ラリー・ヒューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・ヒューズ
Larry Hughes
Larry Hughes Apr 2007.jpg
引退
ポジション SG
身長 196cm  (6 ft 5 in)
体重 84kg (185 lb)
基本情報
本名 Larry Darnell Hughes
愛称 "Smooth", "STL"
ラテン文字 Larry Hughes
誕生日 1979年1月23日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州セントルイス
ドラフト 1998年 全体8位
選手経歴
1998-2000
2000-2002
2002-2005
2005-2008
2008-2009
2009-2010
2010
2011-2012
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ワシントン・ウィザーズ
クリーブランド・キャバリアーズ
シカゴ・ブルズ
ニューヨーク・ニックス
サクラメント・キングス
オーランド・マジック

ラリー・ヒューズLarry Darnell Hughes, 1979年1月23日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身の元プロバスケットボール選手。身長196cm、体重84kg。ポジションは主にシューティングガード

経歴[編集]

セントルイス大学在学中にアーリーエントリーを宣言。1998年のNBAドラフトで1巡全体8位でフィラデルフィア・セブンティシクサーズから指名されてNBA入りした。

当時のシクサーズのフロントは、1996年に獲得したスーパースターアレン・アイバーソンとヒューズのコンビに期待を寄せた。だが、二人のコンビはほとんど機能せず、1シーズン半を経過したところで、ヒューズはゴールデンステート・ウォリアーズにトレードされた。

ウォリアーズ移籍後の32試合は出場時間が倍増。全試合で先発し、1試合平均22.7得点(シクサーズとの換算だと15.0得点)をあげた。しかし、翌00-01シーズンは自身の怪我もあり、実力を発揮できなかった。2000年のNBAスラムダンクコンテストに出場したが、制限時間以内にダンクを決めることができなかった。

01-02シーズンにウォリアーズはジェイソン・リチャードソンを獲得。ヒューズとのポジションが重なり、出場時間が減少していった。そしてシーズン終了後フリーエージェントとなったヒューズはワシントン・ウィザーズへ移籍した。

ウィザーズでは年々成績を伸ばした。特に04-05シーズンギルバート・アリナスアントワン・ジェイミソンらと共にウィザーズをプレーオフに導いた。同シーズン、ヒューズはリーグのスティール王を受賞した[1]。またオールディフェンスファーストチームにも選ばれた[1]。シーズン終了後、再びフリーエージェントとなったヒューズに各チームがオファーを出す中、キャバリアーズと5年間7000万ドルで契約を結んだ。契約金に加えて、リーグを代表する若手スター、レブロン・ジェームズとプレーできるというのも大きな要因になったとされる。

そのキャバリアーズではサポートに徹することになった。この年、シーズン序盤に骨折するまで、37.6分出場し、チーム2位の平均16.2得点をあげ、チームは開幕から18勝10敗の成績をあげた。シーズン終盤に復帰し、チームはプレーオフに進出、レブロンらと共にNBAチャンピオンを目指したが、デトロイト・ピストンズとのカンファレンスファイナル中に実弟の不幸があり、3試合を欠場、第6戦で復帰した[2]ものの敗退した。

06-07シーズンも怪我に見舞われながらも70試合に出場。チームのポイントガードが手薄なため、ゲームメイクを任されるようになり、レブロンのアシスト役に徹した。プレイオフでは序盤こそチームを牽引する働きを見せ、チームはカンファレンスファイナルに進出したが、ヒューズは試合中に右足底の筋肉を傷めてしまう。チームはレブロンと予想外の活躍を見せたダニエル・ギブソンの活躍でNBAファイナルに進出。ヒューズはサンアントニオ・スパーズトニー・パーカーとマッチアップしたが、怪我を抱えた状態ではパーカーのスピードに付いていけず、2戦続けて大量得点を許した。ヒューズはポジションをルーキーのギブソンに譲り、3戦目以降ゲームに参加せず、チームが4戦全敗で敗退する姿をベンチから見守った。

トレードデッドラインの2008年2月21日、3チーム、11人が絡む大型トレードにて、ドリュー・グッデンセドリック・シモンズシャノン・ブラウンと共にベン・ウォーレスジョー・スミスとのトレードで、クリーブランド・キャバリアーズからシカゴ・ブルズへと移籍した[3]

2009年2月19日、トレード期限前に、ティム・トーマスジェローム・ジェームスアンソニー・ロバーソンとのトレードでニューヨーク・ニックスに移籍した。

2010年2月18日、ヒューストン・ロケッツサクラメント・キングスが絡む、三角トレードで、セルヒオ・ロドリゲスと入れ替わりで、キングスへ移籍したが、2月23日に解雇された。同年3月13日、シャーロット・ボブキャッツと契約を結んだ[1]

2011年12月9日、オーランド・マジックと契約、9試合に平均12.7分出場した後、2012年2月1日に解雇された[4]

人物[編集]

左目の下の方に涙のタトゥーをいれている。これは、2006年に他界した弟への悲しみを表している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Bobcats sign Larry Hughes”. nba.com (2010年3月13日). 2015年7月3日閲覧。
  2. ^ Cavs guard Hughes rejoins team for Game 6”. ESPN (2006年5月20日). 2015年7月3日閲覧。
  3. ^ Bulls acquire Gooden and Hughes in three-team trade”. nba.com (2008年2月21日). 2015年7月3日閲覧。
  4. ^ Magic Waive Larry Hughes”. nba.com (2012年2月1日). 2015年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]