カール・ランドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・ランドリー
Carl Landry
Carl Landry - Kings.jpg
サクラメント・キングス時代のランドリー
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ  No.7
ポジション パワーフォワード
背番号 7
身長 206cm  (6 ft 9 in)
体重 112kg (247 lb)
ウィングスパン 212cm  (6 ft 12 in)
シューズ ピーク
基本情報
本名 Carl Christopher Landry
ラテン文字 Carl Landry
誕生日 1983年9月19日(31歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州ミルウォーキー
出身 パデュー大学
ドラフト 2007年 31位
選手経歴
2007-2010
2010-2011
2011-2012
2012-2013
2013-2015
2015-
ヒューストン・ロケッツ
サクラメント・キングス
ニューオーリンズ・ホーネッツ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
サクラメント・キングス
フィラデルフィア・76ers
受賞歴

カール・ランドリーCarl Christopher Landry, 1983年9月19日 - )はアメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキー出身のバスケットボール選手。NBAフィラデルフィア・76ersに所属している。ポジションはパワーフォワード。206cm、112kg。

経歴[編集]

学生時代[編集]

ヴィンセント高校卒業後、ヴァンセンヌ大学に進学。1年目の2002-03シーズンは、手の骨折でシーズンの半分を欠場するが、14.7得点8.7リバウンドを記録した。翌2003-04シーズンには19.6得点8.9リバウンド2.3ブロック、FG成功率73.8%を記録し、ジュニアカレッジのオールアメリカファーストチームと、All-Regionの最優秀選手に選ばれた。

ヴァンセンヌ大学では2シーズンプレイし、その後パデュー大学に転校した。2004-05シーズンは18.2得点7.1リバウンド、FG成功率61.8%を記録し、ビッグ・テン・カンファレンスのセカンドチームに選ばれたが、シーズン終盤に膝を故障してしまい、翌シーズンは回復に専念するため試合に参加できないレッドシャツとして過ごした。膝を完治させ、万全な状態で臨んだ翌2006-07シーズンは、18.9得点7.3リバウンドを記録。カンファレンス史上初となる3週連続カンファレンス週間MVPを獲得し、カンファレンスのファーストチームにも選ばれた。

NBAキャリア[編集]

大学卒業後、2007年のNBAドラフトにエントリーし、シアトル・スーパーソニックスから2巡目全体31位で指名を受けたが、後に将来のドラフト2巡目指名権との引き換えでヒューストン・ロケッツにトレードされた。ドラフト指名順位、トレードの交換条件を見ても分かるように、ドラフト時のランドリーの評価は決して高いものではなかった。

ルーキーイヤーとなった2007-08シーズン序盤はベンチを暖める日々が続いたが、シーズン中盤から出場時間が増え始めた。特にエースセンターの姚明が足の骨折でシーズン絶望となると、ランドリーのチーム内での価値は飛躍的に高まり、このシーズンにロケッツが姚明を失ってもなお記録したリーグ史上2番目となる22連勝の期間中にも、二桁得点を連発するなどして大きく貢献した。シーズン成績は8.1得点4.9リバウンドで、オールルーキーセカンドチームに選ばれた。プレーオフ1回戦のユタ・ジャズとのシリーズでは、第3戦で自身の前歯と引き換えに、デロン・ウィリアムスのシュートをブロックし、チームの勝利に貢献したが、プレーオフ1回戦突破はならなかった。

その後2010年2月までロケッツでプレーした後、サクラメント・キングスニューオーリンズ・ホーネッツを経て2012-13シーズンはゴールデンステート・ウォリアーズでプレーし、ペンチプレーヤーとして快進撃を支えた。2013-14シーズンより再びキングスでプレーしている。

その他[編集]

ニューヨーク・ニックスボストン・セルティックスでプレーしていたマーカス・ランドリーは弟。

外部リンク[編集]