守屋功輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
守屋 功輝
阪神タイガース #43
2015T43.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県倉敷市
生年月日 (1993-11-25) 1993年11月25日(24歳)
身長
体重
183 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト4位
初出場 2016年4月20日
年俸 700万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

守屋 功輝(もりや こうき、1993年11月25日 - )は、阪神タイガースに所属する岡山県倉敷市出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

倉敷市立玉島南小学校4年時に玉南少年野球で野球を始める[2]と、小学校5年時に中堅手として岡山県大会での準優勝を経験[2]倉敷市立黒崎中学校への入学後に軟式野球部へ所属[2][3]したことを機に、投手へ専念するようになった[2]

岡山県立倉敷工業高校への進学後は、1年秋からベンチ入り。2年秋からエースの座をつかんだ[2][4]が、在学中は春夏とも甲子園球場での全国大会に出場できなかった[4]

高校卒業後にHonda鈴鹿へ入社。1年目から公式戦1試合に登板[3]したが、故障や体調不良によって、2年目には登板の機会がなかった[2]。故障から復帰した3年目の2014年には、JABA東京スポニチ大会の対大阪ガス戦で公式戦初先発。都市対抗の東海地区予選では、JR東海との東海第4代表決定戦に6回1死2塁から救援で登板すると、打者11人を完璧に抑えた末にチームを本選出場に導いた[5]

2014年度のドラフト会議で、阪神タイガースから4巡目で指名。契約金5,000万円、年俸840万円(金額は推定)という条件で入団した[6][7]。背番号は43

なお、指名の直後に開かれた日本選手権には、Honda鈴鹿の一員として出場。明治安田生命との初戦では、先発したエースの土肥寛昌[5]東京ヤクルトスワローズから6巡目で指名)、ヤマハからの補強選手である竹下真吾(ヤクルトから1巡目で指名、いずれも後に入団)に続く3番手投手として登板した。しかし、逆転の適時打を浴びたため、チームはこの試合で姿を消した[8]

プロ入り後[編集]

2015年には、ウエスタン・リーグ公式戦15試合に登板。1勝3敗、防御率4.75という成績を残した。また、同期入団の横山雄哉江越大賀などと共に、フレッシュオールスターゲームの同リーグ選抜メンバーに選出[9]。しかし、天候不良による中止で登板の機会を逸したばかりか、一軍昇格に至らないままシーズンを終えた。

2016年には、オープン戦の期間中に入団後初の一軍昇格。3月6日の対読売ジャイアンツ戦(甲子園)で、オープン戦ながら救援投手として一軍デビューを果たすと、5回裏からの2イニングを2被安打無失点に抑えた[10]。一軍公式戦では、4月20日の対東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園)に先発投手として初登板。5回途中10被安打5失点という内容で敗戦投手になった[11]が、後に救援で3試合に登板している。また、2年連続でフレッシュオールスターゲームのウエスタン・リーグ選抜メンバーに入ったことから、7月14日の同ゲームでは9回表に地元・倉敷マスカットスタジアムで2年越しの凱旋登板を果たした[12]

2017年、一軍公式戦には1試合の登板にとどまり、二軍公式戦において41試合に登板し、2勝3敗、防御率4.94の成績を残した[13]11月10日、同月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、辞退した望月惇志に代わり、NPBウエスタン選抜に追加召集で選出された[14]

2018年6月11日板山祐太郎高橋遥人が登録抹消されたため、藤川俊介と1軍登録された。[2]

選手としての特徴・人物[編集]

「6月低めのスリークォーター」「高めのサイドスロー」とされる投球フォーム[注釈 1]から投げ込む最速148km/h、平均140km/h程度のストレートが武器であり[2][4][15]、その他に平均110km/h程度のカーブ、平均125km/h程度のスライダー、平均125km/h程度のチェンジアップを使用する[3]

Honda鈴鹿時代には、土肥と共に先発陣の一角を担っていた濱矢廣大東北楽天ゴールデンイーグルス)に続いて、高校卒業から3年後にNPBの球団へ入ることを目指していた。しかし、2年目まで故障や体調不良に見舞われ続けたことから、「このままではプロに行けない」と一念発起。2年目のシーズン終了後に体力強化を徹底させたところ、3年目に先発・救援の双方で活躍したことによって、プロ入りへの道を開いた[5]

Honda鈴鹿時代の2014年に結婚。阪神へ入団した時点では、同期の新人選手で唯一の妻帯者であった。しかし、「当面は野球に専念して欲しい」という妻からの勧めによって、入団1年目には「虎風荘」(球団の選手寮)で単身生活を送っていた[16]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 阪神 4 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 44 8.1 16 2 4 0 0 7 0 0 8 8 8.64 2.40
2017 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 2 0.0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 ---- ----
NPB:2年 5 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 46 8.1 18 2 4 0 0 7 0 0 9 9 9.72 2.64
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


投手












2016 4 1 2 0 1 1.000
2017 1 0 0 0 0 .000
通算 5 1 2 0 1 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 43 (2015年 - )

登場曲[編集]

  • うらじゃ」 - うらじゃ振興会 (2015年 - 2017年)
  • 「ヒューマン」 - WANIMA (2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに守屋自身は、自身の投球フォームを「スリークォーター」と述べている [1]

出典[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年6月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g プロ入りをかけ都市対抗に挑むホンダ鈴鹿3選手の誓い 週刊ベースボールONLINE 2014年12月15日閲覧。
  3. ^ a b c “阪神ドラ4守屋「武田カーブ」の使い手”. 日刊スポーツ. (2014年11月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2014/news/p-bb-tp0-20141103-1391294.html 2014年11月22日閲覧。 
  4. ^ a b c “阪神ドラ4守屋 目指せ「右の高宮」だ”. 日刊スポーツ. (2014年11月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141106-1392621.html 2014年11月22日閲覧。 
  5. ^ a b c “2014年ドラフト特集第5弾 日本全国“逸材発掘”大会”. 週刊ベースボールONLINE. (2014年7月18日). http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=001-20140728-03 2016年3月30日閲覧。 
  6. ^ “ドラ4・守屋が仮契約「常に1軍に」”. デイリースポーツ. (2014年11月26日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2014/11/24/0007530255.shtml 2014年11月28日閲覧。 
  7. ^ “4位守屋と仮契約=プロ野球・阪神”. 時事通信社. (2014年11月24日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014112400277 2014年11月28日閲覧。 
  8. ^ “阪神ドラ4守屋が逆転タイムリー浴びる”. デイリースポーツ. (2014年11月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2014/11/02/0007470762.shtml 2014年12月15日閲覧。 
  9. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2015出場者日本野球機構(NPB)公式サイト
  10. ^ “阪神2年目、守屋が2回無失点 巨人打線封じ「気持ち良かった」”. スポーツニッポン. (2016年3月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/03/06/kiji/K20160306012167450.html 2016年3月30日閲覧。 
  11. ^ “阪神守屋ほろ苦初先発…5失点「今の自分の実力」”. 日刊スポーツ. (2016年4月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1634904.html 2016年4月21日閲覧。 
  12. ^ 2016年7月14日(木) 倉敷 【フレッシュオールスターゲーム】ウエスタン・リーグ vs イースタン・リーグ 投打成績NPB公式サイト
  13. ^ 2017年度 阪神タイガース 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp. 2017年11月20日閲覧。
  14. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  15. ^ “阪神がドラ4守屋に指名あいさつ”. デイリースポーツ. (2014年11月5日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2014/11/05/0007478373.shtml 2014年11月24日閲覧。 
  16. ^ “阪神2年目、守屋が2回無失点 巨人打線封じ「気持ち良かった」”. 日刊スポーツ. (2014年12月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2014/news/p-bb-tp0-20141208-1406414.html 2016年3月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]