ルーク・ワカマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルーク・ワカマツ
Luke Wakamatsu
中日ドラゴンズ #96
Luke Wakamatsu (28345174466).jpg
A-級マホーニングバレー時代
(2016年7月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州フェニックス
生年月日 (1996-10-10) 1996年10月10日(25歳)
身長
体重
190 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 2015年 MLBドラフト20巡目
初出場 NPB / 2022年7月17日
年俸 500万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルーカス・フランシス・ワカマツ(Lucas Francis Wakamatsu、1996年10月10日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックス出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。

父は元プロ野球選手で、2009年より2シーズンシアトル・マリナーズ監督を務めたドン・ワカマツであり、兄のジェイクも元マイナーリーガー。日系アメリカ人5世でもある。

経歴[編集]

プロ入り前とインディアンス傘下時代[編集]

2015年MLBドラフト20巡目(全体604位)でクリーブランド・インディアンスから遊撃手として指名され、入団。最高で傘下AAA級コロンバス・クリッパーズまで昇格したが、2019年までの4年間でメジャー昇格は果たせなかった。

中日時代[編集]

2020年12月18日に、日本プロ野球中日ドラゴンズ育成選手として契約を結ぶことが発表された[2]。背番号は210[2]。入団に至った経緯として、中日の大塚晶文・国際渉外担当を通じて父のドンから直々に推薦があったとも報じられた[3]

2021年ウエスタン・リーグ36試合に出場し、打率.255、1本塁打、7打点という成績だった[4]

2022年は、ウエスタン・リーグ28試合出場時点で、打率.328と活躍しており、高橋周平の負傷離脱など一軍内野陣の離脱者続出を受け、7月17日に支配下選手登録されたことが発表された[5]。背番号は96に変更され、また登録が右投両打から右投左打に変更された[6]。即日5番三塁手としてスタメンで初出場したが、ユニフォームが間に合わなかったため、育成選手時代の背番号210で出場した。18日の試合でも2試合連続でスタメンで起用されたが、試合中に脇腹痛を訴えて途中交代し、翌日19日に登録を抹消された[7][8]。そのまま一軍復帰を果たせぬまま、10月4日に戦力外通告を受けた[9]

選手としての特徴[編集]

両打ち(2022年7月からは左打ち)の大型内野手で、2017年にはA級レイクカウンティで12本塁打を放つなど、荒削りながら長打力のある打撃が特徴[2]

詳細情報[編集]

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 210(2021年 - 2022年7月16日)
  • 96(2022年7月17日 - )

脚注[編集]

  1. ^ “【中日】ルーク・ワカマツと支配下契約「今後は毎日、出られる選手に」高橋周平穴埋めで即1軍か”. 日刊スポーツ. (2022年7月17日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202207170000543_m.html 2022年7月17日閲覧。 
  2. ^ a b c 新外国人選手契約のお知らせ”. 中日ドラゴンズ オフィシャルウェブサイト. 2020年12月18日閲覧。
  3. ^ 中日が育成で24歳ルーク・ワカマツと契約 父は元マリナーズ監督のドン・ワカマツさん パンチ力ある両打ちの内野手”. 中日スポーツ. 2020年12月18日閲覧。
  4. ^ 【中日】ルーク・ワカマツが帰国「来季はもっとできる」支配下登録目指す”. 中日スポーツ (2021年11月4日). 2022年1月23日閲覧。
  5. ^ 【中日】緊急事態にルーク・ワカマツを支配下登録へ 後藤俊太も昇格の見込み”. スポーツ報知 (2022年7月17日). 2022年7月17日閲覧。
  6. ^ 日本野球機構(NPB) [@npb] (2022年7月17日). "【投打変更のお知らせ(7/17)】" (ツイート). Twitterより2022年7月17日閲覧
  7. ^ “2戦連続スタメンのワカマツが突然の交代「なんで?」「え?!どうした?」心配の声相次ぐ【中日】”. 中日スポーツ. (2022年7月18日). https://www.chunichi.co.jp/article/510486 2022年9月22日閲覧。 
  8. ^ “【中日】脇腹の違和感訴えたルーク・ワカマツ、登板期間が空く高橋宏斗を抹消 福田永将、郡司裕也を登録”. スポーツ報知. (2022年7月19日). https://hochi.news/articles/20220719-OHT1T51124.html?page=1 2022年9月22日閲覧。 
  9. ^ “【中日】浜田達郎ら10選手を戦力外 大谷、藤浪らとともに「高校ビッグ3」とうたわれた左腕”. 日刊スポーツ. (2022年10月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202210040000622.html 2022年10月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]