櫟信平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
櫟 信平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 1925年6月22日
没年月日 (2008-06-10) 2008年6月10日(82歳没)
身長
体重
176 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1949年
初出場 1949年4月6日
最終出場 1951年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大阪タイガース
    阪神タイガース (1960 - 1963, 1974)

櫟 信平(いちい しんぺい、1925年6月22日 - 2008年6月10日)は京都府京都市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ

経歴[編集]

同志社大学は実力で合格し、トップを争うほどの秀才であった。関西六大学リーグでは3季連続で首位打者を獲得し、1949年東急フライヤーズへ入団。4月6日大映戦(後楽園)に6番・一塁で初出場を果たし、9日中日戦(後楽園)で杉下茂から初安打・初本塁打・初打点を記録。1年目は99試合に出場したが、大下弘とトラブルを起こす。1950年大阪タイガースへ移籍し、自己最多の109試合出場で11本塁打を放つ。1951年にも105試合に出場してレギュラーを守ったが、1952年に胸部疾患が発見される。同年は治療のため出場ゼロに終わり、1953年に現役を引退。

引退後は大阪→阪神の一軍打撃コーチ(1961年 - 1962年, 1974年)、二軍打撃・守備コーチ(1963年)、スカウト(1964年 - 1973年, 1975年 - 1976年)を歴任。スカウト時代には掛布雅之を獲得し、コーチ時代にはボビー・テーラーを指導。阪神退団後は東京都中央区銀座に靴店を構え、1983年からは近鉄バファローズのスカウトに就任。

2008年6月10日、老衰のため死去。享年82歳[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1949 東急 99 298 259 23 62 13 2 8 103 42 3 2 0 -- 39 -- 0 44 -- .239 .339 .398 .737
1950 阪神 109 320 282 36 70 8 4 11 119 48 5 0 2 -- 34 -- 2 45 2 .248 .333 .422 .755
1951 105 345 309 38 74 11 2 6 107 35 2 0 2 -- 32 -- 2 24 1 .239 .315 .346 .661
通算:3年 313 963 850 97 206 32 8 25 329 125 10 2 4 -- 105 -- 4 113 3 .242 .328 .387 .716

背番号[編集]

  • 5(1949年)
  • 16(1950年 - 1953年)
  • 65(1960年 - 1963年)
  • 72(1974年)

脚注[編集]

  1. ^ 櫟信平氏死去 元プロ野球選手”. 共同通信 (2008年6月11日). 2013年5月24日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]