トレイ・バーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トレイ・バーク
Trey Burke
Trey Burke (30812314104).jpg
ワシントン・ウィザーズでのバーク (2017年)
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ  No.23
ポジション PG
背番号 23
身長 185cm (6 ft 1 in)
体重 86kg (190 lb)
ウィングスパン 195cm  (6 ft 5 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Alfonso Clark Burke III
愛称 "Trey"
ラテン文字 Trey Burke
誕生日 (1992-11-12) 1992年11月12日(26歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州の旗 オハイオ州コロンバス
出身 ミシガン大学
ドラフト 2013年 9位 
選手経歴
2013-2016
2016-2017
2017-2018
2018-2019
2019-
2019-
ユタ・ジャズ
ワシントン・ウィザーズ
ウェストチェスター・ニックス (Gリーグ)
ニューヨーク・ニックス
ダラス・マーベリックス
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
受賞歴

トレイ・バーク (Trey Burke) こと、アルフォンソ・クラーク・バーク3世 (Alfonso Clark Burke III 1992年11月12日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州コロンバス出身のプロバスケットボール選手。NBAフィラデルフィア・セブンティシクサーズに所属している。ポジションはポイントガード

来歴[編集]

オハイオ州でも有名な選手だったバークは、大学進学の際に数多くの有力校からのリクルートを受けた中、最終的にミシガン大学に進学。1年生から活躍し、一度は2012年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明したものの回避[1]。もう1年プレーし、2013年度のボブ・クージー賞に選出された[2]。これで自信を付けたバークは、2013年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明[3]
ドラフト会議当日、バークレイズ・センターを訪れたデトロイト・ピストンズのファンは、8位指名権を持っていたピストンズが、このミシガン大学のスター選手を指名するのを待ち望んでいた。しかしピストンズが指名したのは、ジョージア大学ケンタビオス・コールドウェル=ポープ。ピストンズファンからは落胆の声とブーイングが飛び交った。バークはその直後の9位でミネソタ・ティンバーウルブズから指名されるも、当日にユタ・ジャズとの交渉権のトレードが行われ、ジャズが14位で指名したシャバズ・ムハンマド、21位で指名したゴルグイ・ディエングとのトレードが成立し[4]、ジャズの一員としてNBAのキャリアがスタートした。

1年目の2013-14シーズンは、チームが低迷する中、平均12.8得点5.3アシストを記録するなど健闘し、NBAオールルーキーチームに選出された。しかし、翌2014-15シーズン途中にダンテ・エクザムにスターターを奪われて以降苦しみ、その後のラウル・ネトシェルビン・マックらとの争いにも敗れ、2016年7月3日にワシントン・ウィザーズに放出された[5]

2017年9月23日、オクラホマシティ・サンダーとの契約に合意した[6]ものの、翌日バーク側の申し出で契約を解消した[7]。その後10月11日にニューヨーク・ニックスとの契約に合意した[8]ものの、シーズン開幕直前に解雇され、解雇後に傘下のウェストチェスター・ニックスに送られた。

2018年1月14日、ニックスと契約した[9]。2018年3月26日に行われたシャーロット・ホーネッツ戦でキャリア・ハイとなる42得点、12アシストを記録、試合はオーバータイムの末ホーネッツに137-128で敗れた[10]

2019年1月31日、クリスタプス・ポルジンギス絡みの大型トレードによりダラス・マーベリックスに移籍した[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]