阪口哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阪口 哲也
パナソニック #27
HT-Tetsuya-Sakaguchi20110609.jpg
阪神時代(2011年6月9日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府岸和田市
生年月日 (1992-08-31) 1992年8月31日(27歳)
身長
体重
180 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2010年 育成選手ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

阪口 哲也(さかぐち てつや、1992年8月31日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手内野手)。現在は、社会人野球パナソニック野球部に所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年生より「貝塚リトル」で硬式野球を始め、土生中学校在学時には「岸和田ボーイズ」に所属。

市立和歌山高校では、1年の春季大会からベンチ入りし、高校通算20本塁打。甲子園出場経験はなし。川端慎吾は貝塚リトル時代から高校までの先輩に当たる。

2010年のドラフト会議にて阪神タイガースから育成1位指名を受け、11月10日に支度金200万円・年俸300万円で仮契約[1]

プロ入り後[編集]

2011年ウエスタン・リーグに30試合出場し、打率.125, 本塁打0本の成績であった。

2012年、ウエスタン・リーグで46試合に出場し打率.238, 4打点の成績で、前年より成績を向上させた。本職の二塁手の守備では1失策と安定していたものの、18試合で担当した遊撃手の守備においては6失策を数え、守備率.857と課題を残した。

2013年、ウエスタン・リーグで69試合に出場し、打率.277, 13打点を記録した。守備位置は、遊撃手を中心に二塁手・三塁手外野手としても起用された。遊撃手としては22試合に出場し3失策と前年よりは守備面では安定性を増した。同年シーズンをもって育成選手として3シーズン在籍したため、育成選手の規約に基づき、10月31日に自由契約公示された[2]が、11月11日、育成選手として再契約した[3]

2014年、10月1日に球団から戦力外通告を受け[4]、10月31日に自由契約公示された[5]。その後社会人野球パナソニックに入社した[6]

選手としての特徴[編集]

高校通算本塁打20本の強打に加えて俊足巧打が持ち味[7]。本職は二塁手だが、遊撃手三塁手も守る[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 122 (2011年 - 2014年)
  • 27 (2015年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 虎育成D1位・阪口、背番「006」つけたい サンケイスポーツ、2010年11月11日。
  2. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月1日閲覧。
  3. ^ 育成選手との再契約について 阪神タイガース公式サイト 2013年12月11日閲覧。
  4. ^ 来季の選手契約について 阪神タイガース公式サイト 2014年10月1日配信
  5. ^ http://www.npb.or.jp/players/2014pndev_released.html 2014年11月1日閲覧。
  6. ^ 阪口哲也選手のネクストステージ” (2014年12月25日). 2014年12月25日閲覧。
  7. ^ “2010年ドラフト指名者”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2010/draft/profile/sakaguchi-tetsuya.html 2010年11月13日閲覧。 
  8. ^ ファームコラム”. 阪神タイガース (2012年3月28日). 2012年4月2日閲覧。

関連項目[編集]