安田秀之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安田 秀之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県尾西市(現・一宮市
生年月日 (1967-05-26) 1967年5月26日(51歳)
身長
体重
190 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手、捕手
プロ入り 1985年 ドラフト6位
初出場 1989年10月18日
最終出場 1998年5月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

安田 秀之(やすだ ひでゆき、1967年5月26日[1] - )は、愛知県尾西市(現・一宮市)出身の元プロ野球選手外野手、捕手、一塁手)[1]

現在は中日ドラゴンズスコアラーパ・リーグ担当)を務めている。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

1983年享栄高校へ入学。2学年上に藤王康晴(元中日など)、1学年下に近藤真市長谷部裕のバッテリー(ともに元中日)がいた。藤王ら3年生の抜けた、1年秋の新チームから4番を託され[2]、2年時に夏の甲子園に出場した。ただ1回戦からKKコンビPL学園と対戦し敗退。高校時代通算で47本塁打を記録している[1]

1985年のドラフト会議にて、南海ホークスからドラフト6位指名を受け入団[1]

プロ入り後[編集]

1990年オフに内野手から捕手に転向。1991年は1A・サリナス・スパーズに野球留学した。大型野手として期待されたが、なかなか1軍の出番はなく、1995年オフに松田慎司武田一浩との交換トレードで下柳剛とともに日本ハムファイターズへ移籍。

移籍1年目に自己最多の59試合に出場。移籍後は捕手から内・外野手にコンバートし特に相手が左投手先発時には右翼手・一塁手でスタメン出場する機会が増え自己最多の3本塁打を放つ。

1997年は落合博満の守備固めとして登場することが多く、45打席ながら自己最多の70試合に出場する。しかしシーズン終盤に二軍で本塁打王を獲得した西浦克拓が台頭し、右打者で主に一塁と外野を守る事から安田はタイプが重なってしまったこともあり戦力外通告を受ける。オフに地元の中日ドラゴンズのテストに合格し入団。1998年広島市民球場でのレギュラーシーズン開幕戦では相手先発が42歳の左腕大野豊という事もあり先発メンバー入りも果たした。2軍の公式戦で僅か1イニングのみだが、投手として出場した事もあった。2000年に現役引退。

引退後[編集]

引退後は中日の打撃投手を務め、現在は同球団のスコアラーを務めている。 プリンが大好物である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 ダイエー 2 6 6 1 4 3 0 0 7 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .667 .667 1.167 1.833
1990 15 25 22 1 5 2 0 0 7 2 0 0 1 0 1 0 1 9 1 .227 .292 .318 .610
1991 16 33 31 4 6 1 0 2 13 5 0 1 0 0 2 0 0 10 0 .194 .242 .419 .662
1992 43 49 44 9 8 2 0 2 16 6 1 1 3 0 2 0 0 12 2 .182 .217 .364 .581
1994 28 59 58 3 14 3 0 1 20 2 1 0 0 0 1 0 0 23 1 .241 .254 .345 .599
1995 21 35 35 1 9 2 1 0 13 3 0 0 0 0 0 0 0 10 1 .257 .257 .371 .629
1996 日本ハム 59 118 103 9 25 5 0 3 39 14 0 0 3 2 9 0 1 32 1 .243 .304 .379 .683
1997 70 45 43 4 10 4 0 0 14 2 0 0 0 0 1 0 1 15 1 .233 .267 .326 .592
1998 中日 20 43 38 7 7 1 0 0 8 0 1 0 0 0 5 0 0 13 0 .184 .279 .211 .490
通算:9年 274 413 380 39 88 23 1 8 137 37 3 2 7 2 21 0 3 124 7 .232 .276 .361 .636

記録[編集]

背番号[編集]

  • 53 (1986年 - 1990年)
  • 45 (1991年 - 1994年)
  • 22 (1995年)
  • 33 (1996年 - 1997年)
  • 55 (1998年 - 2000年)
  • 117 (2001年 - 2002年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P128。
  2. ^ 桑田を打ち砕くことを期待された、享栄の「藤王二世」。『KK、戦慄の記憶。』より プロ野球コラム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]