エマニュエル・ムディエイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • エマニュエル・ムディエイ
エマニュエル・ムディエイ
Emmanuel Mudiay
Brooklyn Nets vs NY Knicks 2018-10-03 td 174a - 1st Quarter.jpg
サクラメント・キングス  No.10
ポジション PG/SG
シュート
基本情報
フランス語 Emmanuel Kabeya Mudiay
国籍  コンゴ民主共和国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1996-03-05) 1996年3月5日(26歳)
出身地 ザイールの旗 ザイール
キンシャサ
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 91kg (201 lb)
ウィングスパン 203cm  (6 ft 8 in)[1]
キャリア情報
出身 プライム・アカデミー高校
ドラフト 2015年 7位
選手経歴
2014-2015
2015-2018
2018-2019
2019-2020
2021
2021-
広東サザンタイガース
デンバー・ナゲッツ
ニューヨーク・ニックス
ユタ・ジャズ
BCジャルギリス
サクラメント・キングス
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

エマニュエル・カベヤ・ムディエイ (Emmanuel Mudiay 1996年3月5日 - )は、コンゴ民主共和国 (旧国名:ザイール) の首都キンシャサ出身、アメリカ合衆国テキサス州ダラス育ちのプロバスケットボール選手。NBAサクラメント・キングスに所属している。

来歴[編集]

第二次コンゴ戦争の真っ只中の1996年にキンシャサで生まれたムディエイは、2001年に家族と共に渡米し、テキサス州ダラスで育つ。渡米後にバスケットボールを始めたムディエイは、高校は隣街のアーリントンのグレース・アカデミー高校に進学した後にダラスのプライム・アカデミー高校に転校。その当時から注目していたという南メソジスト大学のHCラリー・ブラウンは、ムディエイを同大学に進学するように呼び掛け、またケンタッキー大学アリゾナ大学などの関係者もムディエイのスカウトに訪れていたが、ムディエイは大学に進学せず、ブランドン・ジェニングスと同じように、国外リーグでプレーした後にNBA入りを目指すことを決意。2014年7月にCBA広東サザンタイガースと契約した[2]

そして中国での1年間の武者修行を終えたムディエイは、改めて2015年のNBAドラフトにエントリーを表明。全体7位でデンバー・ナゲッツから指名された[3][4]

NBAデビュー戦となった2015-16シーズン開幕戦のヒューストン・ロケッツとの対戦は、前ナゲッツのタイ・ローソンとのマッチアップとなり、11ターンオーバーを喫しながらも、18得点9アシストを記録し、ナゲッツに開幕戦勝利をもたらした[5]。また、2016年3月23日のフィラデルフィア・76ers戦では、 101-103で迎えた第4クォーター残り数秒の場面から、起死回生の逆転3ポイントシュートを決めた[6]。ルーキーながらチームを牽引する活躍が認められ、同シーズンのNBAオールルーキーチームの2ndチームに選出された[7]

2018年2月8日、ナゲッツ、ニューヨーク・ニックスダラス・マーベリックスが絡んだ三角トレードでニックスに移籍した[8]

2019年7月20日、ユタ・ジャズと1年契約を結んだと発表された[9]

2020-2021シーズンがどのチームにも所属しなかった。2021年の夏にはNBAサマーリーグポートランド・トレイルブレイザーズの一員として参加[10]

2021年8月23日、ユーロリーグに所属するBCジャルギリスへ1年契約で加入したと発表された[11]。ユーロリーグでは5試合に出場、1試合平均19.0分の出場で、7.4得点、3.2アシスト、2.2リバウンドという成績、国内リーグのリトアニア・バスケットボール・リーグでは6試合の出場、1試合平均24.3分の出場で、12.7得点、4.5アシスト、3.3リバウンドという成績を残した[12]が、11月2日に双方合意により契約解除された[13]。その後、12月22日にサクラメント・キングス10日間契約を結んだ[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]