ジョージ・カール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・カール
George Karl
George Karl.jpg
サクラメント・キングス HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション
(現役時)
G
背番号(現役時) 22
身長(現役時) 188cm  (6 ft 2 in)
体重(現役時) 84kg (185 lb)
基本情報
本名 George Matthew Karl
ラテン文字 George Karl
誕生日 1951年5月12日(64歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ペンヒルズ
出身 ノースカロライナ大学
選手経歴
1973-1978 サンアントニオ・スパーズ
指導者経歴
1984–1986
1986-1988
1992–1998
1998–2003
2005–2013
2015-
クリーブランド・キャバリアーズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
シアトル・スーパーソニックス
ミルウォーキー・バックス
デンバー・ナゲッツ
サクラメント・キングス
受賞歴

ジョージ・カール(George Matthew Karl、1951年5月12日 - )は、アメリカ合衆国出身の元バスケットボール選手、引退後はコーチとなる。ペンシルベニア州ペンヒルズ生まれ。プロ歴 1973-1978年。身長188センチ。ポジションはガード。NBAヘッドコーチとして有名な人物。現在はサクラメント・キングスのヘッドコーチを務めている。

キャリア[編集]

ノースカロライナ大学出身。1973年にサンアントニオ・スパーズと契約。スパーズは当時ABAに所属していた。1973年から1976年までをABAで、その後1978年までをNBAで、控えのポイントガードとしてプレーし、264試合に出場し、平均6.5得点、3アシストの成績を残している。

コーチ[編集]

カールはNBA時代のスパーズのアシスタントコーチとなる。2年後に、CBAモンタナ・ゴールデンナゲッツ(グレートフォールズ)のヘッドコーチとなる。カールは2回、最優秀CBAコーチを獲得した。1983年にクリーブランド・キャバリアーズのフロント入り、1984年に正式にヘッドコーチとなる。67試合采配を振って辞任。その後、ゴールデンステート・ウォリアーズのヘッドコーチを務めるも2年目で解任。この時代、コーチとして結果を残せなかった。再びCBAのオールバニ・パトルーンズで4年間コーチに就任。

カールは1991-1998年からのシアトル・スーパーソニックスのヘッドコーチとしてNBAに戻る。1991-92年のシーズン途中の20勝20敗から就任して47勝35敗の成績でプレイオフに出場する。ゲイリー・ペイトンショーン・ケンプを中心に1992-1998までの6年間は55勝以上し、1994年にはウェスタン・カンファレンス第1シードであったもののプレーオフ1回戦で第8シードのデンバー・ナゲッツに敗れた。NBAプレーオフで第1シードが第8シードに敗れたのはこれが初めてであった。その後1996年にはNBAファイナルまで進んだが2勝4敗でシカゴ・ブルズに敗れた。このファイナルでは第3戦まで守備のスペシャリストのネイト・マクミランを欠いた。

1998年に、ヘッドコーチとしてミルウォーキー・バックスへ移った。レイ・アレングレン・ロビンソンサム・キャセールらを上手く起用し、2001年には52勝30敗。2003年のシーズン後に解任された。

2005年の1月27日に臨時のヘッドコーチのマイケル・クーパーと交代してデンバー・ナゲッツのヘッドコーチになった。2004-05シーズンの後半にナゲッツは32勝8敗を記録した。2005年7月、前立腺癌に罹っていることを明らかにしたがこれを克服、2006年12月28日に、ナゲッツが112-98でスーパーソニックスを破った時にカールはコーチとして800勝を記録した。

2009-10シーズン、4度目となるオールスターゲームのコーチを務めたがその後、喉頭癌の治療のためチームを離れた[1]。2010-11シーズン、チームに復帰し、2010年12月10日に史上7人目の通算1000勝を達成した。その後2012-13シーズンの最優秀ヘッドコーチ賞を受賞しながらも、プレーオフ1回戦敗退の責任を取らされ解任された。

2014-15シーズン途中に、サクラメント・キングスのヘッドコーチに就任した[2]

実績[編集]

NBAヘッドコーチ実績表略号説明
レギュラーシーズン G 試合数 W 勝利数 L 敗戦数 W–L % レギュラーシーズン勝率
ポストシーズン PG 試合数 PW 勝利数 PL 敗戦数 PW–L % プレイオフ勝率
チーム シーズン G W L W–L% シーズン結果 PG PW PL PW–L% 最終結果
Cleveland 1984–85 82 36 46 .439 4th in Central 4 1 3 .250 1st.ラウンド敗退
Cleveland 1985–86 67 25 42 .373 (fired)
Golden State 1986–87 82 42 40 .512 3rd in Pacific 10 4 6 .400 カンファレンスセミファイナル敗退
Golden State 1987–88 64 16 48 .250 (fired)
Seattle 1991–92 42 27 15 .643 4th in Pacific 9 4 5 .444 カンファレンスセミファイナル敗退
Seattle 1992–93 82 55 27 .671 2nd in Pacific 19 10 9 .526 カンファレンスファイナル敗退
Seattle 1993–94 82 63 19 .768 1st in Pacific 5 2 3 .400 1st.ラウンド敗退
Seattle 1994–95 82 57 25 .695 2nd in Pacific 4 1 3 .250 Lost in 1st.ラウンド敗退
Seattle 1995–96 82 64 18 .780 1st in Pacific 21 13 8 .619 ファイナル敗退
Seattle 1996–97 82 57 25 .695 1st in Pacific 12 6 6 .500 カンファレンスセミファイナル敗退
Seattle 1997–98 82 61 21 .744 T-1st in Pacific 10 4 6 .400 カンファレンスセミファイナル敗退
Milwaukee 1998–99 50 28 22 .560 4th in Central 3 0 3 .000 1st.ラウンド敗退
Milwaukee 1999–00 82 42 40 .512 5th in Central 5 2 3 .400 1st.ラウンド敗退
Milwaukee 2000–01 82 52 30 .634 1st in Central 18 10 8 .250 カンファレンスファイナル敗退
Milwaukee 2001–02 82 41 41 .500 5th in Central Missed Playoffs
Milwaukee 2002–03 82 42 40 .512 4th in Central 6 2 4 .333 1st.ラウンド敗退
Denver 2004–05 40 32 8 .800 2nd in Northwest 5 1 4 .200 1st.ラウンド敗退
Denver 2005–06 82 44 38 .537 1st in Northwest 5 1 4 .200 1st.ラウンド敗退
Denver 2006–07 82 45 37 .549 2nd in Northwest 5 1 4 .200 1st.ラウンド敗退
Denver 2007–08 82 50 32 .610 2nd in Northwest 4 0 4 .000 1st.ラウンド敗退
Denver 2008–09 82 54 28 .659 1st in Northwest 16 10 6 .625 カンファレンスファイナル敗退
Denver 2009–10 82 53 29 .646 1st in Northwest 6 2 4 .250 1st.ラウンド敗退
Denver 2010–11 82 50 32 .644 2nd in Northwest 5 1 4 .200 1st.ラウンド敗退
Denver 2011–12 66 38 28 .576 2nd in Northwest 7 3 4 .429 1st.ラウンド敗退
Denver 2012–13 82 57 25 .695 2nd in Northwest 6 2 4 .333 1st.ラウンド敗退
Sacramento 2014–15 30 11 19 .367 4th in Pacific - - - Missed Playoffs
Career 1915 1142 773 .596 185 80 105 .432

家族[編集]

彼の息子のコビー・カールボイシ州立大学を卒業後、ロサンゼルス・レイカーズの控えガードを務めた後、数チームでプレーした。彼もまた甲状腺癌に罹ったがこれを克服している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]