本田英志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本田英志(ほんだ ひでし、1971年9月1日 - )は、プロ野球審判員。父は元プロ野球選手で、引退後中日ドラゴンズでマネージャー・編成部長などを務めた本田威志

来歴・人物[編集]

豊田西高等学校から中央大学を経て1994年セントラル・リーグ審判部に入局。審判員袖番号は43。 2017年シーズン終了時点で1356試合に出場。 オールスター出場2回(2005年2011年)、日本シリーズ出場3回(2011年2014年2016年)。 オールスターでは2011年第1戦、日本シリーズでは2011年第2戦、2016年第5戦でそれぞれ球審を務めた。 2014年5月9日の広島対中日第6回戦(マツダ)で、通算1000試合出場を達成した。

審判出場記録[編集]

  • 初出場:1999年9月11日横浜広島対22回戦(横浜スタジアム)、一塁塁審。
  • 出場試合数:1356試合
  • オールスターゲーム出場:2回(2005年、2011年)
  • 日本シリーズ出場:3回(2011年、2014年、2016年)

(記録は2017年シーズン終了時)

関連項目[編集]