帯広の森運動公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
帯広の森運動公園
所在地
座標 北緯42度53分24秒 東経143度08分31秒 / 北緯42.89000度 東経143.14194度 / 42.89000; 143.14194座標: 北緯42度53分24秒 東経143度08分31秒 / 北緯42.89000度 東経143.14194度 / 42.89000; 143.14194
面積 800,000 m²
設備・遊具 陸上競技場体育館スケートリンク野球場プール弓道場アーチェリー場、テニスコート、屋内多目的競技施設、パークゴルフ場、球技場
アクセス 北海道旅客鉄道(JR北海道)帯広駅からバスで約40分[1]
事務所 帯広市文化スポーツ振興財団
事務所所在地 北海道帯広市南町南7線56-7(帯広の森運動公園内)
公式サイト 帯広市文化スポーツ振興財団

帯広の森運動公園(おびひろのもりうんどうこうえん)は、北海道帯広市河西郡芽室町帯広の森にある運動施設区。運動公園のようになっている。

概要[編集]

国民体育大会(国体)誘致をきっかけにスポーツ施設を1箇所に集める案が浮上し、帯広の森に運動施設区を設けたのがはじまりとなっている[2]

沿革[編集]

「施設概要」参照[3]

施設[編集]

明治北海道十勝オーバル(2011年4月)
帯広の森野球場(2006年8月)

明治北海道十勝オーバル

帯広の森アイスアリーナ・第二アイスアリーナ

帯広の森体育館

帯広の森陸上競技場

帯広の森球技場

帯広の森野球場

帯広の森テニスコート

  • 2000年(平成12年)4月30日開場。
  • 観覧席 盛土芝生スタンド6,000席
  • 砂入り人工芝20面(硬式・軟式兼用)
  • 夜間照明灯9基(10面)
  • クラブハウス
    • 1階(事務室、ロッカー室、シャワー室、トイレ)
    • 2階(会議室)

帯広の森市民プール

帯広の森弓道場・アーチェリー場

  • 1997年(平成9年)9月1日開場。
  • 収容人員175名
  • 弓道場
    • 近的(12人立)、遠的(6人立)
    • 室内近的(6人立)、更衣室、控室
    • 近的的場棟、遠的看的所
  • アーチェリー場
    • 屋外短距離固定的(6的)
    • 屋外長距離固定的(3的)
    • 夏期間は屋外的40的設置可能
    • 記録集計室、審判控室、器具庫
  • 事務室、研修室

帯広の森スポーツセンター

帯広の森運動公園パークゴルフ場

  • 2001年(平成13年)10月8日開場。
  • 18ホール
    • Aコース(9ホール)495 m Par33
    • Bコース(9ホール)503 m Par33
  • 公衆トイレ、あずまや

帯広の森研修センター

  • 1989年(平成元年)1月15日開設。公衆無線LANWi-Fi)使用可能[5]
  • 宿泊室(研修室も利用して定員75人)
    • 和室7室(12畳4室、22畳1室、23畳2室)
    • 洋室3室(3人部屋2室、4人部屋1室)
  • 研修室2室(68 m²、56 m²)
  • トレーニング室
  • 食堂、浴室、洗濯室、給湯室

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 帯広の森運動公園マップ”. 帯広市文化スポーツ振興財団. 2015年5月11日閲覧。
  2. ^ 帯広の森 森づくりガイドライン (PDF)”. 帯広市 (2015年3月). 2015年5月11日閲覧。
  3. ^ 施設概要−帯広の森運動公園内施設・総合体育館”. 帯広市. 2015年5月12日閲覧。
  4. ^ 市民参加の森づくり 〜帯広の森について〜 (PDF)”. 帯広市. 2015年5月11日閲覧。
  5. ^ 公衆無線LAN(Wi-Fi)が一部施設で使えるようになりました”. 帯広市文化スポーツ振興財団. 2015年5月12日閲覧。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]