グレイヴィス・ヴァスケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヴァスケス第二姓(母方の)はロドリゲスです。
グレイヴィス・ヴァスケス
Greivis Vasquez
Greivis Vasquez (17077807927).jpg
トロント・ラプターズでのヴァスケス (2015年)
FA
ポジション PG
背番号 21
身長 198cm  (6 ft 6 in)
体重 91kg (201 lb)
ウィングスパン 204cm  (6 ft 9 in)
シューズ アンダーアーマー
基本情報
本名 Greivis Josue Vásquez Rodríguez
愛称 G.V.
ラテン文字 Greivis Vasquez
スペイン語 Greivis Josue Vásquez Rodríguez
誕生日 (1987-01-16) 1987年1月16日(30歳)
ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 首都地区(ベネズエラ)の旗 首都地区
ミランダ州の旗ミランダ州カラカス
出身 メリーランド大学
ドラフト 2010年 28位 
選手経歴
2010-2011
2011-2013
2013-
2013-2015
2015-2016
2016
メンフィス・グリズリーズ メンフィス・グリズリーズ
ニューオーリンズ・ホーネッツ
サクラメント・キングス
トロント・ラプターズ
ミルウォーキー・バックス
ブルックリン・ネッツ
受賞歴
代表歴
キャップ ベネズエラの旗 ベネズエラ 2007-2015

グレイヴィス・ヴァスケスGreivis Vasquez)ことグレイヴィス・ホスエ・ヴァスケス・ロドリゲスGreivis Josue Vásquez Rodríguez , 1987年1月16日 - )は、ベネズエラのプロバスケットボール選手NBAニューオーリンズ・ホーネッツなどに所属していた。首都地区ミランダ州カラカス出身。ポジションはポイントガード。198cm、91kg。

来歴[編集]

NBA選手を目指す為に渡米したバスケスは、メリーランド州のモントロスクリスチャン高校に留学。ケビン・デュラント伊藤大司とチームメイトとなった。卒業後、メリーランド大学に進学した。

1年次は当初先発出場していなかったが、シーズン途中からシューティングガードで先発するようになり、1試合平均9.8得点、4.7アシスト、3.3リバウンド、シュート成功率44.4%、3ポイントシュート成功率31.6%、フリースロー成功率79.8%の成績をあげた。2年次には平均17得点、6.8アシスト、5.7リバウンド、シュート成功率43.2%、3ポイントシュート成功率30.9%、フリースロー成功率78.2%の成績をあげた。

3年次にはチームトップの平均17.5得点、5.4リバウンド、5.0アシスト、1.40スティール、34.6分の出場を果たした。得点、リバウンド。アシストの3部門でトップになったのはメリーランド大学史上初めてのことであった。2009年2月21日のノースカロライナ大学戦では自己最高の35得点、11リバウンド、10アシストをあげて大学史上3人目となるトリプル・ダブルを達成し、オーバータイムでの勝利に貢献した[1]。この年バスケスはアトランティック・コースト・カンファレンスで7位の得点、3位のフリースロー成功率(86.7%)、3位のアシスト、5位の平均出場時間を記録した。61試合中57試合で二桁得点をあげ、最後の10試合中5試合で20得点以上をあげた。シーズン終了後NBAのワークアウトに参加、スカウトからも良い評価を受けるも、デッドライン直前にバスケスはアーリーエントリーをせず、大学に残ることを決めた。

4年次には平均19.6得点、6.3アシスト、4.6リバウンド、1.7スティールをあげた。このシーズン、カレッジバスケットボールで18得点以上、6アシスト以上を果たしたのは彼だけであった。バスケットボール殿堂よりボブ・クージー賞(NCAAで最優秀のポイントガードに与えられる賞)に選ばれた[2]。2010年2月20日のジョージア工科大学戦で2000得点を達成、カンファレンス史上初の2000得点、700アシスト、600リバウンドを達成した選手になった。翌週のバージニア工科大学戦では自己最高の41得点をあげて、ダブルオーバータイムの末勝利した[3]。この年バスケスはアトランティック・コースト・カンファレンス最優秀選手英語版にも選ばれた。またオールアメリカンのセカンドチームにも選ばれた[4]。このシーズン、ベネズエラ代表にも選ばれた。

2010年のNBAドラフトにてメンフィス・グリズリーズに全体28位で指名された[5]。シーズン中はあまりプレイタイムをもらえなかったが、ウェスタン・カンファレンス第1シードのサンアントニオ・スパーズとのプレーオフ1回戦の第4戦、先発ポイントガードのマイク・コンリーがファウルトラブルに見舞われたこともあり、13分間の出場で9得点、2アシストをあげて104-86での勝利に貢献した。第6戦でも23分の出場で11得点をあげた。カンファレンス準決勝のオクラホマシティ・サンダー戦では高校時代のチームメートケビン・デュラントと対戦した。第4戦でコンリーがファウルアウト、バスケスは同点となる3ポイントシュートを決めたが、トリプルオーバータイムの末、チームは敗れた[6]

2011年12月24日、クインシー・ポンデクスターとのトレードでニューオーリンズ・ホーネッツに移籍した[7]

2012年2月1日のフェニックス・サンズ戦ではベンチスタートから、20得点、12アシストをあげた。

2013年7月10日、タイリーク・エバンスのサイン・アンド・トレードに絡んだ三角トレードでサクラメント・キングスに移籍したが、12月9日に、ルディ・ゲイが絡んだ大型トレードで、トロント・ラプターズに移籍。ラブターズ加入後は、カイル・ロウリーの控えを務めた。 2014年7月17日、ラブターズと2年1300万ドルで再契約。 2015年のNBAドラフトが開催された2015年6月25日、ミルウォーキー・バックスの同年の2巡目指名権との交換トレードでバックスに移籍した[8]

2016年7月10日、ブルックリン・ネッツと契約した[9]ものの、11月8日に解雇された[10]

脚注[編集]

  1. ^ Vasquez records triple-double to lead Maryland's rally past No. 3 UNC”. ESPN (2009年2月21日). 2012年3月17日閲覧。
  2. ^ Maryland's Vasquez Named 2010 Bob Cousy Award Winner by Basketball Hall of Fame”. アトランティック・コースト・カンファレンス (2010年4月1日). 2012年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月17日閲覧。
  3. ^ Terps outlast Va. Tech in double overtime”. ボルチモア・サン (2010年2月27日). 2012年3月17日閲覧。
  4. ^ Greivis Vasquez Earns Consensus All-American Honors”. コムキャスト・スポーツネット (2010年4月3日). 2012年3月17日閲覧。
  5. ^ Greivis Vasquez drafted, celebration begins”. ワシントン・ポスト (2010年6月24日). 2012年3月17日閲覧。
  6. ^ Thunder-Grizzlies notebook”. nba.com (2011年5月9日). 2012年3月17日閲覧。
  7. ^ HORNETS ACQUIRE GREIVIS VASQUEZ”. nba.com (2011年12月24日). 2012年3月17日閲覧。
  8. ^ BUCKS ACQUIRE GREIVIS VASQUEZ
  9. ^ Nets To Sign Greivis Vasquez
  10. ^ Nets waive Greivis Vasquez and sign Yogi Ferrell

関連項目[編集]

外部リンク[編集]