髙田萌生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高田萌生から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
髙田 萌生
東北楽天ゴールデンイーグルス #53
H takata20200801.jpg
ヤクルト戸田球場にて(2020年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県新見市
生年月日 (1998-07-04) 1998年7月4日(23歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト5位
初出場 2018年7月29日
年俸 690万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

髙田 萌生(たかた ほうせい、1998年7月4日 - )は、岡山県新見市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校3年時からソフトボールを始め、明徳義塾中学校では軟式野球部に所属した。中学3年の夏に四国大会ベスト4。高校は出身の岡山に戻り、創志学園高等学校では1年時から控え投手としてベンチ入り。2年秋に岡山県大会・中国大会の全9試合、79イニングを完投し、中国大会で優勝した。第46回明治神宮野球大会では初戦で山﨑颯一郎擁する敦賀気比と対戦したが、8回5失点で敗退した。

第88回選抜高等学校野球大会では初戦で東海大甲府と対戦し、9回1失点完投勝利を収めた。2回戦の高松商戦は5失点を喫し、敗退した。

3年夏の岡山大会決勝では、玉野光南を9回表に逆転し、創志学園が初の甲子園出場を決めた。この試合で創志学園は8回終了時に0-1でリードされ、9回表一死一塁の場面で難波侑平が投ゴロ併殺に打ち取られたものの、自打球でファウルだったとのアピールが通り、判定が覆ったため試合を再開。その後逆転での優勝となった[2]第98回全国高等学校野球選手権大会では初戦で盛岡大附を打者一巡まで抑えたが、4回から崩れ5回2/3を10失点。最速152km/hを2度計測したものの、敗退した[3]。高校の1学年上には石原貴規、1学年下には難波侑平がいた。

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議では読売ジャイアンツから5巡目で指名を受け、11月11日に契約金3,500万円、年俸500万円で仮契約を結んだ。背番号は53[4]。担当スカウトは益田明典[5]

巨人時代[編集]

2017年は、ファームで過ごす。オフに、20万円増の推定年俸520万円で契約を更改した[6]

2018年、7月29日の中日ドラゴンズ戦(東京ドーム)でプロ初登板初先発を果たすも、2回6安打4四死球6失点で降板し敗戦投手となり[7]、一軍登板はこの1試合のみでシーズンを終えた。同年のイースタン・リーグでは11勝2敗、防御率2.69、勝率.846と最多勝・最優秀防御率・最高勝率の三冠を獲得した[8]。オフに、160万円増の推定年俸680万円で契約を更改した[9]

2019年は先発を含む2試合に登板もプロ初勝利とはならなかった。オフに、30万円増の推定年俸710万円で契約を更改した[10]

2020年、オープン戦では中継ぎで4試合に登板し、0勝1敗、防御率3.86と好調をキープしていたが[11][12]、開幕が延期となったこともあり開幕一軍を逃した。

楽天時代[編集]

2020年、開幕直後の7月14日に高梨雄平とのトレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍することが発表された[13]。奇しくも高梨とは背番号が同じ「53」であり、互いに移籍先でも同じ背番号を着け続けることとなった。移籍前後を通じて2020年は一軍での登板はなく、二軍では10試合に登板し、4勝1敗、防御率5.66の成績だった[14]。オフに、現状維持の推定年俸690万円で契約を更改した[14]

選手としての特徴[編集]

最速154km/hの直球とスライダーのコンビネーションが持ち味[15]

小学生時代からの憧れであった松坂大輔の投球フォームを研究し、松坂にそっくりなフォームを作り上げ[16]、「松坂2世」とも呼ばれた[17][12]。2018年オフに松坂に合同自主トレを申し入れ快諾されたが[18]、日程の折り合いがつかず実現しなかった[19]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 巨人 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 15 2.0 6 0 3 0 1 0 0 0 6 6 27.00 4.50
2019 2 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 22 5.0 7 0 2 1 0 7 0 0 3 3 5.40 1.80
通算:2年 3 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 37 7.0 13 0 5 1 1 7 0 0 9 9 11.57 2.57
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2018 巨人 1 0 0 0 0 ----
2019 2 0 0 0 0 ----
通算 3 0 0 0 0 ----
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 2019年6月19日、対オリックス・バファローズ2回戦(東京ドーム)、3回裏に榊原翼から空振り三振

背番号[編集]

  • 53(2017年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月8日閲覧。
  2. ^ 甲子園決定のはずが判定覆り涙 玉野光南、自打球判定で併殺打がファウルに”. デイリースポーツ (2016年7月25日). 2019年3月17日閲覧。
  3. ^ 創志学園・高田152キロも涙 巨人スカウト「2位までに消える」”. スポーツニッポン (2016年8月14日). 2021年3月25日閲覧。
  4. ^ 巨人、ドラ5創志学園・高田と仮契約 背番号53”. 日刊スポーツ (2016年11月11日). 2021年3月25日閲覧。
  5. ^ 2016年プロ野球ドラフト会議指名選手、担当スカウトたちのコメント一挙公開”. ベースボールチャンネル (2016年10月21日). 2021年4月29日閲覧。
  6. ^ 巨人今村は300万円減、若手中心28選手と更改”. 日刊スポーツ (2017年11月20日). 2021年3月25日閲覧。
  7. ^ 巨人高田、防御率27.00のスタート プロ初登板で2回6安打4四死球6失点KO”. Full-Count (2018年7月29日). 2018年7月30日閲覧。
  8. ^ 2018年度 表彰選手(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年3月25日閲覧。
  9. ^ 巨人・高田 160万円増でサイン 春季キャンプの1軍入り“当確””. スポーツニッポン (2018年11月19日). 2021年3月25日閲覧。
  10. ^ 【巨人】高田、30万円アップの710万円で更改も「ふがいないシーズンだった」”. スポーツ報知 (2019年11月6日). 2021年3月25日閲覧。
  11. ^ 巨人高田&古川、開幕は中継ぎで 宮本Cは馬力期待”. 日刊スポーツ (2020年2月24日). 2021年3月25日閲覧。
  12. ^ a b 巨人から楽天移籍の高田は「松坂2世」本人も憧れ”. 日刊スポーツ (2020年7月14日). 2021年3月25日閲覧。
  13. ^ 巨人高田萌生と楽天高梨雄平がトレード 今季2例目”. 日刊スポーツ (2020年7月14日). 2020年7月15日閲覧。
  14. ^ a b 移籍の楽天高田は現状維持「開幕ローテ」が来季目標”. 日刊スポーツ (2020年12月7日). 2021年1月29日閲覧。
  15. ^ 【セ・リーグ】キャンプ最注目の若手選手はだれ?”. 週刊ベースボール (2019年1月28日). 2021年3月25日閲覧。
  16. ^ 「松坂2世」巨人高田、目標は憧れ“師匠”との競演”. 日刊スポーツ (2018年4月9日). 2021年4月29日閲覧。
  17. ^ 巨人・高田 ファームで杉内が驚いた「松坂2世」の投球”. BASEBALL KING (2018年11月7日). 2021年3月25日閲覧。
  18. ^ 【巨人】高田萌生、憧れの中日・松坂に直電し「一緒に」自主トレ実現へ”. スポーツ報知 (2018年11月18日). 2021年4月29日閲覧。
  19. ^ 巨人高田が松坂との自主トレ延期も粘って金言授かる”. 日刊スポーツ (2019年1月26日). 2021年4月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]