サガナ・ジョップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サガナ・ジョップ
DeSagana Diop
DeSagana Diop Cavaliers.jpg
現役時代 (クリーブランド・キャバリアーズ) のジョップ
テキサス・レジェンズ AC
役職 アシスタントコーチ
ポジション
(現役時)
センター
背番号(現役時) 7, 52, 14, 2
身長(現役時) 213cm  (7 ft 0 in)
体重(現役時) 127kg (280 lb)
基本情報
本名 デサガナ・ンガニュ・ジョップ
ラテン文字 DeSagana Diop
フランス語 DeSagana N'gagne Diop
誕生日 1982年1月30日(34歳)
セネガルの旗 セネガル
出身地 ダカール州ダカール県ダカール
出身 オークヒル・アカデミー高校
(バージニア州)
ドラフト 2001年 8位 
選手経歴
2001-2005
2005-2008
2008
2008-2009
2009-2012
クリーブランド・キャバリアーズ クリーブランド・キャバリアーズ
ダラス・マーベリックス ダラス・マーベリックス
ニュージャージー・ネッツ ニュージャージー・ネッツ
ダラス・マーベリックス ダラス・マーベリックス
シャーロット・ボブキャッツ シャーロット・ボブキャッツ
指導者経歴
2014- テキサス・レジェンズ (AC)
代表歴
キャップ セネガルの旗 2001年

サガナ・ジョップDeSagana Diop)ことデサガナ・ンガニュ・ジョップDeSagana N'gagne Diop1982年1月30日-)はセネガルのプロ元バスケットボール選手ダカール州ダカール県ダカール出身。ポジションはセンター。身長213cm、体重127kg。

経歴[編集]

高校[編集]

ジョップが本格的にバスケットボールを始めたのは、ヴァージニア州の名門オークヒル高校に入学してからだった。このとき15歳。比較的遅い時期に始めたにも係わらず、ジョップは高校通算で平均14.6得点、13.2リバウンド、8.0ブロックという驚異的な数字を記録した。この間、オークヒル高校は33勝0敗の圧倒的な強さを誇った。またジョップはUSAトゥデイが選出するヴァージニア州の年間最優秀選手にも選ばれた。学生時代に憧れていた選手は「ザ・ドリーム」ことヒューストン・ロケッツの大スターだったアキーム・オラジュワンである。

NBA[編集]

ジョップは2001年NBAドラフトにおいて全体8番目でクリーブランド・キャバリアーズから指名されて入団した。キャブスでは4シーズン在籍し、193試合に出場した。そのほとんどがベンチ(控え選手)からの出場だったが、頼みの綱であるディフェンスは全くふるわず、あまりチームに貢献したとは言えない働きしかできなかった。怪我にも頻繁に見舞われ、体重の問題なども次々に重なった。再契約することなくフリーエージェントになり、2005年オフにオフェンシブなチーム構成が売りのダラス・マーベリックスに3年契約で移籍した。

当初、目立った成績を残していないジョップに対し、地元ファンは疑いの目を向けざるを得なかった。しかし開幕するや否や、エリック・ダンピアーの第1の控え選手として多くの出場時間を与えられ、リバウンドやブロックなどのディフェンス面でチームに貢献した。11月のデンバー・ナゲッツ戦では、ジョップがカーメロ・アンソニーのあわやウィニングショットとなるシュートを阻止した。年末になると、ダンピアの不調もあってかスターター(先発出場)抜擢。これまで昨シーズンは10分以下だった出場時間は上昇し、一気に平均18分の出場を記録した。マーベリックスの歴史上初めてとなったNBAファイナルまで、先発出場は継続された。

コーチ歴[編集]

2014年11月28日、Dリーグテキサス・レジェンズのコーチングスタッフに加わり[1]、2015年10月19日アシスタントコーチに昇格した[2]

プレースタイル[編集]

ディフェンス面においての働きが評価される選手である。リバウンドにおいても成長は著しく、マーベリックスに移籍した2005-06シーズンは平均18分の出場ながらキャリアハイの1.8ブロック記録した。欠点はペリメーター付近からの短いシュート(かといって3Pシュートが得意ではない)や、フリースローなどである。本人も自覚しているからか、果敢にもシュートに挑むことは稀である。ちなみに2006年オフはポストプレーの上達を目標に掲げていた。ブロックやリバウンドなどの爆発的なプレイが得意な反面、ペイントエリア内での細かいプレイを苦手とする傾向がある。これはオフェンスでも同様のことが言えるが、度々ファウルを量産し、最終クオーターを待たずしてファウルアウトになってしまうこともあった。

個人記録[編集]

シーズン記録[編集]

  • 2001-2002:18試合出場、1.4得点、0.9リバウンド、0.3アシスト、0.56ブロック
  • 2002-2002:80試合出場、1.5得点、2.7リバウンド、0.5アシスト、1.01ブロック
  • 2003-2004:56試合出場、2.3得点、3.6リバウンド、0.6アシスト、0.91ブロック
  • 2004-2005:39試合出場、1.0得点、1.8リバウンド、0.4アシスト、0.69ブロック
  • 2005-2006:81試合出場、2.3得点、4.6リバウンド、0.3アシスト、1.80ブロック

1試合最多記録[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Nick Van Exel, DeSagana Diop Join Legends’ Coaching Staff”. CBSLocal.com (2014年11月11日). 2014年11月11日閲覧。
  2. ^ Legends Round out Coaches' Bench”. OurSportsCentral.com (2015年10月19日). 2015年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]