山本光将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本 光将
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県菊池市[1]
生年月日 (1984-08-30) 1984年8月30日(34歳)
身長
体重
184 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2002年 ドラフト5巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 光将(やまもと みつのぶ、1984年8月30日 - )は、熊本県出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

熊本工高時代に通算61本塁打を記録し、「九州のカブレラ」と呼ばれる。

2002年のドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。入団時の背番号61は、熊本工高時代の通算本塁打が61本であることと、熊本工から61人目のプロ野球選手であることから付けられた。

しかし、入団4年間で一度も一軍に出場が無く、2007年は支配下登録から外れ、育成選手としての登録となった(イースタン・リーグ チャレンジ・マッチに出場することが多かった)。

2008年も育成選手として契約、3班制を敷いた2008年春季キャンプではB班に属したが、紅白戦では無安打に終わっている。同年、戦力外通告を受け退団。その後12球団合同トライアウトに参加。複数球団が興味を示しているとの報道もあったが、実際に戦力として獲得する球団は現れず現役を引退。

2009年4月に開校するジャイアンツアカデミーのフランチャイズスクール「ジャイアンツメソッド宮崎ベースボールスクール」のコーチに就任することとなった。

選手としての特徴・人物[編集]

荒削りながらも豪快なバッティングが売りで、かつては将来の4番候補として期待された選手。1年目(2003年イースタン)には103打数中44三振を喫しながらも6本塁打を記録。イースタン通算でも461打数で16本塁打を記録している。

出場機会を増やすべく、一塁手捕手(配球が不要なワンポイント捕手)での起用もされたこともある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 61 (2003年 - 2006年)
  • 101 (2007年 - 2008年)

脚注[編集]

関連項目[編集]