キース・ヴァン・ホーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キース・ヴァン・ホーン
Keith Van Horn
Keith Van Horn.jpg
現役時代 (ダラス・マーベリックス) のヴァン・ホーン
引退
ポジション
(現役時)
PF/SF
背番号(現役時) 44, 4, 2
身長(現役時) 208cm  (6 ft 10 in)
体重(現役時) 111kg (245 lb)
基本情報
本名 Keith Adam Van Horn
ラテン文字 Keith Van Horn
誕生日 1975年10月23日(41歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州フラートン
出身 ユタ大学
ドラフト 1997年 2位 
選手経歴
1997-2002
2002-2003
2003-2004
2004-2005
2005-2006
ニュージャージー・ネッツ
フィラデルフィア・76ers
ニューヨーク・ニックス
ミルウォーキー・バックス
ダラス・マーベリックス
受賞歴

キース・アダム・ヴァン・ホーンKeith Adam Van Horn, 1975年10月23日 - )はカリフォルニア州フラートン出身のバスケットボール選手。NBAニュージャージー・ネッツなどで活躍した。ポジションはフォワード

経歴[編集]

学生時代[編集]

ダイアモンド・バー高校からユタ大学に進学。NCAAのディヴィジョンの1つ、WAC( Western Athletic Conference)で活躍した。

NBA[編集]

1997年のNBAドラフトの全体2位指名 (全体1位はティム・ダンカン) を受け、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに入団するも、開幕前にニュージャージー・ネッツに放出。ルーキーシーズンからチームのフランチャイズ・プレイヤーとして活躍。62試合の出場し、1試合平均19.7得点、6.6リバウンドを記録し、その年のオール・ルーキー・ファーストチームに選出された。

その後、2001-2002シーズンまではフランチャイズ・プレイヤーの一人としてネッツでプレイし、2002年プレイオフではNBAファイナルに進出したが、ロサンゼルス・レイカーズに4戦全敗を喫し、ジェイソン・キッドから名指しで苦言を呈され、ケニオン・マーティンからも「人生の一番大事な試合で、命懸けでプレーしなかったヤツがいた」と非難され、ヴァン・ホーンはケリー・キトルズと共にファイナル敗退の戦犯として批判の的に挙げられてしまった。

2002-2003シーズンはドラフト指名を受けたフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍してプレイした。翌2003-2004シーズンはニューヨーク・ニックスでプレイしたが、シーズン途中にミルウォーキー・バックスに三角トレードで移籍。2004-2005シーズン途中にダラス・マーベリックスに移籍した。

2005-2006シーズンは怪我も重なって53試合の出場に留まった。全試合でベンチから出場したが、出場時間そのものが減少したために成績は前年を下回った。シーズンオフはFAとなったが、数年来の不振と高年俸などがネックとなり、開幕を過ぎても移籍先が決定することが出来ず、事実上の引退状態となる。その後、ネッツのスポークスマンとして活動していたが、2007-2008シーズン中に行われたジェイソン・キッドを核とした大型トレードに組み込まれ、サイン・アンド・トレードニュージャージー・ネッツへと形式上の"移籍"。マーベリックスは暗礁に乗り上げていたトレードを成立させるために、人員合わせの為にトレード直前にヴァン・ホーンと再契約を交わし、引退の状況にありながらヴァン・ホーンは3年1200万ドルの契約を手に入れることになった(但し、保証は07-08シーズン分のみ)。

プレイスタイル[編集]

ミドルシュートやスリーポイントシュートなど、長身の割には外角からのオフェンスを得意としている。マーベリックスではダーク・ノヴィツキーの控えとして重宝された。

ディフェンスに関してはキャリアを通じて評価が低く、やる気がないと非難されることもある。

その他[編集]

オールドスクール・スタイルを好み、デビュー以来一貫してハイソックスがトレードマークで、髪型も短髪だった。また、ユニフォームはサイズこそ今風のオーバーサイズ気味をチョイスしたが、ショーツをずらして履くことはなく上まであげていた。

受賞歴[編集]

オール・ルーキー・ファーストチーム: 1998年

外部リンク[編集]