足利豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
足利 豊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市
生年月日 (1968-10-15) 1968年10月15日(49歳)
身長
体重
177 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト5位
初出場 NPB / 1991年5月29日
CPBL / 1999年8月27日
最終出場 NPB / 1995年8月26日
CPBL / 1999年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

足利 豊(あしかが ゆたか、1968年10月15日 - )は、秋田県秋田市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

父も叔父も兄も野球経験者という環境に生まれ、小さい頃から野球少年となった[1]ドカベン山田太郎に憧れて捕手になりたかったが、小学校3年生の時に入った野球部の監督によってアンダースロー投手となっている[1]。4年生で早くも公式戦に登板し、5年生の時にはチームを県大会準優勝に導くなど、下手から浮き上がる直球を武器に頭角をあらわした[1]

県内の強豪校である金足農業に進み、1年夏にチームは選手権大会に出場。他校のアンダースロー投手対策のため、打撃投手としてレギュラーに帯同している[1]。2年生でエースとなったが、チームの打撃力が弱かった事もあり再び甲子園に進む事はなかった[2]。在学中に球威を社会人野球やプロの球団から評価され[1]、卒業後は新日鐵釜石に進んでいる。

チームの休部にともない1989年には社内の名古屋野球部に移籍。五輪代表の候補になるなど高い評価を受け[1]1990年のドラフトダイエーから5位で指名を受けて入団した。プロ2年目の1992年には7月8日の対ロッテ戦で完封で初勝利を飾る[3]など5勝を挙げ、年俸は780万円増の1,500万円(推定)となった[4]

1993年キャンプでは同郷の先輩でアンダースローだった山田久志からシンカーを直伝され[5]、20試合に先発して西武から4勝を挙げて西武キラーと呼ばれた[1]。しかし同年に肩を痛め[2]、さらに1994年は脇腹と股関節を痛めて二軍での調整が続いたが、6月のワールド・ベースボール・ウイーク・イン・ジャパン第4戦でダイエー二軍の先発として登板し、キューバ相手に3安打無四球で完投勝利を挙げている[6]

その後は首脳陣との相性もあって出番が少なく[2]1997年オフに自由契約となり、横浜の入団テストを受け合格。しかし翌年は再び肩を痛めて登板機会がないまま退団し[2]シカゴ・カブスのテストを受験するも合格はならなかった[2]1999年のシーズン途中から台湾リーグの三商タイガースにてプレーし、7試合で2セーブを記録[2]。不況の影響でチームが解散した[2]こともあり、同年をもって現役を引退した。引退後はスポーツDEPO太宰府インター店に勤務している[7]

プレースタイル[編集]

1990年代前半のNPBでは希少なアンダースローだった[8]速球は最速130km/h台前半ながら、90km/h台のカーブを織り交ぜて緩急をつけていた[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 ダイエー 11 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 87 20.0 21 1 9 0 1 10 0 0 11 11 4.95 1.50
1992 32 10 3 2 0 5 5 0 -- .500 435 102.1 105 11 28 1 4 57 0 0 51 48 4.22 1.30
1993 24 20 6 0 0 6 13 1 -- .316 636 142.1 152 18 57 0 8 65 1 0 71 67 4.24 1.47
1994 13 5 0 0 0 2 2 0 -- .500 158 37.0 38 5 11 0 0 22 0 0 16 16 3.89 1.32
1995 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 1.1 5 0 0 0 1 1 0 0 5 5 33.75 3.75
1999 三商 7 0 0 0 0 0 0 2 -- ---- 57 13.2 11 0 1 0 3 13 0 0 4 2 1.32 0.88
NPB:5年 81 35 9 2 0 13 20 1 -- .394 1326 303.0 321 35 105 1 14 155 1 0 154 147 4.37 1.41
CPBL:1年 7 0 0 0 0 0 0 2 -- ---- 57 13.2 11 0 1 0 3 13 0 0 4 2 1.32 0.88

記録[編集]

  • 初登板:1991年5月29日、対西武ライオンズ戦(平和台野球場)7回から登板、1回1失点 被安打2、奪三振0、与四死球0
  • 初完投・初完封・初勝利:1992年7月8日、対千葉ロッテマリーンズ戦(平和台野球場)9回を投げ被安打3、奪三振6、与死球1
  • 初セーブ:1993年6月13日、対千葉ロッテマリーンズ戦(福岡ドーム)8回1死から登板、1回2/3無失点 被安打2、奪三振1、与四死球0

背番号[編集]

  • 52 (1991年 - 1997年)
  • 64 (1998年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 朝日新聞、2000年7月12日付朝刊、秋田地方面
  2. ^ a b c d e f g 朝日新聞、2000年7月13日付朝刊、秋田地方面
  3. ^ a b 読売新聞、1992年7月9日付朝刊、P.21
  4. ^ 読売新聞、1992年12月6日付朝刊、P.17
  5. ^ 読売新聞、1993年5月28日付朝刊、P.25
  6. ^ 読売新聞、1994年6月26日付朝刊、P.21
  7. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号 P14
  8. ^ 読売新聞、1992年12月6日付朝刊、P.17

関連項目[編集]

外部リンク[編集]