カイル・クーズマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • カイル・クズマ
カイル・クーズマ
Kyle Kuzma
Kyle Kuzma (51815879993) (cropped).jpg
ワシントン・ウィザーズでのクーズマ
(2022年)
ワシントン・ウィザーズ  No.33
ポジション PF/SF
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1995-07-24) 1995年7月24日(27歳)
出身地 ミシガン州の旗 ミシガン州フリント
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 100kg (220 lb)
ウィングスパン 214cm  (7 ft 0 in)[1]
キャリア情報
大学 ユタ大学
NBAドラフト 2017年 / 1巡目 / 全体27位[1]
プロ選手期間 2017–現在
経歴
2017-2021ロサンゼルス・レイカーズ
2021-ワシントン・ウィザーズ
受賞歴
Stats Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

カイル・アレクサンダー・クーズマKyle Alexander Kuzma , 1995年7月24日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州フリント出身のバスケットボール選手。NBAワシントン・ウィザーズに所属している。ポジションはパワーフォワード

高校・大学[編集]

ミシガン州のベントリー高校の最終学年に、平均22得点 7リバウンドを記録するなど注目されたクーズマは、大学進学の際にコネチカット大学アイオワ州立大学テネシー大学ミズーリ大学などの誘いを受け、最終的にユタ大学に進学。3年生時の2016-17シーズンに平均16.2得点 9.3リバウンドの好成績を残し、Pac-12のファーストチームに選出された。

NBAキャリア[編集]

ロサンゼルス・レイカーズ[編集]

クーズマは4年生でのプレーはせずに2017年のNBAドラフトへのアーリーエントリーを表明[2]。27位でブルックリン・ネッツから指名された後、ドラフト開催日にブルック・ロペスデアンジェロ・ラッセルらが絡んだロサンゼルス・レイカーズとの大型トレードに組み込まれ、権利がレイカーズに移動[3]サマーリーグでファイナルMVPに選出されるなど、片鱗を見せた。

2017-18シーズン[編集]

2017年12月1日、ウェスタン・カンファレンスの10月、11月の月間最優秀新人選手賞に選出された[4]。2017年12月20日のヒューストン・ロケッツ戦では、キャリア・ハイとなる38得点を記録し、ロケッツの連勝を14で止めた[5]。2018年2月10日に行われたダラス・マーベリックス戦で12得点、キャリア・ハイとなる15リバウンドのダブル・ダブルを記録、試合は130-123でマーベリックスに敗れた[6]。4月4日に行われたサンアントニオ・スパーズ戦で30得点を記録、試合はレイカーズがオーバータイムの末、122-112で勝利した[7]。このシーズンは77試合で平均31.2分に出場し、16.1得点・6.3リバウンド・1.8アシストなどを記録し、NBAオールルーキーチーム1stチームに選ばれた(新人王ベン・シモンズだった)。

2018-2019シーズン[編集]

2019年1月7日のデトロイト・ピストンズ戦で自身最多の41得点を記録した[8]。このシーズンは70試合で平均33.1分に出場し、18.7得点・5.5リバウンド・2.5アシストなどを記録した。

2019-2020シーズン[編集]

この年からアンソニー・デイビスが加入したことにより控えに回った。チームはプレーオフを勝ち上がり優勝し、自身初優勝となった。

ワシントン・ウィザーズ[編集]

2021年8月6日、5チーム間の大型トレードでモントレズ・ハレルケンテイビアス・コールドウェル=ポープとともにワシントン・ウィザーズへ移籍した[9]

2020-2021シーズン[編集]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ  *  リーグリーダー  †  優勝シーズン

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017–18 LAL 77 37 31.2 .450 .366 .707 6.3 1.8 .6 .4 16.1
2018–19 70 68 33.1 .456 .303 .752 5.5 2.5 .6 .4 18.7
2019–20 61 9 25.0 .436 .316 .735 4.5 1.3 .5 .4 12.8
2020–21 68 32 28.7 .443 .361 .691 6.1 1.9 .5 .6 12.9
2021–22 WAS 66 66 33.4 .452 .341 .712 8.5 3.5 .6 .9 17.1
キャリア 342 212 30.3 .449 .339 .723 6.2 2.2 .6 .5 15.6

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2020 LAL 21 0 23.0 .430 .313 .784 3.1 .8 .3 .3 10.0
2021 6 0 21.5 .292 .174 .667 3.8 1.2 .3 .2 6.3
キャリア 27 0 22.7 .401 .283 .761 3.3 .9 .3 .3 9.1

大学[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2014–15 ユタ大学 31 0 8.1 .456 .324 .556 1.8 0.6 0.0 0.2 3.3
2015–16 ユタ大学 36 35 24.1 .522 .255 .611 5.7 1.4 0.3 0.4 10.8
2016–17 ユタ大学 29 29 30.8 .504 .321 .669 9.3 2.4 0.6 0.5 16.4
Career 96 64 21.0 .506 .302 .631 5.6 1.5 0.3 0.4 10.1

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2017年のNBAドラフトコンバイン” (英語). nbadraft.net (2017年5月11日). 2018年5月14日閲覧。
  2. ^ Utah basketball's Kyle Kuzma to hire agent, remain in NBA Draft
  3. ^ BROOKLYN NETS ACQUIRE D'ANGELO RUSSELL AND TIMOFEY MOZGOV FROM L.A. LAKERS
  4. ^ Ryan Primeaux (2017年12月1日). “Kyle Kuzma Named Western Conference Rookie of the Month” (英語). NBA.com. 2018年2月16日閲覧。
  5. ^ Kellen Becoats (2017年12月21日). “Kyle Kuzma Scores Career-High 38 as Lakers Break Houston's 14-Game Winning Streak” (英語). si.com. Sports Illustrated. 2018年2月16日閲覧。
  6. ^ Lakers' Kyle Kuzma: Double-doubles in victory” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年2月11日). 2018年2月16日閲覧。
  7. ^ Kuzma scores 30, Lakers beat Spurs 122-112 in overtime” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月5日). 2018年4月5日閲覧。
  8. ^ 29分間でキャリアハイの41得点、カイル・クーズマ「自分は優れたシューター」”. バスケット・カウント (2019年1月11日). 2020年1月28日閲覧。
  9. ^ Lakers Acquire Russell Westbrook” (英語). Los Angeles Lakers. 2021年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]