

1996年、地元ブエノスアイレスフェロカリル・オエステでプロキャリアを開始。

1998年、スペインへ渡りLEB(2部リーグ)に所属するヒホンに入団。リーガACB昇格の原動力となった。

2000年、ACBの強豪タウ・セラミカへ移籍。2002年のACB初優勝を始め、ユーロリーグでも2000/01準優勝など長きにわたり活躍を見せ、ファーストチームにも2度選出された。

NBA[編集]

2002年のNBAドラフトサンアントニオ・スパーズに全体55位指名を受けた。2005年にスパーズは、同じアルゼンチン代表であるマヌ・ジノビリのチームメートとして獲得するために、契約解除を試みたが失敗し、ファブリシオ・オベルトを代わりに獲得した。

2007年、優先交渉権がジャッキー・バトラーと合わせてヴァシレイオス・スパヌリスとの交換によりヒューストン・ロケッツへ譲渡され契約を結んだ[1](スパヌリスはスパーズでプレーせずギリシアに帰国)。

07-08シーズンの新人王投票では、ケビン・デュラントの545ポイント、アル・ホーフォードの390ポイントに次ぐ146ポイントを獲得した[2]。またNBAオールルーキーファーストチームに選ばれた。

2010年3月13日のニュージャージー・ネッツ戦で自己ベストの44得点をあげた。

2011年12月8日、NBAのロックアウトが終了する直前にロケッツ、ロサンゼルス・レイカーズニューオーリンズ・ホーネッツとの間で、ゴラン・ドラギッチケビン・マーティンラマー・オドムがホーネッツに移籍、パウ・ガソルがレイカーズからロケッツに移籍、クリス・ポールがホーネッツからレイカーズに移籍するトレードの合意がなされたが、その夜他のチームオーナーからこのトレードに反対する意見が出て、デビッド・スターンNBAコミッショナーはこのトレードを無効と決定した[3]

11-12シーズン、平均15.5得点、6.4リバウンドをあげた[4]

2012年7月13日、ロケッツにアムネスティ条項を行使され放出された。ロケッツはこの年、ドワイト・ハワードの獲得を狙っており、サラリーキャップを空けるための放出であった (ハワードは翌年獲得) 。ロケッツでの5シーズンでスコラは平均14.5得点、7.7リバウンドをあげていた[5]。7月15日、フェニックス・サンズがスコラのウェーバーにクレームし獲得した[6]

2013年7月27日、ジェラルド・グリーンマイルズ・プラムリー、将来のドラフト1巡指名権とのトレードでインディアナ・ペイサーズに移籍した[7]

2015年夏、FAとなったスコラは、ユーロリーグを制覇したレアル・マドリード・バロンセスト入りが噂されるも、引き続きNBAで戦うことを決意。7月8日にトロント・ラプターズと1年300万ドルで契約した。

2016年7月12日、ブルックリン・ネッツと契約[8]。翌年2月27日に解雇された[9]

中国へ[編集]

2017年7月9日、CBA山西汾酒猛龍籃球倶楽部と契約した[10]

現役引退へ[編集]

2020-21シーズンをパラカネストロ・ヴァレーゼでプレーし、2021年9月22日に現役引退を表明。同チームの社長に就任することが発表された[11]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  PIR  パフォーマンス指数
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  

NBA[編集]

Regular season[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2007–08 HOU 82 39 24.7 .515 .000 .668 6.4 1.3 .7 .2 10.3
2008–09 HOU 82 82 30.3 .531 .000 .760 8.8 1.5 .8 .1 12.7
2009–10 HOU 82 82 32.6 .514 .200 .779 8.6 2.1 .8 .3 16.2
2010–11 HOU 74 74 32.6 .504 .000 .738 8.2 2.5 .6 .6 18.3
2011–12 HOU 66 66 31.3 .491 .000 .773 6.5 2.1 .5 .4 15.5
2012–13 PHX 82 67 26.6 .473 .188 .787 6.6 2.2 .8 .4 12.8
2013–14 IND 82 2 17.1 .470 .143 .728 4.8 1.0 .3 .2 7.6
2014–15 IND 81 16 20.5 .467 .250 .699 6.5 1.3 .6 .2 9.4
2015–16 TOR 76 76 21.5 .450 .404 .726 4.7 .9 .6 .4 8.7
2016–17 BKN 36 1 12.8 .470 .340 .676 3.9 1.0 .4 .1 5.1
Career 743 505 25.6 .493 .339 .740 6.7 1.6 .6 .3 12.0

Playoffs[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2008 HOU 6 6 36.7 .448 .000 .686 9.3 1.3 .7 .2 14.0
2009 HOU 13 13 32.6 .494 .000 .673 8.4 1.8 .5 .2 14.4
2014 IND 17 0 13.9 .465 .333 .591 2.5 .5 .4 .2 6.1
2016 TOR 11 9 12.7 .258 .190 .727 1.6 .6 .3 .0 2.5
Career 48 28 21.4 .454 .200 .667 4.7 1.0 .4 .1 8.5

アルゼンチン代表[編集]

アルゼンチン代表として20022006年2014年2019年世界選手権に出場。2002年と2019年は銀メダルを獲得。

また、アテネ五輪では金メダル獲得メンバーのひとりである[1]北京五輪では銅メダルを獲得。

脚注[編集]

  1. ^ a b San Antonio's 2002 draft pick Scola signs with Rockets”. ESPN (2007年7月18日). 2015年6月1日閲覧。
  2. ^ Kevin Durant Named T-Mobile Rookie of the Year”. nba.com (2008年5月1日). 2015年6月1日閲覧。
  3. ^ Adrian Wojnarowski (2011年12月9日). “[ケビン・マーティン (バスケットボール) Teams still pushing for Paul trade]”. Yahoo! Sports. 2015年6月1日閲覧。
  4. ^ Doug Haller (2012年7月15日). “Reports: Phoenix Suns acquire Luis Scola in auction”. azcentral.com. 2015年6月1日閲覧。
  5. ^ Rockets use amnesty on Scola”. FOXスポーツ (2014年7月24日). 2015年6月1日閲覧。
  6. ^ Royce Young. “Suns claim Luis Scola off waiver wire, amnesty Josh Childress”. CBSスポーツ. 2015年6月1日閲覧。
  7. ^ Pacers Acquire Luis Scola; Send Green, Plumlee, Future No. 1 Pick to Suns”. nba.com (2013年7月27日). 2015年6月1日閲覧。
  8. ^ Luis Scola agreed to terms with Nets
  9. ^ Nets waive Luis Scola
  10. ^ Luis Scola signs in China with Shanxi
  11. ^ アルゼンチン代表のレジェンド、ルイス・スコラが現役引退…古巣のCEOへ就任”. バスケットボールキング (2021年9月22日). 2021年9月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]