大藏彰人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大藏 彰人
中日ドラゴンズ #206
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊川市
生年月日 (1994-05-15) 1994年5月15日(24歳)
身長
体重
190 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2017年 育成選手ドラフト1位
年俸 300万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大藏 彰人(おおくら あきと、1994年5月15日 - )は、愛知県豊川市出身のプロ野球選手投手育成選手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

大学時代まで[編集]

一宮町立一宮東部小学校豊川市)3年生の時に野球を始める[2][3][4]。当初から投手を務めていたが、小学校と中学校時代は他にエース投手がいたため、投手としては控えで、野手兼任でのプレーだった。豊川市立一宮中学校時代は新城ベアーズに所属。中学3年の3学期に岐阜県垂井町への転居に伴って垂井町立不破中学校に編入した。

岐阜県立大垣西高等学校進学後に主戦投手となり、2年時の秋季大会の岐阜大会ではベスト4[5]、3年生となった翌2012年の春季岐阜大会では準優勝[6]し、チームを東海大会に導いている。その夏、高校最後の大会では、直前に怪我(右ヒジ靭帯損傷)をしたため大蔵の登板機会はなく、チームも初戦敗退に終わり[7]、大蔵の甲子園出場はかなわなかった。

高校卒業後は、愛知学院大学に進み硬式野球部でプレー。3年の春季リーグでは11試合で49回を投げて2勝2敗、防御率1.65でチームの1部リーグ優勝に貢献し、最優秀選手賞を獲得するなど順調に投手としてのキャリアを積むが、同年6月の第64回全日本大学野球選手権大会では初戦の東亜大学戦に逆転負けを喫し、練習でボールが投げられなくなる失意の日々を過ごす[8]。監督の木村孝やチームメイトから激励を受けたものの、投げ込み不足や肘の故障から、同年秋季の入れ替え戦に登板して敗戦した。その後チームが2部に降格したことに責任を感じて肉体的・精神的にまいり「野球を辞めよう」とまで思い詰め、一時休部した[8][9]

3年秋以降は就職活動をしていたほどだったが内定を得られず[10]、チームメイトに説得され、約4か月のブランクを経て4年時の7月に野球部に復帰した。秋季リーグで登板してチームを2部降格の危機から救った[注釈 1][3]

その際自ら納得のいく成果を出せたことから「もう少し野球を続けてみよう」という気になり、2016年のドラフト会議に向けてプロ志望届を提出する[11]が、その時はNPBからは指名されず、監督の木村から当時の徳島インディゴソックスの監督中島輝士への紹介もあり[9]四国アイランドリーグplusトライアウトを受けて徳島インディゴソックス入りした[3]

徳島インディゴソックス時代[編集]

徳島に入団した2017年は、肘を負傷したことで、前期は2試合の登板にとどまる[12]。この間にフォークボールを習得した[12]。これは監督の養父鐵が命じたトレーニングの中で、「決め球を作れ」という指示に応えた形になった[12]。また、ウェイトトレーニングと食事トレーニングにより、体重を72kg から88kg に増やして[9]球速も140km/h から147km/h に向上した[8]。フォームの面では同じ徳島に所属した伊藤翔(現西武)の影響が大きいという[9]。大蔵は「(前期は)トレーニングの毎日」、また監督の養父から(気持ちの波に影響されやすいので)「マウンドでガッツポーズをしなくていい。あとベンチには歩いて戻ってこい」と指導されたと述べている[3]

後期は8試合に登板、レギュラーシーズン通算では3勝3敗の成績だった。香川オリーブガイナーズと対戦した9月24日のリーグチャンピオンシップに先発登板、9回途中まで投げて敗戦投手となったが[13]カーブと直球のコンビネーションがうまく嵌った登板となった。[要出典]この時中日ドラゴンズ浜田智博が香川に育成派遣されていた関係で中日のスカウト音重鎮が視察に訪れており、偶然大藏の投球を目に留めることになった[12]。音は同日、中日スカウト部長の中田宗男に、大藏を視察してほしい旨の連絡を入れている[10]信濃グランセローズと対戦したグランドチャンピオンシップでは3試合に登板、先発した第1戦では敗戦投手となったものの、第3戦では被安打2、奪三振8で完封勝利を挙げ[8]、ドラフトに向けてアピールした。この時の好投はスカウト部長の中田の目も惹き、獲得につながった。特に、中田が知る大垣西高校時代と比べて下半身の体重移動のうまくなったところが目立ったという[14]

10月26日のNPBドラフト会議では、調査書を送ったのが中日のみと他球団からほぼノーマークの状態であった[14]中、中日から1位で育成指名を受けた。その後支度金200万円、年俸300万円で仮契約を結び、11月27日の中日ドラゴンズ2017年度新入団選手発表会で背番号が206番と発表された。

詳細情報[編集]

独立リーグでの投手成績[編集]

出典はリーグウェブサイト[15]












































2017 徳島 3.00 10 3 3 0 0 0 0 57.0 241 58 3 48 11 3 21 19 2 0
通算:1年 3.00 10 3 3 0 0 0 0 57.0 241 58 3 48 11 3 21 19 2 0

背番号[編集]

  • 18 (2017年)
  • 206 (2018年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 愛知学院大学は、2016年の春季2Bリーグで優勝し、1部復帰を果たしていたが、同秋季リーグでは再度2部降格の危機にあった。

出典[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月17日閲覧。
  2. ^ “2017年ドラフト入団選手”. 中日ドラゴンズ公式ウェブサイト. http://dragons.jp/teamdata/draft/2017/d_okura_a.html 2018年4月7日閲覧。 
  3. ^ a b c d “「野球西国巡り」第263回 大藏彰人(徳島/中日育成1位)「野球を辞めずに本当に良かった」”. Sports Communications. (2017年12月20日). http://www.ninomiyasports.com/archives/72197 2018年4月7日閲覧。 
  4. ^ “選手名鑑 大蔵彰人”. 中日ドラゴンズ公式ウェブサイト. http://dragons.jp/teamdata/players/okura_a.html 2018年4月7日閲覧。 
  5. ^ “秋季岐阜大会(2011年)”. 朝日新聞デジタル (バーチャル高校野球). http://www.asahi.com/koshien/game/2011/620/ 2018年4月7日閲覧。 
  6. ^ 春季岐阜大会(2012年)
  7. ^ 2回戦(2012年7月14日 大垣市北公園野球場)
  8. ^ a b c d “一時就職活動からドラフト候補へ 先輩・源田との対戦を夢見る23歳右腕”. Full Count. (2017年10月23日). https://full-count.jp/2017/10/23/post89300/ 2018年4月8日閲覧。 
  9. ^ a b c d 寺下友徳 (2017年12月26日). “第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉”. 高校野球ドットコム. http://www.hb-nippon.com/interview/1650-intvw2017/7190-20171221no633?page=1 2018年4月7日閲覧。 
  10. ^ a b 永井響太「新時代の旗手:育成1位 投手 大倉彰人」『中日スポーツ』2017年12月30日、第5版、第3面
  11. ^ “プロ野球志望届提出者一覧/大学生”. 日刊スポーツ. (2016年10月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1703945.html 2018年4月7日閲覧。 
  12. ^ a b c d 高田博史 (2017年10月30日). “徳島・大蔵“異例中の異例”中日育成枠1巡目”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/baseball/shikoku/2017/10/30/0010687561.shtml 2018年4月8日閲覧。 
  13. ^ 9/24 徳島IG vs 香川OG - 四国アイランドリーグplus(試合結果)
  14. ^ a b 高田博史 (2017年11月6日). “「あの大藏君か!」中日から育成1巡目指名の徳島インディゴソックス大藏、仮契約に合意”. Yahoo!ニュース 個人. https://news.yahoo.co.jp/byline/takatahirofumi/20171106-00077826/ 2018年7月15日閲覧。 
  15. ^ 選手成績一覧 徳島インディゴソックス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]