タイ・ローソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイ・ローソン
Ty Lawson
Ty Lawson 2018.jpg
フリーエージェント
ポジション PG
身長 183cm (6 ft 0 in)
体重 88kg (194 lb)
ウィングスパン 190cm  (6 ft 3 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Tywon Ronell Lawson
ラテン文字 Ty Lawson
誕生日 (1987-11-03) 1987年11月3日(33歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州の旗 メリーランド州クリントン
出身 ノースカロライナ大学
ドラフト 2009年 18位 
選手経歴
2009-2011
2011
2011-2015
2015-2016
2016
2016-2017
2017-2018
2018
2018-2019
2019-2020
2020-2021
デンバー・ナゲッツ
BCジャルギリス
デンバー・ナゲッツ
ヒューストン・ロケッツ
インディアナ・ペイサーズ
サクラメント・キングス
山西汾酒猛龍籃球倶楽部
ワシントン・ウィザーズ
山西汾酒猛龍籃球倶楽部
福建鱘潯興籃球倶楽部
コロッソス・ロドウBC
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 NBA.com

タイ・ローソン(Tywon "Ty" Ronell Lawson 1987年11月3日 - )はアメリカ合衆国メリーランド州クリントン出身のバスケットボール選手。ポジションはポイントガード

略歴[編集]

高校時代、USAトゥデイからオールアメリカンに選ばれると共にマクダナルズ・オール・アメリカンゲームやナイキ・フープサミットに出場した。

高校卒業後はノースカロライナ大学に進学した。1年次の2006-2007シーズンは38試合に出場し5.6アシスト10.2ポイントという成績を残し、アトランティック・コースト・カンファレンスでの優勝に貢献した。2007-2008シーズンにはチームはNCAAトーナメントのファイナル4に進出した。2008年のNBAドラフトへのアーリーエントリーをしていたが登録期限の6月16日直前の6月6日、飲酒運転の取り締まりを受けて基準値は下回っていたものの無免許運転だったため罰金を科せられた[1]。このためチームメートのウェイン・エリントンダニー・グリーンタイラー・ハンズブローと共に大学に残った。2008-2009シーズン、チームはNCAAトーナメントでチャンピオンに輝いた。彼もアトランティック・コースト・カンファレンスの最優秀選手に輝いた。これはポイントガードの選手としては1978年のフィル・フォード以来となる快挙であった[2]。またこの年カレッジバスケットボール最高のポイントガードに与えられるボブ・クージー賞も受賞した。

2009年のNBAドラフト1巡目18位でミネソタ・ティンバーウルブズに指名されたが、翌年のドラフト1巡指名権と引き替えでデンバー・ナゲッツに入団し[3]1年目からNBA屈指のガード、チャンシー・ビラップスと共にコンボガードや2ndガードとして活躍した。2009年11月13日のロサンゼルス・レイカーズ戦では5-11(180cm)と小柄ながら前年のチャンピオン相手に豪快なダンクを見せた。

その後、2010-11シーズン途中からチャウンシー・ビラップスに代わり、エースポイントガードとして活躍し、チームキャプテンも務めていたが、チームを勝たせることが出来ず、更にコート外でのトラブルを連発させたことが問題となり、2015年7月19日に大型トレードでヒューストン・ロケッツに放出された[4]。そのロケッツでも戦術に馴染めず、2016年3月1日にバイアウトで解雇[5]。同月3日にインディアナ・ペイサーズとシーズン終了までの契約を結んだ[6]

2016年8月28日、サクラメント・キングスと契約した。

個人成績[編集]

Template:Euroleague player statistics legend

NBA[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2009–10 DEN 65 8 20.3 .515 .410 .757 1.9 3.1 .7 .0 8.3
2010–11 80 31 26.3 .503 .404 .764 2.6 4.7 1.0 .1 11.7
2011–12 61 61 34.8 .488 .365 .824 3.7 6.6 1.3 .1 16.4
2012–13 73 71 34.4 .461 .366 .756 2.7 6.9 1.5 .1 16.7
2013–14 62 61 35.9 .431 .356 .798 3.5 8.8 1.6 .2 17.6
2014–15 75 75 35.5 .436 .341 .730 3.1 9.6 1.2 .1 15.2
2015–16 HOU 53 12 22.2 .387 .330 .700 1.7 3.4 .8 .1 5.8
2015–16 IND 13 1 18.1 .418 .357 .500 2.4 4.4 .8 .1 4.9
2016–17 SAC 69 24 25.1 .454 .288 .797 2.6 4.8 1.1 .1 9.9
Career 551 344 29.2 .460 .359 .770 2.7 6.0 1.2 .1 12.7

Playoffs[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010 DEN 6 0 19.7 .429 .400 .684 1.3 2.7 1.0 .0 7.8
2011 5 5 33.4 .500 .455 .913 3.4 3.8 1.0 .2 15.6
2012 7 7 34.6 .514 .321 .632 2.6 6.0 1.0 .1 19.0
2013 6 6 39.3 .440 .190 .848 3.3 8.0 1.7 .0 21.3
2016 IND 7 0 10.6 .333 .000 .667 1.0 1.4 .4 .0 2.3
2018 WAS 5 0 19.2 .346 .625 1.000 2.6 3.0 0.6 .0 5.8
Career 36 18 25.9 .458 .333 .792 2.3 4.2 0.9 .1 12.0

ユーロリーグ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG PIR
2011–12 BCジャルギリス 19 14 19.3 .471 .333 .710 2.3 1.8 1.0 .0 8.2 7.9
Career 19 14 19.3 .471 .333 .710 2.3 1.8 1.0 .0 8.2 7.9

CBA[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017–18 山東 46 6 36.1 .548 .401 .835 4.6 6.5 2.2 .04 25.5
2018-19 24 2 35.0 .511 .352 .841 3.9 8.7 1.8 .04 26.5
2019-20 福建 33 21 35.0 .514 .428 .829 5.6 8.8 2.7 .09 27.3
Career 103 29 36.0 .528 .397 .834 4.8 7.8 2.3 .06 26.3

プレースタイル[編集]

ゲームメイクが中心でスピードが魅力の選手である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Draft-eligible Tar Heel Lawson charged with alcohol offense”. CBSスポーツ (2008年6月6日). 2010年2月20日閲覧。
  2. ^ Lawson Named ACC Player Of The Year”. ノースカロライナ大学 (2009年3月10日). 2010年2月20日閲覧。
  3. ^ Wolves trade Lawson to Denver” (2009年6月25日). 2010年2月20日閲覧。
  4. ^ Rockets Acquire Ty Lawson From Nuggets
  5. ^ Rockets Agree To Buyout With Ty Lawson
  6. ^ Ty Lawson signs deal with Indiana Pacers

外部リンク[編集]