ドワイト・パウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドワイト・パウエル
Dwight Powell
Dwight Powell with Stanford.JPG
スタンフォード大学でのパウエル (2014年)
ダラス・マーベリックス  No.7
ポジション PF
背番号 7
身長 211cm (6 ft 11 in)
体重 109kg (240 lb)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Dwight Harlan Powell
ラテン文字 Dwight Powell
誕生日 (1991-07-20) 1991年7月20日(26歳)
カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州の旗 オンタリオ州トロント
出身 スタンフォード大学
ドラフト 2014年 45位シャーロット・ホーネッツ 
選手経歴
2014

2014-
ボストン・セルティックス
(メーン・レッドクロウズ/DLアサイン)
ダラス・マーベリックス
(テキサス・レジェンズ/DLアサイン)
キャリアスタッツ
NBA
Stats Basketball-Reference

ドワイト・パウエルDwight Harlan Powell, 1991年7月20日 - )は、カナダオンタリオ州トロント出身のバスケットボール選手。身長211cm、体重109kg。ポジションはパワーフォワードNBAダラス・マーベリックスに所属している。

経歴[編集]

ハイスクール[編集]

フロリダ州ブレイデントンIMGアカデミーに入学し、シニア年次に平均 23.2 得点、11.6 リバウンド、4.4 アシスト、2.3 ブロックの個人成績を残した[1] 2010年の大学リクルートサイトで全体25位、パワーフォワード8位、五つ星の評価を得た[2]

カレッジ[編集]

2010年から2014年まで、スタンフォード大学で4シーズンプレーし、1年次には31試合に出場し、平均5.8得点、4.6リバウンド、の記録を残し、2011年、パシフィック10カンファレンスのオール・ルーキー・チームに選出された[1]。2年次には35試合に出場し、平均5.8得点、4.6リバウンド、の記録を残し、NITのチャンピオンとなり、パシフィック12カンファレンスの[1]。 3年次には34試合に出場し、平均14.9得点、8.4リバウンド、の記録を残し、NABC全地域セカンドチーム, オール・パシフィック12・ファーストチームと、パシフィック12オールアカデミック・セカンドチームに選ばれた[1]。4年次には36試合に出場し、平均14.0得点、6.9リバウンド、の記録を残し、2度目のオール・パシフィック12・ファーストチームに選ばれた[1]

NBA[編集]

ボストン・セルティックス (2014)[編集]

2014年6月26日、NBAドラフト、2巡目45位でシャーロット・ホーネッツに指名され[3]2014年7月12日、交渉権がブレンダン・ヘイウッドと共にスコティ・ホプソンと金銭交換でクリーブランド・キャバリアーズにトレードされ[4]、キャバリアーズからサマーリーグに参加し、8月23日にそのまま契約した[5]。 2014年9月25日, he was traded, along with ジョン・ルーカスIII, エリック・マーフィー, マルコム・トーマスと2016年と2017年のドラフト2巡目指名権とともにキース・ボーガンスと将来のドラフト2巡目指名権と交換でボストン・セルティックスにトレードされた[6]。2度のトレードを経てルーキーシーズンをボストンで出迎えたが、Dリーグメーン・レッドクロウズに数回アサインされた[7]

ダラス・マーベリックス (2014–)[編集]

2014年12月18日、ジェー・クロウダー, ジャミーア・ネルソン, ブランダン・ライトと2015年ドラフト1巡目2016年2巡目指名権と交換に、ラジョン・ロンドと共にダラス・マーベリックスにトレードされた[8]。2015年1月14日、デンバー・ナゲッツ戦でシーズンハイの11 得点を記録した[9]。ダラスでもシーズン中、複数回、Dリーグテキサス・レジェンズにアサインされた[7]。 2015年7月20日、ダラスからサマーリーグに参加し、開幕ロースターに残り、2015年11月3日、10 得点、10 リバウンドの自身初のダブルダブルを記録した[10]。4日後には、キャリアハイとなる15 得点、7 リバウンドの成績を残した[11]

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]