NBAシューティングスターコンペティション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NBAシューティングスターコンペティションは、NBAが毎年2月に開催されるNBAオールスターゲームに先立って開かれるNBAオールスターウィークエンドの中で土曜日に行われるコンペティションである。2004年から開催されており、NBA現役プレーヤー、NBA引退プレーヤー、WNBA現役プレーヤーでチームを組み、シューティングを競う。徐々に難易度を増す4つの位置からのショット成功に要する時間を競う競技で、すべてのショットを成功するとタイム計測が止まり、その時間が記録となる。1つめは10フィート右からのバンクショット、2つめは正面キートップからのジャンプショット、3つめは左からの3ポイントショット、最後はバックコートからのロングショットで、それぞれの位置で制限時間は2分とされる。時間の短い2チームで決勝戦を行う。2008年に、チームサンアントニオが初めて2度目の勝利を挙げた。2006年のチームサンアントニオの25.1秒がコースレコードである。2011年チームアトランタが初めて1分越えで優勝した。2014年チームボッシュが初めて連覇した。 2012年まではフランチャイズチームであったが、2013年からNBA現役プレーヤーが、WNBA選手と、NBA引退選手を選んでチームを組むようになった。

優勝チーム[編集]

    • All-time record

参加チーム[編集]

  • 2014 : 2. チーム・デュラント, 3.チーム・カリー, 4. チーム・ハーダウェイ
  • 2013 : 2. チーム・ウェストブルック, 3.チーム・ハーデン, 4. チーム・ロペスTeam Lopez
  • 2012 : 2. テキサス(HOU/SA), 3. アトランタ, 4. オーランド
  • 2011 : 2. テキサス(DAL/HOU/SA), 3. ロサンゼルス, 4. シカゴ
  • 2010 : 2. ロサンゼルス (Clippers/Lakers), 3. サクラメント, 4. アトランタ
  • 2009 : 2. フェニックス, 3. サンアントニオ, 4. ロサンゼルス (Lakers)
  • 2008 : 2. シカゴ, 3. フェニックス, 4. デトロイト
  • 2007 : 2. シカゴ, 3. サンアントニオ, 4. ロサンゼルス (Lakers)
  • 2006 : 2. ロサンゼルス (Lakers), 3. Houston, 4. フェニックス
  • 2005 : 2. デンバー, 3. デトロイト, 4. ロサンゼルス (Lakers)
  • 2004 : 2. サンアントニオ, 3. ロサンゼルス (Clippers), 4. デトロイト

タイトル[編集]

回数 都市
3 サンアントニオ (1回はテキサスで)
2 デトロイト
2 チーム・ボッシュ
1 アトランタ
1 ダラス (テキサスで1回)
1 ヒューストン (テキサスで1回)
1 ロサンゼルス
1 ニューヨーク
1 フェニックス

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]