福井敬治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福井 敬治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県葛城市
生年月日 (1976-05-12) 1976年5月12日(41歳)
身長
体重
189 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1994年 ドラフト3位
初出場 2000年9月26日
最終出場 2006年7月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

福井 敬治(ふくい けいじ、1976年5月12日 - )は、元プロ野球選手内野手)、お笑いタレント、少年野球教室代表、アマチュア野球チーム代表・監督。

現役時代は読売ジャイアンツ広島東洋カープでプレーしていた。愛称は「ゴリ」。

来歴・人物[編集]

智辯学園高では2年春の甲子園は初戦、3年夏は県大会3回戦でいずれも敗退。高校通算25本塁打。その後、1994年のドラフトで読売ジャイアンツから3位指名され、入団。

長く二軍の主砲としての暮らしが続いたが、2000年に初出場を果たし、2002年には阪神タイガース井川慶から延長10回に均衡を破る本塁打を打った。チームのリーグ優勝・日本一に貢献。この年井川に相性が良く、「井川キラー」として存在感を発揮したが[要出典]、それ以降はノーヒットに抑えられた。

2003年5月31日の阪神戦で、9回表に一塁の守備固めに入ったが、ノーアウト一、二塁で赤星憲広のバントが三塁線の小フライになり、一塁側から飛びついてキャッチを試みるが落球。結果エラーとなりノーアウト満塁とピンチを広げてしまう。その後阪神打線が繋がり1イニング11失点を喫してしまった。

2004年のシーズン終了後、巨人から戦力外通告を受け、12球団合同トライアウトに参加し、広島東洋カープに入団した。

2005年は三塁・二塁を守り、一時は試合中盤にエスターリン・フランコの守備固めにも出たりし自己最高の成績を挙げた。

2006年4月22日中日ドラゴンズ戦では、延長12回表で内野手5人の奇策に参加。しかし、この年は不調に苦しみ、10月1日、二度目戦力外通告を受ける。現役続行を希望してトライアウトを受験したが、声をかける球団がなかったことにより現役続行を断念し、プロ野球選手を引退。

引退当初は家族のいる東京に帰り、野球とは違う仕事に就く予定だった。2007年1月19日に放映された『バース・デイ』においてプロ野球選手引退を決意するまでの過程が紹介された。

『バース・デイ』放送から8日後の1月27日、萩本欽一率いる社会人野球チームの茨城ゴールデンゴールズに入団することが決まった。また、オープン戦限定で「シーケル福井」の登録名で出場している[1]。同年7月23日デイリースポーツにおいてお笑いタレントとして芸能活動することが報じられた。8月25日に茨城県内で催されるお笑いイベントに喜劇役者である佐藤あつしとコンビを組んで出演するもので、元プロ野球選手がお笑いタレントに転身するのは初である[2][3]

2008年1月の新春特番『進め!スポーツ元気丸』(広島ローカル)に出演。2010年限りで茨城ゴールデンゴールズを退団。

現在は少年野球教室「KIDSベースボールスクール」の代表、及びアマチュア野球チーム「狭山西武ボーイズ」の代表・監督を務めている[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000 巨人 3 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2001 50 51 49 9 13 2 0 2 21 5 0 0 2 0 0 0 0 13 0 .265 .265 .429 .694
2002 61 67 59 9 13 2 0 4 27 11 1 0 1 0 5 0 1 23 1 .220 .292 .458 .750
2003 37 62 56 3 9 1 0 1 13 2 0 0 1 0 4 1 1 11 1 .161 .230 .232 .462
2004 17 16 15 1 5 0 0 0 5 0 0 1 1 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .333 .667
2005 広島 73 92 87 11 25 6 0 1 34 5 0 1 1 0 3 0 1 15 3 .287 .319 .391 .709
2006 27 37 31 1 5 0 0 0 5 2 0 0 0 0 6 0 0 7 1 .161 .297 .161 .459
通算:7年 268 331 303 34 70 11 0 8 105 25 1 2 6 0 18 1 3 71 6 .231 .281 .347 .627

記録[編集]

背番号[編集]

  • 53 (1995年 - 2001年)
  • 35 (2002年 - 2004年)
  • 38 (2005年 - 2006年)

脚注[編集]

  1. ^ 茨城県の人材派遣会社シーケルとネーミングライツを結んだことによる名称。
  2. ^ デイリースポーツonline - 元巨人・福井 プロ野球からお笑い芸人(アーカイブ)
  3. ^ その様子は『北斗晶の鬼嫁運動記者倶楽部』(#019 2007年9月15日放送)でも放送された。
  4. ^ 狭山西武ボーイズ[1]、2015年10月7日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]