北九州市立大谷球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大谷球場から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
北九州市立大谷球場
Kitakyushu Otani Baseball Stadium
Kitakyushu Otani Baseball Stadium.JPG
施設データ
所在地 福岡県北九州市八幡東区大谷1-2-15
開場 1928年
所有者 日本製鉄(施設)、北九州市(管理権)
管理・運用者 ニッテツ・ビジネスプロモート北九州(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 なし
使用チーム • 開催試合
北九州市民硬式野球クラブ社会人野球、クラブチーム)が練習場として使用
収容人員
5,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:14,365m2
両翼:102 m、中堅:122 m

北九州市立大谷球場(きたきゅうしゅうしりつおおたにきゅうじょう)は、福岡県北九州市八幡東区にある野球場

歴史[編集]

当時の八幡市に官営製鐵所の福利厚生施設として1927年に竣工、翌1928年に開場した。1934年、旧・日本製鐵発足に伴い日本製鐵大谷球場となり、1950年八幡製鐵発足に伴い八幡製鐵大谷球場に、更に1970年新日本製鐵発足に伴い新日鐵大谷球場に改称した。

新日本製鐵八幡硬式野球部と、昭和初期~中期、八幡製鐵所と門司鉄道局(門鉄、のち門司鉄道管理局、現JR九州硬式野球部)による定期戦「製門戦」は「西の早慶戦」とも謳われ、多くの名試合を残した。社会人野球以外にも、高校野球大学野球公式戦も開催されるなど、アマチュア野球公式戦で広く使用された。プロ野球では福岡県を本拠地としていた西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)、北九州を準本拠地にしていた洋松ロビンス(現・横浜DeNAベイスターズ)の公式戦が開催された。

1980年代から、鉄鋼不況のあおりを受けて新日鐵も合理化を迫られることとなり、新日鐵八幡野球部は2003年第73回都市対抗野球大会の九州2次予選で敗退したのを最後に廃部され、大谷球場の管理権が2004年に北九州市に無償譲渡され、現名称に改称した[1]

以降も引き続き、社会人野球やクラブチームの対抗戦(JABA九州大会など)、高校野球福岡大会北部地区予選九州六大学公式戦などに使用されている。

市に管理権が譲渡された後は、新日鉄グループの施設管理会社であるニッテツ・ビジネスプロモート北九州を経て、現在は新日鉄の後継企業である日本製鉄から事業譲渡を受けたスピナ指定管理者として管理業務を担っている。2012年に合併により新日鉄が新日鐵住金に社名変更するまでは、スコアボードには新日鐵社章がペイントされていたほか、外野スタンドには当時のグループ企業(新日鉄都市開発日鐵運輸新日鐵ソリューションズスピナ)の広告看板が立てられていた。

また新日鐵八幡の廃部以降は大谷球場の利用率が低下しているのに加え、市内近郊に本拠を置く社会人チームが少なくなったことなどから、アマチュア球界や北九州市などの協力を得てクラブチームを結成することとなり、2006年、北九州市民硬式野球クラブ(愛称:ルネッサンスクラブ北九州)が発足した。

両翼102mと非常に大きな球場であるため、観客席の収容人数を度外視すればプロ並のスペックを持ち合わせた球場と言え、福岡ソフトバンクホークスの二軍戦が行うことがあるほか、ホークスの今宮健太2017年以降、毎年キャンプイン前の自主トレを同地で行っている。また、2005年・2006年には韓国プロ野球現代ユニコーンズが、同球場で春季キャンプを実施した。

この他、毎年11月上旬に球場周辺で行われる「起業祭」では、エンディングショー「光と音の競演」のメイン会場となる。

プロ野球開催実績[編集]

1軍公式戦[編集]

2020年現在で11試合を開催。内訳は1リーグ時代2試合、セ・リーグ3試合、パ・リーグ6試合。

1軍オープン戦[編集]

2軍公式戦[編集]

施設概要[編集]

  • 両翼:102m、中堅:122m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • スコアボード:パネル式
  • 収容人数:5,000人(北九州市公称)
  • 照明設備:なし

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただ現在も旧称「新日鐵大谷球場」という呼称が一部混在している。また現在でも正門には「新日本製鐵 大谷野球場」の表札がかかっている。

外部リンク[編集]