ダンテ・エクザム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダンテ・エクザム
Dante Exum
Dante Exum Utah (cropped).jpg
ユタ・ジャズでのエクザム(2018年)
ヒューストン・ロケッツ  No.5
ポジション PG/SG
背番号 5
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 91kg (201 lb)
ウィングスパン 204cm  (6 ft 9 in)
シューズ アディダス
基本情報
本名 Dante Exum
ラテン文字 Dante Exum
誕生日 (1995-07-13) 1995年7月13日(26歳)
Flag of Australia (converted).svg オーストラリア
出身地 ビクトリア州の旗 ビクトリア州メルボルン
出身 オーストラリア国立スポーツ研究所
ドラフト 2014年 5位
選手経歴
2014-2020
2020-2021
2021-
ユタ・ジャズ
クリーブランド・キャバリアーズ
ヒューストン・ロケッツ
Stats ウィキデータを編集 NBA.com
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
代表歴
キャップ オーストラリアの旗 オーストラリア U-17 2012
オーストラリアの旗 オーストラリア U-18 2013
オーストラリアの旗 オーストラリア 2014
獲得メダル
男子バスケットボール
Flag of Australia (converted).svg オーストラリア
オリンピック
2020 東京

ダンテ・エクザム (Dante Exum 1995年7月13日 - )は、オーストラリアビクトリア州メルボルン出身のプロバスケットボール選手。NBAヒューストン・ロケッツに所属している。父のセシル・エクザムも元NBA選手だった。

来歴[編集]

幼少の頃からバスケットボールオーストラリアンフットボールを楽しんできたエクザムは、元NBA選手の父を追うべく、キャンベラ大学入学時にバスケットボールに専念。その傍らでオーストラリア国立スポーツ研究所でスポーツ選手としての修行を積み、2013年のナイキ・フープサミットにも出場するまでに成長した[1]。これで自信を付けたエクザムは、NBAに挑戦することを決意[2]2014年のNBAドラフトにエントリーした。

ユタ・ジャズ[編集]

全体5位でユタ・ジャズから指名され[3]、ルーキーシーズンは全82試合にフル出場した。

2015年8月5日、オーストラリア代表の合宿中だったエクサムは、スロベニア代表との練習試合で、左膝を負傷。その後の検査の結果、前十字靭帯を断裂したことが判明[4][5]オーストラリア代表での活動は勿論ながら、NBA2015-16シーズンの全休を強いられ、2016-17シーズン開幕戦で復帰した。しかし、2017年10月6日のフェニックス・サンズとのプレシーズンマッチで左肩を負傷し、2017-18シーズンは再び全休になると報じられた[6]

クリーブランド・キャバリアーズ[編集]

2019年12月24日、ジョーダン・クラークソンとのトレードでクリーブランド・キャバリアーズへ移籍した。キャバリアーズでのデビュー戦となった2020年1月5日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でキャリアハイとなる28得点を記録した。

ヒューストン・ロケッツ[編集]

2021年1月、キャバリアーズとブルックリン・ネッツヒューストン・ロケッツインディアナ・ペイサーズの4チームが絡む大型トレードで、ロケッツに移籍することが発表された[7]

NBA成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2014–15 UTA 82 41 22.2 .349 .314 .625 1.6 2.4 .5 .2 4.8
2015–16 Cruz Roja.svg負傷により全休
2016–17 66 26 18.6 .427 .295 .795 2.0 1.7 .3 .2 6.2
2017–18 14 0 16.8 .483 .278 .806 1.9 3.1 .6 .2 8.1
2018–19 42 1 15.8 .419 .290 .791 1.6 2.6 .3 .1 6.9
2019–20 11 0 7.5 .435 .333 1.000 1.1 .6 .1 .2 2.2
CLE 24 1 16.8 .479 .351 .732 2.3 1.4 .5 .3 5.6
Career 239 69 18.5 .407 .308 .766 1.8 2.1 .4 .2 5.7

プレースタイル[編集]

オフェンス力は平凡だが、堅実なディフェンスを評価され、守備的チームのユタで出場時間を得ていた。

オーストラリア代表[編集]

2012年から各世代の代表に招集され、2014年FIBAバスケットボール・ワールドカップでフル代表デビューを果たした。しかし、2016年のリオデジャネイロオリンピックの出場は、前述の重傷からのリハビリ中との理由で辞退を表明している。

家族[編集]

父のセシルはノースカロライナ州出身のアメリカ人で、母もアメリカ人である。セシルはノースカロライナ大学在学中にマイケル・ジョーダンジェームス・ウォージーらと共にプレーし、1982年のNCAAトーナメントで優勝を経験した。セシルはその後NBAではデンバー・ナゲッツなどでプレーし、1991年からオーストラリアでプレー。引退後もオーストラリアに定住している[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]