籾山幸徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
籾山 幸徳
YG-Yukinori-Momiyama20100828.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府八尾市
生年月日 (1985-04-10) 1985年4月10日(33歳)
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2007年 育成選手ドラフト1巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

籾山 幸徳(もみやま ゆきのり、1985年4月10日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手内野手育成選手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年の時に少年硬式野球チーム・八尾フレンドで野球を始める。

天理高の3年夏に主将として甲子園に出場し3回戦まで進出。

立命館大学では1年春からベンチ入り。2年秋で遊撃手のレギュラーを獲得すると、3年で二塁手、4年で三塁手も経験。中軸を任され、4年秋には打率3割をキープし、ベストナインに選ばれた。リーグ通算69試合に出場、226打数59安打、打率.261、5本塁打、36打点。

2008年育成ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。

プロ入り後[編集]

春季キャンプ中では、左鎖骨下静脈血栓症で入院したが、イースタン・リーグ開幕戦には間に合い、遊撃の守備固めとして途中出場した。3月29日には2軍初打席で初安打を放った。主に代打、守備固めとして2軍で打率.226 3本塁打 12打点を記録。一塁・三塁を中心に内野の全ポジションを守り、さらに左翼も19試合守るなど守備面で大きく活躍した。しかし、1年目は右肩の血行障害、2年目以降は毎年骨折と怪我が重なり、一軍出場は果たせなかった。

2010年は、主にフューチャーズシリウスで試合に出場していた。10月29日、自由契約選手公示がなされたが、11月10日に育成選手として再契約した。12月、立命館大学の同期だった東京在住の会社員の一般女性と入籍。

2011年11月1日、戦力外通告を受ける。

現役引退後[編集]

退団後はジャイアンツアカデミーコーチに就任した後、2014年にプルデンシャル生命保険株式会社に入社した。

高槻中央ボーイズの監督に就任。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

イースタン・リーグでの通算成績は118試合出場、44安打、8本塁打、31打点、打率.244

背番号[編集]

  • 102 (2008年 - 2010年)
  • 001 (2011年)

関連項目[編集]