帯広の森野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
帯広の森野球場
Obihiro no Mori Baseball Stadium
The woods baseball field in Obihiro06-8-27-2.jpg
フィールド全景(2006年8月)
施設データ
所在地 北海道帯広市南町南7線56-7
座標 北緯42度53分29秒 東経143度08分46秒 / 北緯42.89139度 東経143.14611度 / 42.89139; 143.14611座標: 北緯42度53分29秒 東経143度08分46秒 / 北緯42.89139度 東経143.14611度 / 42.89139; 143.14611
開場 1990年6月24日[1]
所有者 帯広市
管理・運用者 帯広市文化スポーツ振興財団
スコアボード 磁気反転式(幅29.50 m・高さ7.00 m)[1]
照明 なし
建設費 13億8,723万4,000円(防衛施設庁4億2,198万3,000円補助)[1]
使用チーム • 開催試合
全国高等学校野球選手権北北海道大会
収容能力
23,008人(内野8,008人、外野15,000人)[1]
グラウンドデータ
球場規模 両翼97.60m(320ft)[1]
センター122.00 m(400 ft)[1]
バックストップ20.00 m(65.6 ft)[1]
フェンス 2.5 mコンクリート壁[1]

帯広の森野球場(おびひろのもりやきゅうじょう)は、北海道帯広市にある野球場

概要[編集]

1990年平成2年)、緑ヶ丘公園野球場に替わる施設として帯広の森運動公園内に開場。十勝地区の野球ソフトボール大会に使用しているほか、日本プロ野球の公式戦も開催される。安全面への配慮から観客席で飛び跳ねる行為を禁止している。かつて、稲葉篤紀への応援として行われていた通称「稲葉ジャンプ」は、帯広市教育委員会より指定禁止通達が出されていた[要出典]。同様に、千葉ロッテマリーンズのジャンプ応援も禁止のため、代わりにスクワットで応援していた[要出典]

施設[編集]

  • 開場期間(5月1日から10月15日)
  • グラウンド(両翼97.6 m、センター122 m、バックストップ20 m)
  • 外野フェンスの高さ2.5 mコンクリート壁(ラバーフェンス1.5 m+ネットフェンス1.0 m)
  • スコアボード(磁気反転式)
  • ダッグアウト(ホームは一塁側、ビジターは三塁側)
  • グラウンドキーパー室
  • 選手控室
  • 医務室
  • 競技役員室
  • 会議室
  • シャワー室
  • 収容人員23,044人(内野8,008人、外野15,000人)[2]
    • 身体障害者用36人(身障者18人、付添人18人)[2]

利用状況[編集]

本球場初となるプロ野球公式戦は、1991年(平成3年)の日本ハムファイターズ(北海道日本ハムファイターズ)対オリックスブルーウェーブ(オリックス・バファローズ)戦[要出典]ナイター設備がないためデーゲーム開催となる。

  • 北海道日本ハムファイターズの主催試合
    • 2004年(平成16年)に本拠地を北海道に移転。札幌以外での道内主催試合として2004年(平成16年)と2006年(平成18年)は千代台公園野球場(オーシャンスタジアム)と花咲スポーツ公園硬式野球場(スタルヒン球場)で、2005年(平成17年)は釧路市民球場と本球場で開催していたが、2007年(平成19年)と2008年(平成20年)は4球場すべてで開催した(2009年の釧路の試合はノーゲーム、本球場での試合(いずれも日本ハム対西武戦)は雨天中止[3])。2010年(平成22年)以降は釧路での開催が取り止めとなり、函館、旭川、帯広での開催となっている[3]
  • ヤクルトスワローズの主催試合
    • これまでにヤクルトスワローズ(東京ヤクルトスワローズ)が1997年(平成9年)、2001年(平成13年)、2006年(平成18年)に公式戦を開催している[要出典]

アクセス[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)帯広駅からバスで約40分[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 帯広の森野球場”. 帯広市文化スポーツ振興財団. 2015年5月14日閲覧。
  2. ^ a b 施設概要-帯広の森運動公園内施設・総合体育館”. 帯広市. 2015年5月14日閲覧。
  3. ^ a b 試合日程・結果”. 北海道日本ハムファイターズ. 2015年5月14日閲覧。
  4. ^ この試合は、横浜先発の野村弘樹が7回6失点と乱調。一方、中日先発の野口茂樹は8回途中3失点とまずまずの内容で、打線も猛攻で9回までに計9点を挙げた。しかし9-3と中日リードで迎えた9回裏、中日の落合英二宣銅烈を横浜が攻略し、一挙6点を挙げて試合を振り出しに戻した。
  5. ^ アクセス”. 帯広市文化スポーツ振興財団. 2015年5月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]