日暮矢麻人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日暮 矢麻人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県秦野市
生年月日 (1999-06-16) 1999年6月16日(21歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2017年 育成選手ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

日暮 矢麻人(ひぐらし やまと、1999年6月16日 - )は、神奈川県秦野市出身[1]プロ野球選手外野手育成選手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年生の頃から「西丹沢少年野球クラブスプラウト」で野球を始める[1]

秦野市立西中学校では、リトルシニア加盟の「中井リトルシニア」に所属。同校の部活動では、陸上部にも所属していた[1]。3年生の12月中華民国台湾)で行われた第12回日台国際野球大会(阿里山盃)において、南関東支部選抜に選出される[2]

高校は、松田町立花学園高校に進学。1年生の夏からベンチ入りし、2年生の秋から投手兼外野手としてレギュラーに定着[1]。甲子園出場経験は無いが、3年生の夏の第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会において、7月23日に行われた氷取沢高校との5回戦で、自身の1本塁打を含めチームで1試合5本塁打を放ち、神奈川大会タイ記録を樹立する[3] 。ノーシードながら2011年以来、6年振りに準々決勝に進出するが、日本大学高校に4対6で敗れる[4]

2017年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから育成選手5巡目指名され[1]11月21日、横浜市内にて入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)で契約合意に達し[5][6]12月7日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた。背番号139[7]

プロ入り後[編集]

2018年二軍公式戦の出場機会はなく[8]、三軍戦で65試合に出場し、打率.174、4盗塁、16打点を記録する[9]

2019年、二軍公式戦の出場に1試合出場[10]。三軍戦においては、85試合に出場し、打率.240、3本塁打、31打点を記録する[11]

2020年、二軍公式戦の出場は無く、三軍戦においては、33試合に出場し、打率.191、1本塁打、2打点を記録する[12]。 11月4日、球団より戦力外通告を受ける[13]。2017年の育成ドラフト指名選手の中では支配下登録を経験しないまま退団する唯一の選手となってしまった。12月7日、明治神宮野球場で行われた12球団合同トライアウトに参加。シート打撃形式で藤井皓哉山本雅士松田遼馬古村徹藤岡貴裕と対戦し5打数0安打5三振を喫した[14]

選手としての特徴[編集]

  • 高校通算12本塁打ながら、3年生夏の神奈川大会では場外弾を放ったスラッガー[15]
  • 打球の速さと飛距離は高校トップレベル。鍛えていけば非常に楽しみな素材[16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 139 (2018年 - 2020年)

登場曲[編集]

  • 「No Brainer」DJ Khaled(2019年)
  • 「SWISH」Tyga(2019年)
  • 「Bounce feat.Santaworld」Leon Fanourakis (2020年)
  • 「Back when I was Broke」Skinny from the 9 (2020年)

[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 日暮矢麻人選手ソフトバンクから育成指名”. タウンニュース社 (2017年11月10日). 2017年12月4日閲覧。
  2. ^ シニア関東連盟から4チーム 第12回日台国際野球大会”. 東京中日スポーツ東京新聞 (2014年12月17日). 2017年12月4日閲覧。
  3. ^ 【神奈川】立花学園が大会タイ記録の1試合5本塁打 6年ぶりの8強”. Sponichi Annex (2017年7月23日). 2017年12月4日閲覧。
  4. ^ 第99回全国高校野球選手権神奈川大会 日大―立花学園(準々決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2017年7月26日). 2017年12月4日閲覧。
  5. ^ 育成日暮が入団合意 西日本スポーツ 2017年11月22日 第3面、紙面。
  6. ^ ソフトバンク指名選手一覧”. Baseball LAB データスタジアム. 2017年12月4日閲覧。
  7. ^ 2017/12/07(木) 選手 新入団会見レポ。1位吉住投手「夢は最多勝」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年12月7日). 2017年12月7日閲覧。
  8. ^ 2018年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2019年3月10日閲覧。
  9. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績(ホークス) 2018/11/7(水)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2019年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月10日閲覧。
  10. ^ 2019年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年11月15日閲覧。
  11. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2019/10/31(木)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2019年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月15日閲覧。
  12. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2020/10/20(火)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2020年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月8日閲覧。
  13. ^ "来季契約について". 公式サイト. 福岡ソフトバンクホークス. 4 November 2020. 2020年11月4日閲覧
  14. ^ 新庄氏ら56人参加/2020合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. 2020年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月9日閲覧。
  15. ^ “筒香級”大砲ソフトB日暮「目標は柳田選手」 育成5位”. 西日本スポーツ (2017年11月2日). 2017年12月4日閲覧。
  16. ^ 【ソフトB育成5位】日暮矢麻人(立花学園高)外野手 ドラフト指名選手情報”. 西日本スポーツ (2017年10月26日). 2017年12月4日閲覧。
  17. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2020年11月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]