ティアゴ・スプリッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティアゴ・スプリッター
Tiago Splitter
Splitter right.JPG
2010年、サンアントニオ・スパーズでのスプリッター
アトランタ・ホークス  No.11
ポジション PF/C
背番号 11
身長 211cm  (6 ft 11 in)
体重 107kg (236 lb)
ウィングスパン 218cm  (7 ft 2 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 ティアゴ・スプリッテル・バーンズ
ラテン文字 Tiago Splitter
ポルトガル語 Tiago Splitter Beirns
誕生日 1985年1月1日(30歳)
ブラジルの旗 ブラジル
スペインの旗 スペイン
出身地 サンタカタリーナ州の旗 サンタカタリーナ州ジョインヴィレ
出身 ブラジルの旗 Araba Gorago
ドラフト 2007年 28位
選手経歴
2000-2001
2001-2003
2003-2010
2010-2015
2015-
Araba Gorago
CBビルバオ・ベリー CBビルバオ・ベリー
サスキ・バスコニア サスキ・バスコニア
サンアントニオ・スパーズ サンアントニオ・スパーズ
アトランタ・ホークス
受賞歴
代表歴
キャップ ブラジルの旗 2002年-現在
 
獲得メダル
男子バスケットボール
ブラジルの旗 ブラジル
FIBAアメリカ選手権
2005 サントドミンゴ 男子
2009 サンフアン 男子

ティアゴ・スプリッターTiago Splitter)ことティアゴ・スプリッテル・バーンズTiago Splitter Beirns1985年1月1日 - )は、ブラジル出身のプロバスケットボール選手である。NBAアトランタ・ホークス所属。サンタカタリーナ州ジョインヴィレ出身。ポジションはパワーフォワードセンター。現在はスペインとの二重国籍。

来歴[編集]

2000年に15歳でスペインに渡り、LEBのAraba Goragoでプロデビュー。

2001年にLEB2のビルバオ・バスケットへ移籍。LEB1昇格に貢献する。

2003年、スペインのプロ1部リーグACBの強豪タウ・セラミカに移籍。2度のコパ・デル・レイ優勝、ユーロリーグ 2006-07での3位の原動力となった。スーペルコパでは2006年・2007年の2年連続でMVPを獲得。 2007年のNBAドラフトサンアントニオ・スパーズに全体28位指名を受けるが、タウに残留。2010年までスペインでプレーすることになった。

2010年にACBでMVPを獲得し[1] 、その年、タウとの契約を満了し、3年契約で、サンアントニオ・スパーズに正式に加入した[2]

2013-14シーズンのサンアントニオ・スパーズの7年ぶりのNBA優勝に貢献。前年度のNBAファイナルでは、第2戦に自らダンクショットに行くところを、レブロン・ジェームスブロックショットを決められてしまったが、当年のファイナルでは、NBA優勝を決めた第5戦で、ドウェイン・ウェイドがダンクに持ち込んだところを、豪快にブロックショットを決めて、見事に "リベンジ" を果たしてみせた。そしてブラジル出身のNBA選手として初めてNBAチャンピオンリンクを獲得した。

2015年7月、アトランタ・ホークスにトレードにより移籍した[3]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ

ユーロリーグ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2003–04 サスキ・バスコニア 16 1 11.2 .619 .000 .632 2.4 .3 .4 .3 4.0
2004–05 サスキ・バスコニア 19 2 17.8 .533 .000 .487 4.5 .9 .7 .7 7.0
2005–06 サスキ・バスコニア 24 11 21.6 .599 .000 .547 4.6 .6 1.3 .5 9.5
2006–07 サスキ・バスコニア 20 12 24.7 .580 .000 .529 6.0 .8 1.4 .3 10.7
2007–08 サスキ・バスコニア 25 13 22.5 .618 .000 .645 5.0 1.1 1.0 .8 14.0
2008–09 サスキ・バスコニア 17 12 24.7 .655 .000 .602 5.4 1.6 .6 1.6 14.0
2009–10 Caja Laboral 16 14 26.7 .535 .000 .636 5.4 1.8 .8 .5 13.0
Career 137 65 21.5 .593 .000 .582 4.8 1.0 .9 .7 10.5

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010–11 スパーズ 60 6 12.3 .529 .000 .543 3.4 .4 .5 .3 4.6
2011–12 スパーズ 59 2 19.0 .618 .000 .691 5.2 1.1 .4 .8 9.3
2012–13 スパーズ 81 58 24.7 .560 .000 .730 6.4 1.6 .8 .8 10.3
2013–14 スパーズ 59 50 21.5 .523 .000 .699 6.2 1.5 .5 .5 8.2
2014–15 スパーズ 53 35 19.8 .558 .000 .750 4.8 1.5 .7 .7 8.2
Career 311 151 19.8 .560 .000 .690 5.3 1.3 .6 .6 8.3

NBAプレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2011 スパーズ 3 0 16.7 .625 .000 .000 4.7 .3 1.0 .3 6.7
2012 スパーズ 13 0 12.9 .638 .000 .372 2.8 .8 .4 .3 5.8
2013 スパーズ 19 15 20.4 .536 .000 .788 3.1 1.2 .8 .7 6.1
2014NBA FINAL CHAMP.png スパーズ 23 18 22.4 .610 .000 .718 6.1 2.0 .7 .5 7.5
2015 スパーズ 7 7 17.6 .375 .000 .316 4.4 1.3 .6 .1 3.4
Career 65 40 19.2 .572 .000 .586 4.3 1.4 .7 .5 6.3

ブラジル代表[編集]

ブラジル代表として2003年にはパンアメリカン大会南米選手権優勝に貢献。

2006年の世界選手権にも出場。

脚注[編集]

  1. ^ Tiago Splitter named MVP of ACB”. Sportando.net. 2012年2月26日閲覧。
  2. ^ Spurs Sign Tiago Splitter”. NBA.com (2010年7月12日). 2012年3月28日閲覧。
  3. ^ Spurs Trade Tiago Splitter To Hawks”. RealGM.com (2015年7月1日). 2015年7月2日閲覧。

関連項目[編集]

 外部リンク[編集]